スマホ

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCam(Googleカメラ)を使う方法を徹底解説!!

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCam(Googleカメラ)を利用する方法を徹底解説!!

Xiaomi「Redmi Note 9S」は、基本スペックも質感も高く、カメラ性能も同価格帯ではトップクラスとコスパNO1といって良いスマホです。

しかし、暗所の撮影では、適正露出で撮るのが難しくトップクラスのカメラには、劣っています。

そんな中、GCam(Googleカメラ)を搭載する「Google Pixel 4a」を購入。
ミドルレンジクラスにも関わらず暗所の撮影に異常に強く、単眼にも関わらず、スペック面で勝るXiaomi「Redmi Note 9S」を凌駕していたので、改めてGCam(Googleカメラ)の凄さを実感!

ということで、今回は暗所の撮影を強化する目的で、Xiaomi「Redmi Note 9S」をインストールし、使う方法を徹底解説していきます。

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCamをインストールする方法

GCam(Googleカメラ)は、「Google Pixelシリーズ」にプリインストールされているアプリのため、通常他のスマホでは使うことができません。

しかし、有志の方がXiaomi「Redmi Note 9S」に、最適化して移植したapkファイルを公開しているので、公式ではないものの使うことができます。

もちろん、Play ストアからはインストールできないので、自己責任にはなってしまいますが、GCamの夜景撮影を楽しみたい方はお試しくださいませ!

それでは、インストールするまでの手順を解説していきます。

Chromeで不明なアプリのインストール許可

Chromeで不明なアプリのインストール許可

GCamは、Play ストアから落とすことは出来ないためapkファイルからインストールする必要があります。

apkファイルは、アプリデータの入ったファイルなので、開くには[不明なアプリをインストール]を許可しなくてはなりません。

そのため、まずは多くの人が利用している「Chrome」で、許可する手順を試しましょう!手順は以下の通りです。

  1. [設定]を開く
  2. [パスワードとセキュリティー]を選択
  3. [プライバシー]を選択
  4. [特別なアプリアクセス]を選択
  5. [不明なアプリのインストール]を選択
  6. [Chrome]を選択
  7. [この提供元のアプリを許可]にチェック

また、ファイラーなどのアプリからapkファイルを開きたい場合、利用するファイラーを選択し[この提供元のアプリを許可]にすればインストール可能です。

GCamのapkからインストール

GCamをインストール

[不明なアプリをインストール]を許可出来たら、「CYANOGENMODS」にアクセスしapkファイルをダウンロードしましょう!

ダウンロードファイルは、現在[GCam7.2/7.3/7.4]の3種類出ていますが、7.3のv1.6が比較的安定しているのでおすすめです。

インストールまでの手順は以下になりますので、お試しくださいませ!

  1. CYANOGENMODS」にアクセス
  2. GCam7.3のダウンロードをタップ
  3. ダウンロード完了後通知を開く
  4. ダウンロード完了通知をタップ
  5. インストールをタップ

これでインストールは完了するので、あとは使うだけ。
Play ストアから落としているわけではないので、自動更新はされません。

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCamを使う方法

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCamを使う方法

GCamの使い方はとても簡単。

スライドで目当ての撮影モードを選択したら[◯]を押すだけで選択できます。
UI上の撮影モードは

  • カメラ
  • 夜景モード
  • ポートレート
  • 動画
  • その他[パノラマ/360°写真/スロモ録画/タイムラプス]

になります。

とはいえ、全てが使えるわけではなく、クラッシュすることも多いので動画やポートレートは使わず、カメラや夜景モードをメインに利用しましょう。

快適に利用するための「初期設定」

 

Xiaomi「Redmi Note 9S」のGCamの設定画面

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCamを利用するには初期設定が欠かせません。

というのも、デフォルトのまま利用すると発色が非常に薄く、悪い意味で実際とかけ離れた写真しか撮れないためです。

そのため、以下の手順で設定をしておきましょう。

  1. GCamを起動
  2. [▽]から設定をタップ
  3. [詳細設定]を選択
  4. [HDR+拡張でのPixel AWD]を選択
  5. [IMX586]を選択

この設定をしておくと極端に色が薄いなどの写真にならないので、この設定は必須です。

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCamのカメラ性能チェック

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCamのカメラ性能チェック

実際にGCamを使って元々入っているStockカメラと比較してしてみました。

結論からいうと、暗所での撮影ははっきりと違いが分かるレベルで差が出ます。
日中の光量が十分ある環境下では、色づくりに違いがあり、自然なGCamと派手なStockカメラといった印象。

個人的にはGCamの画作りのほうが好みなものの、パットみの印象ではStockカメラの方が上回りますね。

また、「Google Pixel 4a」と比べてしまうと、同じGCamとはいえ、チューニングの差があるためか、階調表現などで結構差があるし、バグも多いので結構残念です。

  • GCamの暗所撮影はハイレベル
  • 色付けはナチュラル
  • 「Google Pixelシリーズ」には劣る
  • バグが多い

それでは、実際の写真を比較していきましょう!

GCam VS Stock「標準カメラ」

どちらも綺麗に撮れていますが、画作りに大きな差がありますね。

実際の見た目では、GCamが近く、Stockカメラでは葉っぱの色合いに塗り絵感で出てしまってます。
派手なのでInstagramに向いてそうな作りです。

続いてコントラストが高めの影があるシーン。

こちらは、Stockカメラも自然な発色で階調表現もしっかり出来ています。
GCamは先ほどと大きな差はなく、どんなシーンでも安定して自然な写真を撮影可能!

GCam VS Stock「夜景モード」

GCamもStockのどちらも夜景モードで撮影。

明らかに大きな差がありますね。
Stockカメラが露出不足で、黒く潰れてしまっているところもGCamではしっかり表現できています。

同じハードウェアにも関わらず、撮影するアプリを変えるだけでここまで差が出るとはGCam(Googleカメラ)恐るべし…。

Xiaomi「Redmi Note 9S」でGCamを使う方法まとめ

カメラの性能競争が過熱していますが、暗所での撮影は完全にGCamが頭1つ抜けています。

移植されたアプリのGCamが、最適化のチューニングがされているStockカメラを大きく上回るという…

「Google Pixelシリーズ」がハードウェア的には劣りながらも、キレイな写真が撮れるのも頷ける結果でした。

とはいえ、Xiaomi「Redmi Note 9S」に限らず、Google製以外のスマホではバグが合ったりするケースも多いので自己責任でご利用くださいませ!

Xiaomi「Redmi Note 9S」レビュー!!待ち望んだ圧倒的コスパのスマホ
Xiaomi「Redmi Note 9S」レビュー!!待ち望んだ圧倒的コスパのスマホコスパが高いと言われるXiaomi「Redmi Note 9S」の安いだけでは終わらない、質と性能の高さをしっかりレビューしていきます。...
「Google Pixel 4a」レビュー!!カメラ性能に優れる欠点なしのバランススマホ
「Google Pixel 4a」レビュー!!カメラ性能に優れる欠点なしのバランススマホ[サイズ、価格、性能]の三拍子が揃ったGoogle製ミドルレンジモデル「Google Pixel 4a」を徹底的にレビューしていきます!...