音楽配信サービス

「YouTube Music Premium」の解約方法をデバイス別に徹底解説!!

「YouTube Music Premium」の解約方法をデバイス別に徹底解説!!

サブスクリプション全盛の昨今、音楽を聞くのも定額で聴き放題の音楽配信サービスが人気になってきています。

アップデートもされるし、最新の曲も常に聞けて非常に便利なサービスではあるものの毎月の費用が買い切りに比べて大きな欠点です。

また、毎月定額の支払いが発生するサブスクリプションの料金体系は多くの場合、比較的安価ですが他ジャンルで複数のサービスを使っていると意外と高い料金になってしまいます。

「YouTube Music Premium」も例外ではなく年間でみると12,000円近くの料金が発生します。

また、サブスクリプションサービスの多くが無料トライアル後に自分で解約しない限り自動で課金されてしまうので注意が必要です。

そのため、今回は「YouTube Music Premium」にそこまでの価値を感じず解約する時の解約方法をデバイス別に徹底解説していきます。

「YouTube Music Premium」の解約と一時停止の違い

「YouTube Music Premium」の解約と一時停止の違い

有料版の「YouTube Music」である「YouTube Music Premium」には解約の他に一時停止がありどちらも課金はされなくなります。

一時停止中は、解約状態と同様に広告は表示され、ダウンロード済みの音楽やオフライン再生も利用できなくなりますが、自分で作成したプレイリストやダウンロード済みの音楽はそのまま残ります。

つまり、解約をしてしまうと全ての設定がリセットになるところ、一時停止状態であれば再開した時に以前と同じように利用することが可能です。

とはいえ、無限に一時停止状態にしておけるわけではなく最長で6ヶ月間までのとなっていて、再開はいつでもOK!

そのため、解約に迷いがある場合は一旦一時停止状態にするのがおすすめです。

ただし、指定された期間をすぎると自動的に課金が再開してしまうので6ヶ月などの長期間の一時停止には注意しましょう!

「YouTube Music Premium」解約時の注意点

「YouTube Music Premium」解約時の注意点

「YouTube Music Premium」は、通常契約はもちろん、無料トライアルでもいつ解約しても請求期間が終わるまでサービスを利用することができるのでほとんど注意することなく解約可能です。

ただし、請求期間が終わるまで利用できるということは、日割りでの払い戻しは出来ません。

また、契約上は問題なくても一度解約してしまうと、自分で作ったプレイリストやダウンロード済みの音楽データが失われるので、再度利用する予定がある場合は一時停止を有効的に使いましょう!

「YouTube Music Premium」の解約方法

それでは、「YouTube Music Premium」の解約方法をデバイス別に解説していきます。

アプリから解約する「Android」

「YouTube Music Premium」の「Android」での解約方法①まずは、Androidの「YouTube Music」アプリから解約する方法を紹介します。

アプリを開くとGoogleアカウントのアイコンが右上に有るのでタップすると、有料メンバーシップという項目があるので続けてタップしましょう。

次に再度有料メンバーシップと表記がある部分をタップ。

 

「YouTube Music Premium」の「Android」での解約方法②

ここで「解約する」か「一時停止」を選べれるので「解約する」をタップすると解約理由のアンケートがあるので選択後、解約を選べば終了です。

「Android」の解約手順

①トップ画面でGoogleアカウントアイコンを選択
②有料メンバーシップを選択
③再度有料メンバーシップを選択
④解約するを選択
⑤アンケートに回答
⑥解約を選択

ブラウザから解約する「PC」

「YouTube Music Premium」の「PC」での解約方法

WEBブラウザからの解約手順もほとんどAndroidど同じです。

YouTube Music」にアクセスしたら、Googleアカウントのアイコンをクリックしアプリ版と同じ手順で進みましょう。

唯一違う点がブラウザからの場合アンケートが出ないことぐらいなのでスムーズに解約可能です。

iTunes Storeから解約する「iPhone」

iTunes Storeから解約する場合、有料メンバーシップの選択画面までは同様です。

iPhoneなどのiOSデバイスからiTunes Storeで解約する場合、「Appleの登録内容の管理」という項目が出てくるので選択しましょう。

そうすると、「YouTube Music」に限らず定期購入しているサブスクリプションサービスが一覧で出てくるので選択して「サブスクリプションをキャンセルする」をタップ。

最後に「確認」を選択すると解約が完了します。

「YouTube Music Premium」の一時停止方法

「YouTube Music Premium」の一時停止方法

解約方法に続き併せて「一時停止」の手続きも紹介していきます。

解約方法をみた方は分かると思いますが、「一時停止する」の選択画面までは全く同じです。

「一時停止する」を選択したら、期間を選択しましょう。

期間が決まったら「メンバーシップを一時停止」をタップして完了です。

また、停止しても解約と同様請求期間が終わるまで利用できる他、再開したい場合は、「有料メンバーシップ」選択画面までくれば「再開」がという項目が出てくるのでタップすれば再開可能です。

ただし、再開した場合当たり前ですが請求期間に併せて課金されますので、注意しましょう。

「YouTube Music Premium」への移行させない方法

「YouTube Music Premium」への移行させない方法

無料トライアルなどを利用して契約している場合、キャンペーン期間は料金がかからず有料のサービスを凛世することができます。

しかし、解約の手続きをしないと自動で課金が始まるので使う気がない場合は早めに解約の手続きを済ませてしまいましょう。

というのも、「YouTube Music Premium」や「YouTube Premium」は、キャンペーンの無料トライアル中であっても期限内は解約しても有料サービスが継続して利用できるためです。

無料トライアル中であっても、解約の手続きは通常契約と同じ手順で解約できます。

「YouTube Music Premium」の解約する方法まとめ

Googleのサービスは、「YouTube Music Premium」に限らず、契約もちろん解約もユーザビリティーが考えられており非常に簡単にできます。

よくある解約しにくい設計とは間逆なのでスムーズに手続きが可能です。

また、解約しても請求期間内は利用できることで、ギリギリの解約日を予定してたけど忘れたなんてこともないため非常に優良なサービスです。