スマートウォッチ

スマートウォッチのOSの種類と特長についてざっくり解説!!

スマートウォッチのOSの種類と特長についてざっくり解説!!

スマートウォッチの選択肢の広さはスマホ以上に幅が広いです。

なぜなら、スマホのように成熟期にはなっていないので、OSの種類も多くアナログ時計と組み合わせハイブリッドタイプなどハード的にもバリエーションが多いためです。

しかし、OSの種類やそれぞれの特長、出来ることなどが出来ると格段に選びやすくなります。

ということで今回は、スマートウォッチのOSの種類についてざっくり解説していきます。

スマートウォッチのOSの問題点とは?

スマートウォッチのOSの問題点とは?

スマートウォッチもスマホと同じ様に、OS(オペレーティングシステム)がないと利用することができません。

そのため、「Wear OS by Google」というGoogleが提供するAndroidのような汎用OSも提供はされていますが、Androidほどメーカーに採用されていないといった状況になっています。

また、スマホだとAndroidやiOSのほぼ二択の状況ですが、スマートウォッチでは、ガラケー時代に近い状況で独自のOSを搭載しているスマートウォッチが多いです。

それ自体は選択肢が多く面白い部分ではあるのですが、UI/UXも勿論、出来ることや機能がOSの違いによりメーカー毎に大幅に異なってしまっています。

そうなると詳しい人はともかく、これからスマートウォッチを購入しようと思っている人やガジェット全般に詳しくない人だと選ぶのが難しいですよね。

ではなぜ、採用されないかというと1番は待ち受け時間の短さがあげられます。

「Wear OS by Google」やApple Watchに採用される「watch OS」は、スマホとの連携やアプリの利用など非常に機能が高い分バッテリーも持ちが悪く、機能性を抑えた独自のOSの方が現状圧倒的に待ち受け時間が長いため採用しにくい状況といえます。

また、ユーザー側としてもどこまで性能や機能性を求めるかで選択肢が変わるのでスマートウォッチのOSによる違いをざっくり理解しましょう!

スマートウォッチのOS「watch OS」

スマートウォッチのOS「watch OS」

「watch OS」はAppleが提供するApple Watchに搭載されるOSです。

簡単にいってしまえばiPhoneとiOSの関係と同じですね。

そのため、「watch OS」がApple以外のメーカーで採用されることはなくApple Watchでのみ採用されるOSとなっています。

こういった事情から「watch OS」のMacやiPhoneとの連携は、圧倒的でMacの解除やiPhoneで写真を撮る時などのシャッターとしても活用可能です。

また、「watch OS」専用のApp Storeからアプリをインストールして利用できたり音声アシスタントのSiriも利用可能です。

その他にも活動量計や電話の受発信、マップ、LINEの確認や返信など非常に多機能なスマートウォッチとなっています。

更に特筆すべきポイントは、非接触ICを使った「Apple Pay」でSuicaが利用可能です。

スマートウォッチで、Suica使えるデバイスは他にはないのでそれだけでも非常に価値が高いスマートウォッチとなっています。

価格的にはかなり高価な部類でしたが、旧シリーズのseries3が大幅に値下げし20,000円を切る価格になっているので更にシェアを伸ばすでしょう!

スマートウォッチのOS「Wear OS by Google」

スマートウォッチのOS「Wear OS by Google」

「Wear OS by Google」は、名前の通りGoogleが提供するスマートウォッチ用のOSです。

元々はAndroid Wearという名称で提供されていましたが2018年3月から「Wear OS by Google」に変更されました。

また、Androidと同様、メーカーに無償で提供されます。

機能面も「watch OS」同様に充実していて、Play Storeからのアプリのインストールは勿論、音声アシスタント機能のGoogleアシスタントやマップ、各種SNSの確認や返信や活動量計を利用したアプリなど連携も含めて高い機能性を誇ります。

しかし、Apple Watchと比べて現時点で劣ってしまう部分は、非接触ICによる決済部分で「Google Pay」が使えない点でしょう。

海外では「Google Pay」は使えるようになっていますが、日本ではAndroidの時と同様、おサイフケータイに相乗りする形でFeliCa仕様にしないと対応できない可能性が有り現時点ではまだ利用できません。

逆に、「Google Pay」が使えるようになると「Wear OS by Google」の価値も飛躍的に向上するでしょう。

スマートウォッチのOS「Tizen Based Wearable OS」

スマートウォッチのOS「Tizen Based Wearable OS」

「Tizen Based Wearable OS」は、Samsungが開発するOSで主に自社製のスマートウォッチに採用するOSです。

「Tizen Based Wearable OS」は、モトローラやドコモが主導するLiMo FoundationやIntelやノキア主導するモバイルOS、MeeGo、SamsungのBadaなどが市場環境などの要因から統合された経緯のあるOSとなります。

元々はスマホ用のOSとして開発されていましたが、FireFox OSなどと同様AndroidやiOSには勝てず、現在はスマートウォッチ用にSamsungが「Tizen Based Wearable OS」として開発しています。

「Tizen Based Wearable OS」の基本的な機能面は、前述した「Wear OS by Google」や「watch OS」と差はありませんが、問題はアプリです。

Galaxy StoreというApp StoreやPlay Storeに相当するマーケットはあるのですが、質や数が微妙だったり有料アプリが多かったり正直微妙なレベルとなっています。

また、音声アシスタントやマップも使い勝手が悪いのでこの辺りを重要視する場合避けたほうが良いでしょう。

その他には非接触ICによる決済についても国内では対応していません。

スマートウォッチのOS「独自OS」

現在スマートウォッチ市場でメーカーが最も採用されているのが「独自OS」です。

「独自OS」なのでメーカーにより機能や性能が異なり価格差が最も大きく出来ることの幅も異なります。

共通しているのは、殆どのメーカーのOSで通知や活動量計を使ったライフログは取れるのですが使用感にも差が大きい状態です。

また、Amazon Alexaを搭載する「Fitbit」を除き音声アシスタントなどは殆ど利用することができずアプリケーションのインストールもできません。

その分電池の持ちは非常によく、中には一ヶ月以上の待ち受け時間を確保しているスマートウォッチもあります。

感覚的にも実態的にもガラケーと同じような感じですね。

また、当然ではありますが、「GARMIN」のGarmin Payを除き非接触ICによる決済は利用できません。

とはいえ、音声アシスタントやアプリのインストール、マップなどを使わない場合、待受時間も長く低価格なメーカーも多いため活動量計の利用や通知のみの利用、または初めてスマートウォッチを購入する場合はおすすめです。

スマートウォッチ人気メーカーの一覧と特徴!!
スマートウォッチ人気メーカーの一覧と特徴!!今回はスマートウォッチを発売しているメーカーの一覧と特徴を解説していきます。...

スマートウォッチのOSまとめ

「watch OS」や「Wear OS by Google」の機能性、汎用性の高さに対して「独自OS」の待受時間や価格面での優位性など選択肢が多いと楽しい部分もありますよね。

スマホがAndroidとiOSに収束していったように、いずれ「独自のOS」は少なくなって行くと思いますが、現状待ち受け時間などに課題も多いのでそのような状況になるにはスマホ以上に時間がかかると思われます。

それまでは、自分の使い方や用途を把握し最適なスマートウォッチを選びましょう!

スマートウォッチの選び方とおすすめランキング10選【2019年最新】
スマートウォッチの選び方とおすすめランキング10選【2019年最新】今回は、スマートウォッチの選び方と用途別におすすめのスマートウォッチを紹介していきます。...