ボールペン

ボールペンのペン先の種類についてざっくり解説!!

ボールペンのペン先の種類についてざっくり解説!!

ボールペンって書きやすさで大分好みがわかれますよね。

以前に「ボールペンの仕組みや種類についてざっくりと解説!!」で種類と仕組みについて解説しましたが、ボールペンのインクの種類によって書き心地も変わるので油性が好きな人や、水性が好きな人など好みはわかれると思います。

そして書き心地の好みには、インクの種類の他にペン先の細さや太さも重要になってくるんです。

そんなわけで今回は、書き心地に直結するボールペンのペン先の種類についてざっくりと解説していきます!

ボールペンのペン先の構造

ボールペンのペン先の構造

まずはボールペンのペン先の種類のを知る前に、ボールペンのペン先の構造について軽く解説します。

ボールペンのインクが出る仕組みは、ペン先のチップと呼ばれる部分の先端にあるボールにリフィル[替え芯]内のインクがボールに補充され、ボールが回転することで紙にインクが流れるという仕組みになっています。

そのため、非常にデリケートでボールペンにとって大事な部分です。

そして、このボールペンのボール径の大きさによって書いた文字が太くなったり細くなったりするんです。

しかし、ボール経が同じでも油性インクと水性インクではインクの特性上流れる量が違うので文字の太さや細さは異なります。

というのも水性インクの方が粘度が低く流れやすいので、同じボール経の場合は水性インクの文字は太くなってしまうのです。

その他にも筆記角度、筆圧、そして使用する紙によって文字の細さや書き心地は変わってしまうので自分に合った好みのボールペンを見つけるには、ペン先やインクだけに囚われず総合的に判断する必要があります。

ボールペンの仕組みや種類についてざっくりと解説!!
ボールペンの仕組みや種類についてざっくりと解説!!ボールペンの仕組みやインクの種類など特性がわかればかなり絞り込んで自分に最適なボールペンを探し当てられます。そんなわけで、今回はボールペン仕組みや種類による用途が分かるようにざっくりと解説します!...

ボールペンのチップ部分のボール経の大きさ

ボールペンのチップ部分のボール経は主にJIS規格に基づいて作られているのが殆どです。

ボール経の種類を、下記の表にインクの種類別で簡単にまとめてみました。

ボール経の一覧表
文字の太さや細さ 記号 油性インク 水性インク ゲルインク
超極細時用 UF 0.40mm未満
極細文字用 EF 0.65mm未満 0.55mm未満 0.40~0.55mm未満
細字用 F 0.65~0.85mm未満 0.55~0.75mm未満 0.55~0.75mm未満
中字用 M 0.85~1.05mm未満 0.75~1.00mm未満 0.75~1.00mm未満
太字用 B 1.05mm以上 1.00mm以上 1.00mm以上

コンビニなどで売られているのは0.3mm、0.5mm、1.0mmの3種類をよく見かけますね!

実際試してみれば分かることですが、同じインクのボールペンであれば基本的にボール経が大きいほど滑らかな書き心地になることが多いです。

これはボール経が大きい分ノートや紙などとの摩擦部分が大きくボールが回転しやすいことから大きく影響しているためでしょう。

ボールペンのチップ部分のボールの素材の種類

ボールペンのチップ部分のボールの素材と特性

ボール経の大きさの違いのがわかったところで次はボールの素材に付いてです。

主にボールには、セラミック、タングステン、ステンレス鋼の3種類の素材が使われているのが殆どです。

それでは、3つの素材のそれぞれの特性をまとめていきます!

「セラミック」素材のボールの特性

セラミックとは、金属酸化物を光熱処理によって焼き固めた焼結体(しょうけつたい)です。

セラミック素材の特性としてプラスチックよりも固く、耐摩耗性やインクによっての化学反応を起こさないためボールペンのボールの素材として適しています。

そして、表面に微細なデコボコがあるのでインクのノリが良いのもセラミックボールの特性です。

「タングステン」素材のボールの特性

タングステンとは、自然界にある非常に固く重い金属です。

原子番号も元素記号にある素材で見たことのある人もいると思います。

タングステンに灰素を加えて熱するとタングステンカーバナイトと言う粉末になり、この粉末にコバルトを少し加えてボール用の金型に入れます。

次にボール用の金型を圧縮し、熱を加えて焼結して出来上がったのがタングステンボールなのです。

この方法で作られたタングステンは超硬合金と呼ばれ、耐摩耗性や非常に寿命が長く硬いのでボールペンの他にも様々な工業製品にも使われることが多い素材です。

一般の商品では、質量が重要視されるダーツのバレル部分にタングステンが使われていますね。

「ステンレス鋼」素材のボールの特性

ステンレス鋼とはクロムやニッケルを含ませた合金銅です。

ステン(stain)と言うのはサビと言う意味で、そのステンにレスを付けることでサビナシと言う意味になります。

結構ステンレスって耳にしたことがある人も多い思います。

また、主に材料の段階では丸い棒状で小さく切断した後にボールの金型に圧縮成形します。

100円前後のボールペンで良く使われている素材で、他の素材に比べると安価に製造できますが、若干耐摩耗性に劣ってしまいます。

ボールペンのペン先のチップの形状の種類

ボールの次はチップの形状や特性についてです!

チップの形状は大きく分けるとコーンチップ、ニードルチップ、シナジーチップの3種類に分けることができます。

あまり聞き慣れないシナジーチップは、比較的新しく出たチップなので知らない人もいるかもしれません…。

それでは、それぞれの違いについて解説してきます!

円錐形の「コーンチップ」

一般的に見かけるボールペンはコーンチップを採用していることが多く、見た目がコーンのようにペン先が太く円錐形の形状になっています。

円錐形なので強い筆圧でも安定感があり、ペン先が太くインク容量も大きいので書き出しが滑らかなのが特性を持ちます。

針のような「ニードルチップ」(パプチップ)

ニードルチップは、ペン先が細いタイプのボールペンに採用されることが多いチップです。

1999年に日本の筆記具メーカーのオートが開発したチップで、名前の通り針のように細いチップとなっており、細かい字を書くのに適して滑らかな書き味を出すのに適した特性を持っています。

パイロットが開発した「シナジーチップ」

シナジーチップはパイロットが開発したコーンチップとニードルチップのいいとこ取りのチップです。

書き出しも良く滑らかな書き味で、コーンチップとニードルチップの特性を持ちつつペン先が強いのが特性です。

それにしてもパイロットの開発力の高さには脱帽しますね。

ボールペンのペン先のチップの素材と種類

次はチップに使われている素材の種類についてです!

チップの素材は主にステンレス、白銅、切削黄銅の3種類が使われています。

それぞれの特性が異なるので解説していきます。

1番多く使われている「ステンレス鋼」

日本で作られているボールペンのチップの殆どがステンレス鋼素材です。(笑)

ボールペンのボールでも同じステンレス鋼が使われていましたが、やはりサビに強く寿命が長いといった特性に加えて、他の素材に比べると安価に製造出来るのでボールペンの作るのにステンレス鋼は最適の素材の一つでしょう。

切削しやすい「切削黄銅」

切削黄銅とは切削しやすい黄銅です。

黄銅と聞いて硬貨の10円玉がピンと来る人もいると思います。

その他にも精密機器、給水管、弾薬の薬莢など幅広く使用されています。

寿命が短いと言うデメリットもありますが、価格の安さやそこそこの硬度をもっていて切削がしやすいといった点からボールペンのチップにも採用されることが多いです。

切削黄銅よりも耐食性のある「白銅」

切削黄銅よりも耐食性があるのが白銅です。

銅を主体としてニッケルを10~30%含んだ合金で、こちらも硬貨の50円や100円に使われています。

腐食性が高く、船などの部品にも良く使用されていて価格も安いです。

切削黄銅よりもチップの耐食性を求める場合は、白銅が採用されることが多いです。

ボールペンのペン先の種類についてまとめ

ボールペンのペン先もボールの大きさやチップの形状そして素材と様々な種類がありますね。

ひとえに太さや細さと言っても、これらの種類を把握することで自分の使いやすいボールペンを選ぶ新たな基準になると思います。

ボールペンの仕組みや種類についてざっくりと解説!!
ボールペンの仕組みや種類についてざっくりと解説!!ボールペンの仕組みやインクの種類など特性がわかればかなり絞り込んで自分に最適なボールペンを探し当てられます。そんなわけで、今回はボールペン仕組みや種類による用途が分かるようにざっくりと解説します!...
ボールペンのインクが出ない時やかすれた時の原因と解決方法まとめ
ボールペンのインクが出ない時やかすれた時の原因と解決方法まとめ今回はボールペンのインクが出ない時やかすれた時の原因や改善方法などを紹介していきます。...