ボールペン

ボールペンの仕組みについて徹底解説!!

ボールペンの仕組みについて徹底解説!!

メモや手帳、書類など現代でも多くの場面で使われるボールペン。

学生や仕事をしている人は特に書く機会も多いので、最適なものを使いたいところ。

しかし、ボールペンは膨大な種類があるため、用途や好みがしっかりとした判断基準がないと選ぶのも大変です。

とうことで、今回は自分にあった最適なボールペンを見つけるために、ボールペンの構造や仕組みを徹底解説していきます。

ボールペンの仕組み

一般的なボールペンの構造を大きく分けると下記の6つに分ける事が出来のでそれぞれ解説していきます。

  1. ペンを保護する「キャップ」
  2. ペン先で重要な「チップ」
  3. ボールペンの軸に「ボディー」
  4. 様々なバリエーションがある「グリップ」
  5. インクが入っている「リフィル」
  6. 様々な使い方が出来る「ペン尻」

①ペンを保護する「キャップ」

ボールペンの仕組み「キャップ」

「キャップ」は、ボールペン未使用時に誤って書いてしまうのを防ぐことや、ボールペンの重要な部分のペン先を保護してくれる役割です。

主なタイプは、

  • ベーシックな「キャップタイプ」
  • 最近はボールペンの上部を押す「ノック式」
  • 中間を回転させることでペン先が飛び出る「回転式」

の3種類で最近は「ノック式」や「回転式」が増えています。

実態としては、乾きやすい水性ボールペンや高価なボールペンは「キャップタイプ」、油性ボールペンなどは「ノック式」を採用することがケース多いです。

また、価格別にみると回転させるタイプは中間の価格帯、ノック式は格安ボールペンに採用される傾向が傾向にあります。

使い勝手の部分でみると個人的には回転させるタイプのボールペンがデザインと実用性のバランスが良く好みです。

②ペン先で重要な「チップ」

ボールペンの仕組み「チップ」

「チップ」はボールペンのペン先にある重要な部品で、

  • 「コーンチップ」
  • 「ニードルチップ」
  • 「シナジーチップ」

の3種類あり、100円程度のボールペンではほとんどが「コーンチップ」を採用しています。

チップの構造は金属製の台座に小さなボールが回転できるようにして固定され、チップの反対側にはインクが入っているリフィル[替芯]とつながっているため、ボールが回転することでインクが流れて文字が書ける仕組みです。

また、「チップ」の加工は、機械式腕時計の部品と同等の精密加工機によって、ミクロン単位での高度な加工技術と精度が求められるため、チップの加工によってボールペンの書き味が大きく変わってしまう超重要な部品となります。

高い加工技術で作られるチップ部分を落とした時に傷つけたりするとインクが出なくなるなど書き味が損なわれることがあるので注意しましょう!

チップ部分の詳細は[ボールペンのペン先の種類に徹底解説!!]を御覧くださいませ!

ボールペンのペン先の種類に徹底解説!!
ボールペンのペン先の種類に徹底解説!!書き心地に直結するボールペンのペン先のに焦点を当てて種類と素材による特性を徹底解説していきます!...

③ボールペンの軸になる「ボディー」

ボールペンの仕組み「ボディー」ボディーはボールペンの軸になる部分で、形状によってボールぺンの保持力や使用感が大きく変わってきます。

ペン先が一体化しているタイプや中央が括れているタイプなど、色々なタイプが出ているので、デザインにも大きく影響する部分といえるでしょう。

また、プラスチック製やアルミなどの金属製など採用される素材の種類も多く、高価なボールペン程質量の重い金属製が使われることが多いです。

重さに関しては、慣れや好みに大きく左右されるものの長時間の利用では軽いほうが疲れを感じにくく、重いボールペンでは安定して書きやすいので筆記する頻度が少ない場合は重いボールペンをおすすめします。

④様々なバリエーションがある「グリップ」

ボールペンの仕組み「グリップ」グリップは、ボールペンを持つ際、指の当たる部分です。

格安のボールペンはゴムやシリコンで出来ているグリップが大半でボディー自体がグリップになっていたり、装着できるタイプなど様々なバリエーションがあります。

グリップで有名なパイロットのドクターグリップは、太く柔らかい特徴があるのでペンだこなどはできにくいですね。

パイロット「ドクターグリップGスペック」レビュー!!疲れを軽減するでお馴染みの動かしやすいボールペン
パイロット「ドクターグリップGスペック」レビュー!!疲れを軽減するでお馴染みの動かしやすいボールペンパイロット「ドクターグリップGスペック」の使いやすさや書きやすさをがっつりレビューしていきます。...

⑤インクが入っている「リフィル[替芯]」

ボールペンの仕組み「リフィル[替芯]」リフィル[替芯]はインクが入っている、交換できる替え芯のことです。

基本的にはインクがなくなったボールペンはリフィルを交換することで再度使い続けることが可能になります。

しかし、ボディーと互換性のないリフィルは使えないので必ず確認してから購入しましょう。

また、サイズが合えば他のメーカーのリフィルも利用可能な場合もあるので好きなボディーやグリップと好きなリフィルといったオリジナルの組み合わせも可能です。

そのため、油性ボールペンで気になるリフィルがある場合は、[油性ボールペンの選び方とおすすめランキング7選!!]をインクの種類について知りたい場合は[ボールペンのインクの種類を徹底解説!!]をご覧くださいませ!

⑥様々な使い方が出来る「ペン尻」

ボールペンの仕組み「ペン尻」ペン尻はボールペンの後部にあるリフィル[替芯]を固定する為の蓋になっている部分になります。

ボールペンのタイプによってはボディーの後部を延長させる物やキャップをはめるなど様々な使い方が可能です。

また、ボールペンの「キャップ」が回転タイプの物は、中心部分が取り外されるのでペン尻がデザイン的に優れているケースが多いです。

その他、上記の画像でも確認できるように消せるボールペンで有名なフリクションボールは、インクを消す摩擦用のシリコンがくっついています。

ボールペンの仕組みまとめ

ボールペンってローテクではありますが、意外と奥が深く、インクやチップなどかなり精密です。

また、油性の低粘度タイプやゲルインク、エマルジョンインクなど新技術は全て日本の会社が開発してるというのも嬉しい部分です。

普段の使うボールペンは書きやすベースで選ぶのが良いですが、公文書なんかは油性インクのボールペンを指定される場合もあるので一本は持っていて損はないと思います!

油性ボールペンの選び方とおすすめランキング7選!!
油性ボールペンの選び方とおすすめランキング7選!!油性ボールペンの選び方と合わせて主流ボールペンを徹底比較してランキングをつけていきます。...
ボールペンのペン先の種類に徹底解説!!
ボールペンのペン先の種類に徹底解説!!書き心地に直結するボールペンのペン先のに焦点を当てて種類と素材による特性を徹底解説していきます!...
ボールペンのメーカーを一覧で徹底解説!!
ボールペンのメーカーを一覧で徹底解説!!日本企業のボールペンメーカーを一覧表を交えて徹底解説します!...
ボールペンのインクの種類を徹底解説!!
ボールペンのインクの種類を徹底解説!!ボールペンを選ぶ上で重要なインクの種類とその特徴を徹底解説していきます。...