ボールペン

ボールペンのインクが出ない時やかすれた時の原因と解決方法まとめ

ボールペンのインクが出ない時やかすれた時の原因と解決方法まとめ

ボールペンをグルグルと紙に書いちゃうことありますよね。

これって無意識にボールペンが掛けるか確認している気がします。(笑)

実際、公文書を書く時など途中で書けなくなると書き直しになってしまい憂鬱な気持ちを味わいますからね。

また、買ったばかりのボールペンでも急に書けなくなってしまったり、途中でかすれてしまったことあると思います。

そんなわけで、今回はボールペンのインクが出ない時やかすれた時の原因や改善方法などを紹介していきます。

ボールペンのインクが出ない時の4つの原因別解決方法

ボールペンのインクが出ない時の4つの原因別解決方法

ボールペンのインクが出ない原因は、主に下記の4つになります。

原因と併せて解決方法も記載するのでボールペンを使えるように蘇らせましょう!

①リフィル[替芯]のインクがなくなった場合

ボールペンのインクが出ない時の原因リフィル[替芯]のインクがなくなった場合ボールペンには、インクが入ったリフィル[替芯]が入っています。

リフィル[替芯]のインクが消耗してなくなっている場合は、当然ですが書けなくなってしまいます。

また、ペン先にあるチップにわずかに残っていてもリフィル[替芯]内にインクがなくなってしまった場合、すぐに書けなくなるなってしまうので交換しましょう!

チップなどボールペンの仕組みは[ボールペンの仕組みや種類についてざっくりと解説!!]をご覧頂けると幸いです。

②インクの使用期限が切れている

ボールペンのインクが出ない時の原因インクの使用期限が切れているインクは、有機物です。

そのため、使用期限があります。
残念ながら有機物に劣化は付きものなのです…。

当然、ボールペンのインクにも使用期限があり、長い間放置していると溶剤が蒸発してしまい書けなくなります。

使用期限は、インクの種類やメーカーにより異なりますが一般的には3年ほどが目安です。

3年を経過したボールペンは寿命ですので、書けなくなるまでにリフィル[替芯]の交換をおすすめします。

③リフィル[替芯]のインク内に空気が混入

ボールペンのインクが出ない時の原因リフィル[替芯]のインク内に空気が混入リフィル[替芯]の中に空気が入っている場合は、ペン先にインクが落ちないので使えなくなります。

基本的にボールペンは、下向きで使用することを前提として設計されているので、前提通り使っていればインクの重みによりリフィル[替芯]内のインクが逆流することはありません。

しかし、逆さの状態で保管したり、仰向けでメモを書いたり、壁に貼ったカレンダーに記入すると水平状態や下向きでボールペンを使うことになるので空気が混入しやすくなります。

このような状態では、リフィル[替芯]に空気が入ってしまいインクがペン先まで落ちていかず書けなくなってしまいます。

しかし!このように空気が混ざってしまってもすぐに解決可能です!

ボールペンの尻を持ってひたすら上下に振りましょう。

これだけです!

遠心力を利用して空気をリフィル[替芯]のインク内から空気を出しましょう!

④ボールペンのペン先のボールが動かない

ボールペンのインクが出ない時の原因ボールペンのペン先のボールが動かないボールペンが使えなくなる要因で最も多いのがペン先のボールの異常です。

ボールペンの構造的には、ペン先のチップで支えたボールが回転することでインクが流れます。

そのため、ゴミやホコリが原因でボールの回転に影響が出ると困ったことにインクがボールから流れず使えなくなってしまいます。

ボールが動かなくなる原因は、ゴミやホコリ以外のつまりや、高温や低温環境での長期間の放置が影響してインクがペンの先で固まってしまうことも考えられます。

このような時の解決方法は4つありますので、順に試してくださいませ!

ティッシュでボールの回転させる

ボールペンのインクが出ない時ティッシュでボールの回転させるそれでは、ゴミやホコリ、インクが原因で書けなくなってしまった時にまず試して欲しい方法を紹介します。

ティッシュでボールを回転させるとインクが流れ出し使えるようになります。

方法はめちゃくちゃ簡単で、敷いたティッシュの上をペン先で「かる~く」こすることでOKです!

摩擦抵抗の多いティッシュでボールに摩擦熱を起こすことが重要なので、スピード重視で試しましょう!

ティッシュは、破れやすいので3枚ぐらい重ねて試すと破けにくいのでおすすめです。

タバコのフィルターでボールのゴミを取り除く

ボールペンのインクが出ない時タバコのフィルターでボールのゴミを取り除くティッシュを使っても取り除けない場合、相当頑固な汚れになってしまっている可能性がありますね。

そんな時は、タバコのフィルターを利用してゴミやホコリ、インクの塊を取ることが可能です!

こちらもやり方は超簡単、タバコのフィルター部分にペン先をツッコミ「グリグリ」回しましょう!

ティッシュに比べるとタバコのフィルターは、繊維が非常に細かいためペン先のボールやチップの隙間に入り込みゴミを取ることが可能です!

ペン先を温め固まったインクを除去する

ボールペンのインクが出ない時ペン先を温め固まったインクを除去するタバコのフィルターを使えばゴミは、ほとんど取り除くことが可能です。
しかし、インクの塊が乾燥して固形化してしまうとへばりついて取れないことがあるんです。

その場合は、まずは手で握ったり、「はぁ~~~」っと息を吹きかけて温めましょう!

このあとティッシュやタバコのフィルターを使い固まってしまったインクを取り除けば使えるようになります!

これだけでは改善しない場合ドライヤーやライターの火などを使い温めることでよりインクは溶けますが、どちらも熱によってボールペン自体を傷つけてしまうリスクがあるため注意が必要です。

特にライターはリスクが高く火傷や、素材によっては溶けることもあるので何をやっても解決しない時の最終手段と考えておきましょう!

針などを使いペン先の異物を取り除く

ボールペンのインクが出ない時針などを使いペン先の異物を取り除くここまで試して、ペン先のゴミやホコリ、インクの塊が取れない場合、針やピンセットを使いゴミを取り除きましょう!

とはいえ、ボールペンのチップは非常に繊細にできているので慎重に試す必要があります。

この方法でも解決しない場合は非常に残念ですが、リフィル[替芯]の交換がおすすめですね。

ボールペンのインクが出ない事態を避ける方法

ボールペンのインクが出ない事態を避ける方法

ボールペンのインクが出なくなる要因の多くがボールペンを使っていない時の環境に問題があります。

インクが出なくて困ってしまわないように、普段から置き方や場所には気を付けないといけませんね…。

というわけで、インクが出ないという事態を避ける方法を3つほど紹介していきます!

①ボール部分を乾燥させないようにする

キャップが付いているボールペンは必ずキャップを付けて保存しましょう!

キャップが付いているボールペンは、乾燥を防ぐ設計で作られています。
そのため、忘れずキャップをしてから保管しましょう!

回転式やノック式の場合も、ペン先を出しっぱなしにするのではなく中にしまうことで幾分乾燥を防ぐことができます。

②極端に高温や低温の温度差が激しい場所に置かない

ボールペンのインクは、温度の影響を受けてしまいます。

高温や低温など極端に温度差がある状態に晒されるとインクの状態が変化し、劣化が進みインクが固まるなどして寿命を迎えてしまうことがあります。

特に車などの高温になりやすい場所や温度変化の激しい場所に置きっぱなしにすることは避けるようにしましょう!

劣悪な環境を避けることでインクの劣化を抑え不具合のリスクを軽減可能です。

③ペン先を傷つけない

ボールペンのチップは、ボールペンの中でも特に繊細です。

そのため、落としたりぶつけたり衝撃に繋がることはようなことは極力避けましょう!

ボールペンの説明書にも書かれている事なので、衝撃には気を付けて、持ち運ぶ時などはクッション性のある物で保護することが重要です。

ボールペンのインクが出ない事態を避ける為のツール

ボールペンが書けなくなる原因って突き詰めると使ってない時の置き方や環境の問題が多いんです。

環境を改善するためには、ペンケースやペン立てを利用するのが最適です!

そこで、宅内でも持ち運びでもどちらでも安全に使えるボールペンケースと宅内や職場で使える便利なペン立てを紹介します!

コクヨ 「ネオクリッツ」

コクヨ 「ネオクリッツ」はペンケースからペンスタンドに早変わりするのが機能的で使いやすいボールペンケースです。

柔らかい質感でしっかりボールペンを保護しつつ、安定して立てておくことも可能です。

大きく開けるので使いたいボールペンが一目で探し出すことができます。

コクヨ 「超スリム 立てて使えるペンケース ミニ」

コクヨ 「超スリム 立てて使えるペンケース ミニ」は、立てて使えるのはもちろん、スーツの内ポケットにも収まるのでカバンに入れる必要もありません。

かなり細身でスタイリッシュなデザインなので所有欲と利便性を満たすアイテムとなっています。

ボールペンを数本しか持ち歩かなかったり、ボールペンケースがカバンの邪魔になって嫌だという人におすすめです!

リヒトラブ「スタンドペンケース オーバルタイプ」

リヒトラブ「スタンドペンケース オーバルタイプ」は、ボールペン以外にもハサミやカッターなどの道具も収納可能です。

そのため、複数の文房具を持ち運ぶ人にはおすすめです。

また、シリコン素材で作られているので、撥水性も高く弾力もあるのでボールペンも水や衝撃から守ってくれます。

ファスナーを開いて下の部分を机などで押し込んでやれば簡単にペンケースになるので、ギミック的にもおもしろいボールペンケースとなっています。

ナカバヤシ「パンチングメタル ペンスタンド(ペン立て) 丸型 ブラック」

「パンチングメタル ペンスタンド(ペン立て) 丸型 ブラック」 は、超シンプルなペン立てです。

オーソドックスなデザインなので飽きが来ないのもプラスポイントですが、大きな特長は高いコスパで300円未満の販売価格になっています。

また、メタル素材なので底にペンが当たった時に傷などが気になりますが、底面にはクッションが入っているため心配いりません。

複数本のボールペンも楽々収納できるので、利便性も高くシンプルで飽きのこないデザインも相まって安定のペン立てとなること間違いなしです。

twoPa ペン立て アルミ合金製の超集中1本用

twoPa ペン立ては、名前の通り1本用のペン立て。

ペン先のみで支える特性上、ボールペンを頻繁に使う人や見た目に拘る人におすすめです。

特に、ブランドやデザイン性の高いもの、お気に入りの愛用ボールペンなどを使っている人はインテリア的にも使うことができるので観賞用としても価値があるでしょう!

万年筆にも使えるので特にハイクラスのボールペンや万年筆にバッチリです!

ボールペンのインクが出ない時の解決方法のまとめ

最近はスマホ普及しアプリでタスク管理をすることが多いのでメモを取る機会も減って来ています。

しかし、ボールペンを使う機会は亡くならないので、急に必要になった時に使えないと困りますよね。

そんな事態に陥らないためにも、しっかりとした収納方法を用意しておくことで、不意に訪れるボールペンの使用時にインクが出ない!かすれる!などのトラブルを避けることが可能です。

とはいえ、使えなくなる時は使えなくなるので予備も含め複数本ボールペンを持っておくことをおすすめします!