ボールペン

パイロット「アクロボール」レビュー!!従来の油性インクの約1/5の粘度のボールペン

パイロット「アクロボール」レビュー!!従来の油性インクの約1/5の粘度のボールペン

今回のボールペンのレビューはパイロットの「アクロボール」

元々、滑らかに書けると有名なボールペンなので私の中では結構ハードル上がってたにも関わらずめちゃくちゃ滑らかに書くことができました。

ただ、しばらく使っているともの凄いピーキーな性能なことが発覚。

この「アクロボール」というボールペン、良い部分と悪い部分がハッキリしすぎているのでこの辺りを詳しくレビューしていきます。

パイロット「アクロボール」概要と特長

パイロット「アクロボール」概要と特長
商品名 油性インクの
種類
ボール経 色の種類 方式 価格
アクロボール アクロインキ 0.5
0.7
1.0
黒/青/赤 ノック方式 150円
(税抜き)

パイロット「アクロボール」は、従来の油性インクの粘度を約1/5まで下げることで、滑らかな書き心地と途切れることなく流れるインクがかすれを防止してくれるボールペンです。

いわゆる、低粘度な物なので公文書にも使うことができます。

また、実際使ってみるとわかりますが、他のボールペンと比べてもかなり色がハッキリとでるので発色が良く視認性はかなり高い特長があります。

パイロット「アクロボール」のデザイン

パイロット「アクロボール」は100円前後のボールペンのなかでは最も力が入っていて「エメラルドグリーン」「ソフトブルー」「ピンク」などのデザインも選ぶことができます。

安くても少しでもマシなデザインを求めている人にはもっともおすすめです。

ってことでデザインからみていきましょう!

ほぼ中心の「重心」

パイロット「アクロボール」のデザインのほぼ中心の「重心」

重心は、ほぼ真ん中でペン先やペン尻のどちらかに集中させた重さは感じないです。

私の場合は、ボールペンを80°ぐらいの角度で持つことが多いのでペン先に重心がよっていた方がしっくり来るのでちょっと残念…。

逆に寝かせて書く場合は、ペン尻に重心をよせたほうが合うと思うのでどちらのニーズにもバランス取ったといった感じですね。

かなり小さめの「キャップ」

ノック式なのでキャップは当然ペン先が隠れるタイプでキャップは明らかに小さい。

「ジェットストリーム」のキャップが二周りぐらい大きいのでシルエットは「アクロボール」のが好きですね。

デザイン力の優れた「クリップ」

クリップ部分は圧倒的にデザイン良いですね!

特に「クリップ」と本体の結合部分が流線型の一体となったデザインのため他のボールペンとは見た目の印象が結構変わります。

やっぱり見た目は大事。

窪みがあって持つ位置がわかりやすい「グリップ」

真ん中が若干凹んでいるので持つ場所が非常に分かりやすいです。

フィット感という意味では、「ジェットストリーム」には劣るものの、「ジェットストリーム」ほどポジションが厳密に決められていないので自然と適切な持ち位置で持つことが可能です。

また、ややゴムよりの質感とギザギザの加工で滑りにくくなっているので合わないって人はすくないのではと思います。

意外と軽い「重量」

パイロット「アクロボール」のデザインの重量

「ジェットストリーム」と同じ9g。

良くも悪くも軽い!

グリップ部分には力を入れてい為、ゴムの重量分重くなっていると思いましたが、予想は外れました、むしろ予想よりも軽めの重量ですね。

たぶん100円前後の価格帯はほとんどこのぐらいでしょう。

パイロット「アクロボール」の持ちやすさ

パイロット「アクロボール」の持ちやすさ

総合的にはかなり持ちやすい。

グリップの窪みや滑らない質感、重心など非常にバランス良く作られています。

ゼブラ「スラリ」よりフィット感がよく感じるのはグリップの素材と形状によるところが大きいでしょう。

特に持つ場所を意識しなくても自然と持てるので「ジェットストリーム」のように決められた持ち場所があるタイプより私は好きですね。

パイロット「アクロボール」の書きやすさ

パイロット「アクロボール」の書きやすさ

それでは問題の書き心地についてレビューしていきます!

良い部分と悪い部分がめちゃくちゃハッキリとしたピーキーなボールペンなので自分の使い方と相性が良いか確認してみてくださいませ!

①インクの出やすい角度

パイロット「アクロボール」は、60°以上の角度とすこぶる相性が良いです。

めちゃくちゃインクが出るのでびっくりするぐらい滑らかにかけます。

逆に45°以下の角度だと殆どインクが出ずかすれるのが基本状態となります。

低粘度タイプは従来のものより寝かせた角度だとインクが出にくくかすれやすい傾向にあると言えますね。

②インクの出方(色の濃さ、かすれ、滑らかさ)

パイロット「アクロボール」の困ったポイントは筆圧により滑らかさやダマになりやすさがめちゃくちゃ変わります。

具体的には、弱めの筆圧で書いているときはどのボールペンより滑らか書けるし「ほぼ最高レベルのボールペン!」と思っていました。

しかし、書いているとめちゃくちゃダマが出来き始めるという…。

私の場合、筆圧がやや弱いためダマが結構できてしまいます。

得に、ゆっくり書いている時などダマだらけになるのでちょっと私には合いませんでした。

また、高筆圧の時は滑らかさは若干失われ、ダマも少なくなりますが他の低粘度ジャンルのボールペンに対しての優位性はありません。

③インクの色合い

パイロット「アクロボール」というボールペン、インクの発色は超優秀!
黒が黒としてしっかり出てきます。

従来のものや低粘度のもの、関係なくボールペンの黒ってよく見ると黒じゃないんですよね。

しかし!「アクロボール」は圧倒的に黒です。

たぶん同じぐらい綺麗に発色しているインクって「ビクーニャ」ぐらいでしょう。

④インクの乾きやすさ

文字を書いた直後や塗りつぶした直後に触った場合インクが伸びます。

一般的な使い方なら問題ないレベルではありますが、左利きの人はちょっと避けたほうが良いかもしれません。

⑤書いた直後のインクの裏ぬけ具合

書いた直後にインクが裏抜けすることはありませんが、発色のせいか結構裏から見ると透けてます。

ノートに塗りつぶしをすると、「スラリ」「ジェットストリーム」より明確に色が透けますね。

パイロット「アクロボール」がおすすめの人

パイロット「アクロボール」は、普通から弱めの筆圧で書くのが速い人におすすめです。

この条件に当てはまる人ならこれ以上はないんじゃなかと思えるぐらいの書き心地を得られると思います。

逆に、ゆっくり書く人や強めの筆圧の人はダマの多さにストレスをかかえることになるので避けましょう。

とはいえボールペンのインクの発色も、もの凄い綺麗なので上記の欠点部分に当てはまらなければおすすめです。

パイロット「アクロボール」のまとめ

いやー、パイロット「アクロボール」は本当にピーキー過ぎますね。

良いところと悪いところがはっきりしすぎて私の書き方にはちょうど合わない部分が合致してしまいましたね…。

色々な書き方で試しましたが、合う人には最高だと思うので気になる人は安いので一度試してみるのも有りでしょう。