スマホ

「Google Nest mini」 レビュー!!BGM利用に便利なスマートスピーカー

「Google Nest mini」 レビュー!!BGM利用に便利なスマートスピーカー

Googleからクリスマスプレゼント的に、「Google Nest mini」が届きました。

というのも、YouTube Premiumに登録していたら、無料で「Google Nest mini」が購入できるクーポンコードの通知がYouTubeから来たので早速無料でゲット。

月額1180円のYouTube Premiumの登録で6,050円の「Google Nest mini」をプレゼントしてくれるとは、「Google様本当にありがとう!」

ということで、まだまだ日数的に使い倒すまでは利用していませんが「Google Nest mini」をレビューしていきます。

「Google Nest mini」とは?

「Google Nest mini」とは?

そもそも「Google Nest mini」は、音声コマンドによる操作ができるスマートスピーカーです。

Bluetoothのスピーカーと異なり、スタンドアローンで音楽の再生や情報を聞き出せるスピーカーなので機能性は段違い。

簡単に言ってしまえば、スマホのGoogleアシスタントやSiriが単独で使えるスピーカーと言えるでしょう。

「Google Nest mini」の概要と特徴

「Google Nest mini」の概要と特徴

「Google Nest mini」は、「Google Home」の小型モデルのスマートスピーカー。

小型モデルと言っても機能性に違いはありません。

そのため、「Google Home」と同じ機能を使うことが可能です。

唯一の大きな違いは、ドライバーのサイズで音量や音質面で劣ってしまいます。

しかし、小型のため置き場所も比較的自由で壁にかけて利用することもできるフレキシブルな使い方が魅力といえるでしょう。

「Google Nest mini」ができること

「Google Nest mini」ができること

「Google Nest mini」ができることは、Googleアシスタントと非常に近く、スマホで利用している人はすぐ使いこなすことができるでしょう!

具体的には、YouTube MusicやPlay Musicなどから音声コマンドで再生が可能です。

音楽再生に関しては、auのうたパスやAWAなどの音楽系アプリとも連携できるのでGoogle系サービスを使っていなくても利用できます。

また、天気予報を聞いたり、ニュース情報を聞くこともできるので朝の忙しい時間などの「ながら」用のハードとしては有用でしょう。

その他にも、アラームやタイマー、メモ機能(3件まで)に加え、IoT家電を用意し連携することで家電製品も音声コマンドで動かすことができます。

「Google Nest mini」でできること

①音声コマンド

②音楽の再生

③天気予報やニュース情報

④Google Duoを用いた通話

⑤アラーム

⑥メモ機能(3件)

⑦IoT家電との連携

⑧Actions on Googleアプリによるサードパーティー製アプリの活用

「Google Nest mini」と「Google Home mini」の違い

今回、プレゼントされた「Google Nest mini」は、名前は違うものの「Google Home mini」の2代目のスマートスピーカーです。

デザインや基本性能はほぼ変わらないものの、一部ブラッシュアップされているので異なるポイントをまとめておきます。

1つ目は、音声を聞き取るためのマイクで、従来は好感度マイクが2個搭載されていたのに対して3つに進化しています。
これにより、より正確に音声コマンドの入力が可能になっているようです。

2つ目は、スピーカー性能で低音域の性能が大幅にアップしているとのこと、初代「Google Home mini」を持っていないので直接比較は出来ませんが、「Google Nest mini」で音楽を聞く限り特別低音が弱いと感じることはないので進化しているといえるでしょう。

3つ目は電源のコネクタ、「Google Home mini」がMicroUSBで電源を確保していたのに対して、「Google Nest mini」はDC電源コネクタを採用しています。
どーせならUSB/typeCを採用してくれると汎用性が高く使い勝手が良かったのですが、調べてみたらスマートスピーカーの多くはDC電源コネクタを採用していました。

なぜ、DC電源を使うのか私にはわかないので知っている人がいたら教えてください。。。

「Google Home mini」からの変更点

①高感度マイクが2から3つへ

②スピーカーの低音性能が大幅にアップ

③電源コネクタがMicroUSBからDC電源コネクタへ

「Google Nest mini」のデザインチェック

「Google Nest mini」がどんなものなのか概要的な話が終わったところで、デザインを開封しながらチェックしていきましょう

フラットデザインな「外箱」

「Google Nest mini」 フラットデザインな「外箱」

「Chromecast」でも同じですが、Googleの外箱は白を基調としたフラットでシンプルなデザインが良いですね。

フォントの色やイラストの色のバランスも良くて綺麗に見えます。

梱包の関係で上の部分の角が少し凹んでいるのがちょっと残念。

簡素を極めた「同梱物」

「Google Nest mini」 簡素を極めた「同梱物」

同梱物は、簡単な説明書に本体、DC電源と一体になったケーブル。

箱のデザインと相まってゴチャゴチャしてなくてかなり気分が良いです。

質感の高いファブリックカバーの「本体」

「Google Nest mini」 質感の高いファブリックカバーの「本体」

本体は、Pixel3などの純正ケースなどでもお馴染みファブリック張り。

Googleはデザイン面では、Appleなどの高級感ででるデザインとことなりポップなデザインなので好みは分かれそうです。

ちなみに画像の通り私が購入したのはChacoal。

黒系の色にも関わらず柔らかい雰囲気がでています。

Gのロゴが記載された「本体裏」

「Google Nest mini」 Gのロゴが記載された「本体裏」

背面は柔らかめのプラスチック使用です。

壁掛け用のフック穴が空いているのでサイズ的にも壁掛けは最適な気がします。

DC電源コネクタの「接続部分」

「Google Nest mini」 DC電源コネクタの「接続部分」

DC電源コネクタに変換された接続端子。

丸型でデザイン的には不満はないですが、USB/typeCじゃないのが悔やまれます。

とはいえ、使っていると付け外しするものでもないので実用上なにも不便はありません。

針金じゃない使い勝手の良いケーブル「クリップ」

「Google Nest mini」 針金じゃない使い勝手の良いケーブル「クリップ」

ケーブルをまとめていたクリップ。

良くある針金をコーティングしたタイプではなくプラスチック製の質感の高いものを使用しています。

DC電源やケーブルと同色でデザイン的にも溶け込んでいます。

デザイン性と質感が異常に高い「DC電源&ケーブル」

「Google Nest mini」デザイン性と質感が異常に高い「DC電源&ケーブル」

めちゃくちゃデザイン性と質感が良いのがDC電源とケーブル。

クリップも同様、見事に調和しています。

充電器をここまでデザインしてくるメーカーってそうはないでしょう。

「Chromecast」に似ていますが、サイズは結構小さいのでコンセントに指してもそんなに邪魔にならないと思います。

しかし、タコ足配線で2列で使っている場合、モノによっては干渉するサイズです。

第3世代「ChromeCast」レビュー!!スマホからのミラーリングで動画も快適!!
第3世代「ChromeCast」レビュー!!スマホからのミラーリングで動画も快適!!今回は第3世代「ChromeCast」を購入したので使用感などを含めてレビューしていきます。...

公式より5g軽い「重量」

「Google Nest mini」 公式より5g軽い「重量」

「Google Nest mini」の重量を測ったところ176gと公式の重量181gより5g軽い結果に。

5gはどこいった。(笑)

「Google Nest mini」の使い方と音質

「Google Nest mini」は、結構簡単に使えます。

というか、「Chromecast」とほぼ同じ手順でセットアップできるので今回は簡単に手順の紹介と使い方を紹介していきます。

セットアップなどの「初期設定」

「Google Nest mini」のセットアップはGoogle Homeアプリがないと始まりません。

Google HomeをPlay Storeからインストールしたら本体に電源を入れてセットアップをタップしましょう。

初めての人は名前の登録も必要になりますが、新しいデバイスをタップすることで自動で検索してくれます。

「Google Nest mini」が見つかったら次へと順に進んで行けば終了です。

また、音楽再生アプリにYouTube Music以外を利用の場合、ご契約しているサービスを選択し、リンクしておくと音声コマンドから音楽の再生ができるようになります。

使い方と音質

「Google-Nest-mini」の音量

「Google Nest mini」の使い方は、Googleアシスタントとほぼ同じ。

「OK Google」と呼びかけ、して欲しいことを言うだけ。

私の場合は、BGMとして使うことが多いので「Jazz流して」とか「クラシックの流して」とか適当に「おすすめの曲」とか気軽に使うことで多いです。

反応も速いしスムーズにできるのでBluetoothスピーカーより間違いなく使い勝手は優れていますね。

再生の停止は、音声コマンドはもちろん、Google homeや本体のライト部分をタップすることで停止が可能。

その他に使うのはタイマーで寝る前に「6時間後タイマー」など言っておくとしっかりとタイマーとしての役割を果たしてくれます。

中々、試せないのが「Google Duo」。

私自身、Bluetoothのイヤホンでの通話が基本となっているのに加えて、「Google Duo」を使っている人が少なすぎるという…

コミュニケーションアプリだとせっかくの素晴らしい機能も普及してないと台無し。

あとはIoTとの連携です。
まだ、家に導入してないものあって使えてないのでほぼBGM専用機となってます。

また、BGM用のスピーカーとして考えた場合、6,050円出せばもっと良いBluetoothスピーカーを買えるといったレベル。

とはいえ、高音~低音までバランス良く音がでるので低音量で流しとく分にはサイズ的にも使い勝手的にも優れていると思います。

「Google Nest mini」がおすすめの人

「Google Nest mini」は、気軽に音楽を楽しみたい人やスマートスピーカーを初めて購入する人にはおすすめです。

というのも、YouTube MusicやYouTube Premiumを含むサブスクリプション型の音楽サービスを利用している人には相性が良いでしょう。

手間が掛からずすぐ聞けますからね。

逆に、音質に拘る人や音声コマンドに抵抗ある人は後悔するので避けたほうが懸命です。

特に音質は音量を上げて本格的に音楽を聞くサイズのスピーカーではなく、ライト層向けなので本気で音楽を楽しむにはちょっと厳しい。

「Google Nest mini」レビューのまとめ

Googleアシスタント機能を備えたスピーカーを初めて使いましたが、音楽再生はBluetoothスピーカーより簡単に使えてサービスをフル活用できます。

ただし、同じ金額のBluetoothスピーカーに比べるとやや音質が落ちるので音声コマンドをどの程度便利と捉えるかによってコスパ感覚が人によって大きく変わりそうです。

また、Googleのデバイスは年々デザイン性があがり、ハードソフトの全体で統一感があるのでちょっと揃えたくなって来てしまいますね。

「Google Pixel 4a」レビュー!!カメラ性能に優れる欠点なしのバランススマホ
「Google Pixel 4a」レビュー!!カメラ性能に優れる欠点なしのバランススマホ[サイズ、価格、性能]の三拍子が揃ったGoogle製ミドルレンジモデル「Google Pixel 4a」を徹底的にレビューしていきます!...
第3世代「ChromeCast」レビュー!!スマホからのミラーリングで動画も快適!!
第3世代「ChromeCast」レビュー!!スマホからのミラーリングで動画も快適!!今回は第3世代「ChromeCast」を購入したので使用感などを含めてレビューしていきます。...
Googleレンズとは?使い方や機能について徹底解説!!
Googleレンズとは?使い方や機能について徹底解説!!未来チックな体験がスマホで出来る、Googleレンズの使い方や機能を徹底解説していきます。...
「Googleアシスタント」のできることを設定方法と合わせて徹底解説!!
「Googleアシスタント」のできることを設定方法と合わせて徹底解説!!今回は、「Googleアシスタント」でできることを設定方法を含めて徹底解説していきます。...