音楽配信サービス

「YouTube Music」の使い方を初心者にも分かるように徹底解説!!

年々視聴時間や視聴者数が増える「YouTube」の音楽に特化したサービス「YouTube Music」。

従来は音楽データを購入したり、CDのデータをスマホに取り込み、ストレージで音楽を管理する利用方法とは異なり、無料又はサブスクリプション契約の「YouTube Music Premium」を利用する事によりストリーミングで音楽が聴き放題になります。

そのため、様々なプレイリストやレコメンドが自動で使えるので自分でプレイリストを作らずとも快適に利用できるなど非常に便利なサービスです。

とはいえ、従来の音楽アプリと比べると多機能で使い方も異なります。

そのため今回は、音楽配信サービスの中でもトップクラスの性能を誇る「YouTube Music」の使い方を初心者にも分かるように網羅的に徹底解説していきます。

「YouTube Music」の料金については下記の記事をご覧くださいませ。

「YouTube Music」とは?料金や契約方法を含めて徹底解説!!
「YouTube Music」とは?料金や契約方法をまとめて徹底解説!!今回は「YouTube Music」の有料版の料金や機能面での違いや契約方法まで徹底解説していきます。...

「YouTube Music」の機能

「YouTube Music」の機能

「YouTube Music」は、定額で聴き放題なだけでなく、公式で用意されている楽曲以外にも「YouTube」内の音楽や動画をストリーミングで聞くことができます。

また、有料の「YouTube Music Premium」を契約することでオフラインやバックグランド再生が可能です。

その他にも、既に持っている音楽ファイルのアップロードや視聴履歴などに基づいてレコメンドされるプレイリストが利用できます。

「YouTube Music」の初期設定

「YouTube Music」の初期設定

アプリを立ち上げたら、スムーズに利用するために好みの「アーティストの選択」と通信量にも関わる「音質の設定」は必ずやりましょう!

また、「Google Play Music」を使っていた人は、プレイリストやアップロードしていたファイルを簡単に移行できるので済ませておくとスムーズに利用可能です。

レコメンドに役立つ好きなアーティストの「選択」

「YouTube Music」の好きなアーティスト選択

まず最初に設定するのはお好みのアーティストの選択。

アプリのバージョンによっては初期設定で出ないこともあるかも知れませんが、その場合は[Googleアカウントのアイコン→設定→おすすめをもっとカスタマイズ]から設定可能です。

好みが変わっても何回でも設定でき、レコメンドに大きく影響するので必ず設定しましょう!

ストリーミングや音質の「設定」

ストリーミングや音質の「設定」

音の質はもちろん、ストリーミングで再生する場合データ通信量にも関わってくるので音質はマストで設定しましょう。

選択項目は、コーデックがAACでビットレートが[48Kbpsの低音質][128Kbpsの標準][256Kbpsの高音質]の三段階となっています。

また、Wi-Fi利用時は接続状態が悪くてもビットレートを維持する[常に高音質]も選択可能。

音質を重視する場合は、[高音質]を選択すれば間違いないですが、通信量が気になる場合は、私の体感的に[標準]を選んでも問題ないくらいの音質は維持できます。

逆に[低音質]は違いがハッキリ分かるレベルで音質が下がるので、あまりおすすめできません。

Google Play Musicからの「移行」

Google Play Musicからの「移行」

「YouTube Music」を利用する前に「Google Play Music」を利用していて音楽ファイルをクラウドに保存していた場合、再度アップロードしなくても「YouTube Music」に移行可能です。

利用方法は[Googleアカウントアイコン→設定→Google Play Music→移行を開始]の手順で完了します。

移行が終わるとライブラリのアルバムや曲から確認できるので、そこからオフラインに保存したりストリーミングで聞いたりと、「Google Play Music」と同じように楽しめます。

ただし、「YouTube Music」からはクラウドに保存したデータファイルのダウンロードができなくなるので移行前にパソコンなどからデータをダウンロードしておく方が良いでしょう。

「YouTube Music」の使い方

「YouTube Music」の使い方

個別の使い方に入る前に「YouTube Music」の全体の構成を解説していきます。

「YouTube Music」は、上記画像のように下部のタブで管理されており、[ホーム][探索][ライブラリ]の3つに別れています。

[ホーム]では主にレコメンドされたプレイリストやリミックスが表示されるのでメインで利用することになる画面です。

続いて[探索]は、個別の曲やアルバム、ジャンルなどから楽曲を検索できるので新曲や過去の懐かしい曲を探すのに役立ちます。

最後の[ライブラリ]では、デバイス内にダウンロードした曲やアルバム、プレイリストをまとめて表示するオフラインに加え、自分で作成した「プレイリスト、アルバム、曲、アーティスト、登録チャンネル」が表示されます。

[ライブラリ]ではオフライン化したプレイリストや曲を確認できるのデバイス内のデータ容量が気になる場合はここから削除しましょう。

視聴履歴などからホームに提案してくれる「レコメンド」

「YouTube Music」の「レコメンド」

Googleのサービスらしくレコメンドはかなり優秀です。

YouTubeの視聴履歴も利用してプレイリストやリミックスを提案してくれます。

また、プレイリストの種類も豊富で時間帯ごとやチャート、タイムカプセルなどその時に応じて複数ジャンルのプレイリストから選択可能で、気に入ったプレイリストがあればオフラインに保存して通信量を気にせず利用することも可能。

その他にもユーザーが作ったプレイリストなどもレコメンドされるため、自分でプレイリストを作らなくても満足できるのが見つかるでしょう!

通信しながら音楽が聞ける「ストリーミング再生」

「YouTube Music」の「ストリーミング再生」

「YouTube Music」の基本はストリーミング再生。

オフラインにした曲やオフラインミックス以外の曲を選択するとストリーミングで音楽が再生されます。

そのため、設定した音質に満足できない場合などは再度選択した方が良いでしょう。

また、プレイヤー画面の上部で動画を選択すればMVなどの動画もそのまま見れるので他の音楽配信アプリと比べるとかなり優秀。

その他プレイヤー画面ではイイねやBADボタンなどがあるため気に入った曲や好みでない曲の時はタップしておくとレコメンドで役に立ちます。

データ量を気にせず使える「オフライン再生」

「YouTube Music」の「オフライン再生」

基本はストリーミングとはいえ、無料版では使えませんがヘビーユーザーは通信量も嵩むのでオフラインに保存することをおすすめします。

オフラインにした曲やアルバム、プレイリストがあったら[︙]をタップするとオフラインに一時保存という項目が出てくるのでタップすると保存完了。

一度保存してしまえば、レコメンドされたプレイリストからでもオフラインで再生されるので通信量を気にせず安心して利用が可能です。

ちなみにオフラインに保存した音楽は[ライブラリ→オフライン]から削除などの管理ができます。

一時保存で自動に「オフラインミックス」

「YouTube Music」の「オフラインミックス」

ホーム画面で[ライブラリ]タブに移動しオフラインを選択した後、上部の歯車をタップすると自動でレコメンドされた曲をダウンロードしておいてくれます。

Wi-Fi接続時のみ利用することもできるので、高音質で運用するのがベスト。

また、内蔵ストレージに応じて必要な曲数を自分で選択できるので早目に設定しておきましょう。

長く使えば使うほど精度が高まるので、私の場合ほぼこれだけで運用しています。

他のアプリを利用しながら使える「バックグランド再生」

「YouTube Music」の「バックグランド再生」

無料版では使えないものの当然バックグランド再生にも対応。

操作的にはホームボタンを押すだけで自動的にバックグランドで再生されます。

また、バックグランドで再生中でも通知画面に簡易的なプレイヤーが常時表示されているので曲送りや曲戻し、イイねなどは利用可能です。

好みの音楽をグルーピング「プレイリスト」

「YouTube Music」の「プレイリスト」

レコメンドが優秀なのでそれほど利用頻度は減ってきているものの、完全に自分でカスタマイズされたプレイリストが欲しい人には必須の機能。

使い方は非常にシンプルで気に入っている曲の[︙]をタップしたら[プレイリストに追加]をタップし既存のプレイリストか新規に作成したら完了です。

また、プレイリスト作成の際、[公開][限定公開][非公開]と選択項目があるので用途に併せて選択しましょう!

好みの音質に変更できる「イコライザー」

「YouTube Music」の「イコライザー」

「YouTube Music」は、デバイスのイコライザーが利用可能です。

ちょっと高いワイヤレスイヤホンなどを使っている場合は、専用のアプリが利用できるケースが多いので必要ないかも知れませんが、そうではない場合かなり重宝します。

特に格安のワイヤレスイヤホンの場合、専用のイコライザーアプリがないケースが多く、音の傾向もドンシャリや低音重視されている傾向があるので、好みの音質にする調整に役立つでしょう。

スマホの設定からでも当然利用できるのですが、[設定→イコライザー]からセッティング可能でオリジナルに作り込むことはもちろん、音楽ジャンルに併せて調整された設定がプリインストールされているので簡単に利用可能です。

イコライザーの使い方はスマホにより異なりますが、好みの音質には近づけますので調製にチャレンジしてみましょう!

聞いている音楽の「歌詞表示」

「YouTube Music」の「歌詞表示」

当初は利用できなかった歌詞の表示も現在では利用できるようになっています。

プレイヤー画面の下部に位置する歌詞をタップすると聞いている曲の歌詞が閲覧できます。

ただし、対応してから日が浅いためか、対応楽曲が少なく、特に日本語はメジャーな曲でも対応していないケースがあるため、歌詞表示が重要な人は他の音楽アプリを利用したほうが良いでしょう。

持っている曲をクラウドに保存できる「アップロード」

「YouTube Music」の「アップロード」

他の音楽アプリでは殆どない「YouTube Music」最大の特徴を持った機能が既に持っている楽曲のクラウドへのアップロード。

容量は無料で5万曲、有料だと10万曲までと圧倒的な性能を誇ります。

更に、無料での利用に関してもアップロードされた音楽は、広告やオフライン、バックグランド再生が出来ないなどの制限がなく利用できるのでほぼ最強のサービスといえるでしょう。

また、ファイル形式も[FLAC、M4A、MP3、OGG、WMA]とメジャーファイルは殆ど対応しているだけでなく、ファイルサイズ上限は300MBと非常に緩いため長い曲でも問題なく利用可能です。

アップロードの方法は、パソコンから「YouTube Music」にアクセスしGoogleアカウントアイコンから音楽をアップロードを選択しファイルを選べば完了します。

PCでも再生できる「マルチデバイス」

「YouTube Music」の「マルチデバイス」

「YouTube Music」は、マルチデバイスで利用可能。

AndroidやiPhoneなどのiOSデバイスでは専用のアプリで使うことが出来ますが、パソコンなどからはブラウザから「YouTube Music」にアクセスしログインすれば、スマホと同じように使えます。

そのため、ブラウザさえ使えればOSには依存しないのでハードに縛られる必要なく楽しめます。

「YouTube Music」の使い方まとめ

「YouTube Music」は、既に音楽ファイルを持っている人は殆ど制限を受けずに利用できますが、音楽配信サービスの醍醐味である定額聴き放題を生かしたプレイリストを利用すると広告など制限が入ってしまうので基本は有料で使う方が良いでしょう。

また、「YouTube」を生かした動画の閲覧なども他の音楽アプリにはない機能なので活用することをおすすめします。