キーボード

キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!

キーボードの外し方と分解方法を解説!!

先日、うっかりキーボードの隙間にシャーペンの芯を落としてしまいました…。

芯がキーボード中で折れてバラバラになってしまうのも嫌なので、取り除くことを決意!

今回はキーボードの分解に必要なアイテム、そして分解から組み立てまでの一連の流れをまとめていきます。

また、種類別の分解方法やキーボードの分解時に注意すべこともあったので、一緒に紹介していきます。

キーボードを分解する前にすること

キーボードを分解する前にすることは以下の2つです。

キーボードの電源を切る

キーボードを分解する前にすること キーボードの電源を切る

ワイヤレスキーボードのキートップを外すときは、キーボードの電源を切り電池などを抜いておきましょう!

キートップを外す作業中に電源を切っておくことで、キーボードが反応してしまうのを防げますし、何より電源を入れたまま取り外し作業をすると故障する原因になるので注意が必要です。

キーボードの写真を撮っておく

キーボードを分解する前にすること キーボードの写真を撮っておく

取り外しの作業前に、キーボードの写真を撮っておきましょう!

キーボードの写真を残しておくことで、キートップを全て取り外しても付け直し作業時に、キートップの配置で迷うことがないので確認が楽になります。

キーボードの分解に必要なアイテム

取り外し作業の解説の前に、キーボードの分解に必要なアイテムを紹介していきます。

キープラー

キープラー「キープラー」は、キーボードのキートップを引き抜く為の専用の道具です。

アマゾンなどでも比較的安めに購入できるので持っていて損はないと思います。

外す際もキートップを掴んで垂直に引き抜く事が楽に出来るのでおすすめです!

ピンセット

ピンセット「ピンセット」は、主に薄型キーボードのキートップを外す時や組み立てる時に大活躍します。

パンタグラフ方式の場合は、キートップが非常に薄く特殊な構造でキーがついているので指で無理に引っ張ると、キートップの裏面やスイッチ側が割れてしまうことがあります。

そのため、「ピンセット」を使うと細かな作業でも力加減を調節しやすくなるので、こちらもあると便利です。

マイナスドライバー

マイナスドライバー

「キープラー」がない場合は、「マイナスドライバー」でも代替可能です。
キーの間に差し込んでテコの原理で外すことが可能です。

形状やキートップの構造によっては、「マイナスドライバー」の方が素早く簡単に取り外しできることもあります。

また、薄型のキーボードの時も「マイナスドライバー」「ピンセット」と組み合わせはかなり相性が良いので細かな作業もしやすくなります。

ただし、「マイナスドライバー」の先端部分が硬いためキートップを傷つけてしまう可能性があるので力加減には注意がしましょう!

プラスドライバー

プラスドライバー

「プラスドライバー」の使用方法は「マイナスドライバー」と同じです。

しかし、「マイナスドライバー」より先端が平らではないのでキーの間に無理やり入れてしまうと本体やキートップを傷つけてしまう可能性があるのでこちらも利用には注意が必要です。

「マイナスドライバー」を持っていいない時や新たに購入がめんどうな時は一度プラスドライバーで試してから判断するのも有りでしょう!

素手

最終兵器素手です!

お金もかからず、力加減においても直接感覚が伝わってきます。

力加減を間違ったり、爪を痛めてしまう可能性があるので複数個のキートップを外す場合はおすすめできません。

キーボードのキートップの外し方と分解

準備出来たら次は実際に取り外していきます!

今回はキーボードを種類別に分けて、「キープラー」マイナスライバー」「素手」を使ってキーボードのキートップの取り外しと分解をしてみました。

「静電容量無接点方式」のキーボードは持っていないので試せませんでしたが、「メンブレン」「パンタグラフ」「メカニカル」のキーボードで試した結果を解説するので参考になれば幸いです。

※ノートパソコンのアイソレーションタイプは、キートップの分解が困難な場合があるので、専門店などで依頼するのことをおすすめします。

メンブレン:静電容量無接点方式

それでは、メンブレンや静電容量無接点方式のキートップの取り外し方をアイテム毎に実践していきます。

キープラー

キーボードの外し方と分解 メンブレン:静電容量無接点方式 キープラー

「キープラー」を使うと安心して取り外せました。
ちなみに今回取り外しをしたキーボードは、エレコムの「tk-fdm088tbk」です。

エレコム「tk-fdm088tbk」レビュー!!打ちごたえバッチリなキーボード
エレコム「tk-fdm088tbk」レビュー!!打ちごたえバッチリなキーボードクリック感が有りつつ格安のキーボードという条件で調べると、ピッタリだったのが安くて打ちごたえのあるエレコム 2.4GHzワイヤレスプレミアムメンブレンキーボード「tk-fdm088tbk」でした。 そんなわけで、新たにキーボードを購入したのでレビューしていきます!...

キートップの間に「キープラー」を潜り込ませます。
次に「キープラー」を少し回して、キートップの両方の角をしっかりと掴んだら垂直に上に引っ張ると綺麗に外す事が出来ます。

キーボード本体の中心を掴むことで、引っ張り上げる時に安定しやすくなります。

マイナスドライバー

キーボードの外し方と分解 メンブレン:静電容量無接点方式 マイナスドライバー「マイナスドライバー」が一番驚きました…。
キーボードの作りにもよると思いますが、最も簡単に取り外す事が出来ました。

キートップの間に「マイナスドライバー」を差し込んで少し「マイナスドライバー」を傾けると「ポンっ」と取り外せます。

ただし、力の入れ加減を間違えるとキートップの軸の部分を壊してしまう可能性があります。

また、キートップの間に「マイナスドライバー」を無理に差し込んでしまうと本体とキートップを傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。

素手

キーボードの外し方と分解 メンブレン:静電容量無接点方式 素手素手が一番取り外しにくかったです。

というかほぼ無理やりじゃないと外れません。

勿論キーボードの作りによりますが、一般的なメンブレンの場合溝が深い構造になっているのは殆どの場合素手では困難と考えておいた方が良いでしょう!

パンタグラフ方式

次にパンタグラフ方式のキートップの取り外しを実践していきます。

キープラー

キーボードの外し方と分解 パンタグラフ キープラーつけられているパンタグラフの構造にもよりますが、外し方にコツが必要です。
また、パンタグラフの場合は、メーカーなどにより外す方法や方向が大幅に異なるので気をつけましょう。
無理に外すと壊れます。

ちなみに上記画像のパンタグラフは、「キープラー」を潜り込ませてキートップ両方の角をつかみ、少し上に持ち上げた後に、左右のどちらかに斜め45度にゆっくりと引っ張り上げると「パチッ」と取り外せました。

上方向に力任せに引っ張ろうとすると構造上がパンタグラフ部分が壊れますので最も注意が必要です。

 

マイナスドライバー

キーボードの外し方と分解 パンタグラフ マイナスドライバー今回、取り外しに使用したキーボードでは、「マイナスドライバー」が最も簡単に取り外せました。

キートップの間に潜り込ませたのちに「マイナスドライバー」を回すことでキートップが浮き上がり簡単に取り外す事が出来ました。

ただし、パンタグラフの場合、つけられている方向で取り外しやすさが変わります。
そのため、無理に取り外そうとすると壊れてしまう可能性があるので絶対にやめましょう!

素手

キーボードの外し方と分解 パンタグラフ 素手感覚が直に伝わるので慎重に取り外し作業ができますが、こちらも無理に取り外ししない方が良いです。

「キープラー」同様にキートップの間に爪を引っ掛けて斜めに45度に引っ張り上げることで取り外すことができます。

パンタグラフの場合、壊れるリスクがあるため力加減が非常に難しかく、手持ちのアイソレーションタイプのキーボード「ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」では硬すぎて素手で外すことは出来ませんでした。

Anker「ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」レビュー!!マルチデバイス対応で抜群の応用性!
Anker「ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」レビュー!!マルチデバイス対応で抜群の応用性!それでは、マルチデバイスに対応したanker ウルトラスリム bluetooth ワイヤレスキーボードを2周間ほど使ったのでレビューしていきます!...

メカニカル方式

最後に、メカニカル方式のキートップを外していきます。

キープラー

キーボードの外し方と分解 メカニカル キープラーメンブレンや静電容量無接点方式と同様で「キープラー」は安心して取り外せました。

今回、私の使用したメカニカルは薄型青軸の「HV KB395L JP」というキーボードで、キートップを2つの爪で固定している特殊なメカニカルですが問題なく取り外す事ができました。

Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!メカニカルキーボードの中でも特徴の強い青軸ってことで不安もありましたが、私に見事にハマり超絶使いやすかったです。...

薄型のタイプでも問題なく取り外せたのでおすすめです。

マイナスドライバー

キーボードの外し方と分解 メカニカル マイナスドライバー

今回使用した薄型青軸のキーボードは、「マイナスドライバー」で一番簡単に取り外せました。

薄型なのでパンタグラフ同様にキートップの間に潜り込ませたのちに、「マイナスドライバー」を回すことで飛ぶように外れます。

相性のも問題もありますが、キートップに長さがある程度あるものでは、「マイナスドライバー」を使うのが最も簡単で早く外すことが出来ました。

勿論、全てのケースで当てはまるわけではないのでご了承くださいませ。

素手

キーボードの外し方と分解 メカニカル 素手

薄型青軸の「HV KB395L JP」では、ロープロファイル構造なのでキートップが短く下に爪を潜り込ませるのが容易だったので素手でも比較的簡単に取り外すことが可能です。

逆に一般的なキーストロークのメカニカルの場合はメンブレンの「tk-fdm088tbk」と同様指や爪が入りにくいので無理せず工具に頼った方が良いでしょう!

キーボードの組み立て

キーボードの取り外と分解ができたので、次は組み立てです!

こちらもキーボードの種類別に組み立てていきます、事前に撮った写真でキートップの位置や配置を確認しながら組み立ててましょう。

メンブレン:静電容量無接点方式

キーボードの組み立て メンブレン:静電容量無接点方式予め撮った写真のとおりに本体にキートップを差し込めば問題なくはめ込めます。

[Enter]キーなど大きめのキートップを最初のうちにはめ込んでしまうのをおすすめします。

なぜなら、大きめのキートップは金具がついているので、間違ってはめ込んでもスペースが広がっている最初にはめ込んでしまう楽に外すことができるためです。

パンタグラフ

キーボードの組み立て パンタグラフ予め撮った写真のとおりに本体にキートップを押し込めば問題なくはめ込めます。

キートップが薄いので素手での作業が難し場合は「ピンセット」などで位置を調整してから押し込むと「パチッパチッ」とはまってくれます。

メンブレン同様[Enter]キーなどの大きめのキートップには、金具がついているので先に金具の位置を注意しながらはめ込みましょう。

メカニカル

キーボードの組み立て メカニカル予め撮った写真のとおりに本体にキートップを差し込めば問題なくはめ込めます。

メカニカルも他の構造同様に、[Enter]キーに金具が2個ついている場合もあるので金具の組み合わせや位置を確認してからはめ込みましょう。

金具が付いているキーは若干面倒ですが、あとは押し込むだけなので位置さえ把握すれば簡単に終わります。

キーボードの外し方と分解方法のまとめ

キーボードにシャーペンの芯を落としてしまい、取り外しと分解をする羽目になってしまいましたが、簡単にキートップは外すことが可能ですね!
(※パンタグラフを除く)

実際にやってみるとキーボードの種類によって取り外し方の方法やコツがありました。

また、パンタグラフは取り外しの方向が異なることが多いので比較的難易度が高く、無理に取り外しをするとキートップやパンタグラフが割れてしまうので、少し触って取り外し方向がわからない場合はメーカーに依頼するほうが無難ですね。

ちなみに最も活躍したのが「マイナスドライバー」で、使い方や力加減のコントロールが上手く出来れば最高のアイテムに化けますね(笑)。

というか、次からはマイナスドライバーだけでも良いかと思うレベルです。

また、今回キーボードを取り外してゴミが気になってしまったので、次は掃除を試して見ようと思います。

キーボードの外し方と分解方法を解説!!
キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!今回は、キーボードの分解に必要なアイテム、そして分解から組み立てまでの一連の流れをまとめていきます。...
キーボードの自分に合った選び方と用途別おすすめランキング6選!!
キーボードの自分に合った選び方と用途別おすすめランキング6選!!キーボードは用途に合わせて様々な種類の製品があるので、自分にあった製品を選ぶのが難しい側面も… ということで、今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...