スマホ

「Xiaomi Mi A3」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ

「Xiaomi Mi A3」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ

コスパといえばXiaomiと思い浮かぶほど低価格で優れたスマホを世に出し続けているXiaomiですが、OSにAndroidをカスタマイズしたMIUI採用しています。

独特のUIなので好みが分かれる部分で、私はあまり好きではありません…。

とはいえ、XiaomiはカスタマイズされていないAndroid Oneスマホを実は出しているんです。

私自身XiaomiのAndroid Oneスマホの「Xiaomi Mi A2」を使っていてとても満足しています。

ってことで、今回は新たに発売された「Xiaomi Mi A3」を「Xiaomi Mi A2」の比較も含めてスペック面をチェックしていきます。

「Xiaomi Mi A3」の特徴

「Xiaomi Mi A3」の特徴

「Xiaomi Mi A3」は、「Xiaomi CC9e」がベースとなったミドルレンジのスマホです。

最大の特徴は数少ないAndroid Oneスマホで、ピュアAndroidに加えて24ヶ月のメジャーアップデートと36ヶ月のセキュリティーアップデートに対応する点です。

昔と比べるとスマホの性能はかなり上がっており、ミドルレンジのスマホでも2年は快適に利用できますのでメジャアップデートが24ヶ月対応していることは、ガジェット好きにはたまらないでしょう!

ハード面でも有機ELディスプレイに画面内指紋認証、トリプルレンズカメラと最先端にトレンドをがっつり盛り込んでいます。

にもかかわらず30,000円を余裕で切る価格で販売しているので恐ろしいコスパです…。

「Xiaomi Mi A3」のスペック

デバイス情報
メーカー Xiaom
デバイス名 Xiaomi Mi A3
型番/別名 MIUI版「Xiaomi CC9e」
発売日 2019年7月
発売地域 海外
ハードウェア情報
ディスプレイ 6.01インチ 水滴型ノッチ
解像度 1560×720
画素密度 282ppi
画面占有率 不明
バッテリー容量 4,030mAh
充電対応規格 10W[5V/2A]
接続端子 USB Type-C
サイズ 153.5mm×71.8mm×8.5mm
重量 173.8g
防水/防塵 非対応
本体カラー Black white Blue
システム情報
OS Android 9
SoC Qualcomm「Snapdragon 665」
CPU A73(2.0GHz)×4 A53(1.8GHz)×4 8コア
GPU Adreno 610
Antutu 約139,000
Geekbench 約1,550/5,300
メモリとストレージ
RAM/ROM 4GB LPDDR4X+64GB
4GB LPDDR4X+128GB
外部ストレージカード 最大256GB
カメラ情報
リアカメラ メインカメラ48MP(f値1.79)
広角カメラ8MP(f値2.2)
深度カメラ2MP(f値2.4)
フロントカメラ 32MP(f値2.0)
ムービー 最大画素数/1080p、最大FPS/60FPS
機能仕様・センサー
セキュリティー 指紋センサー
GPS GPS、A-GPS、GLONASS、BDS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ
近接センサ、ジャイロ、コンパス
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC非対応(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他
価格 RAM:4GB+ROM:64GB[約24,000円]
RAM:4GB+ROM:128GB[約27,000円]
公式サイト https://www.mi.com/global/
販売サイト Amazon
対応バンド・ネットワーク
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5
3G 1/2/4/5/8
4G 1/2/3/4/5/7/8/20/28/38/40
docomo対応 メインバンドと東名阪のみ対応
Softbank対応 メイン+プラチナバンドなど複数バンド対応
au対応 非対応
SIM NanoSIM×2

いや~有機ELディスプレイの解像度がめちゃくちゃ惜しい…
この価格帯に有機ELが搭載されてることが凄いのですがHDクラスの解像度は正直頂けません…
フルHD+の「Xiaomi Mi A2」より解像度下がってますしね。

逆に、「Xiaomi Mi A2」では対応していなかったMicroSDやイヤホンジャックには対応し、バッテリー容量も約1,000mAhアップ4,030mAhとなっているのは素晴らしいです。

「Xiaomi Mi A3」のデザイン

「Xiaomi Mi A3」のデザイン

デザインは、なかなか素晴らしい。

最近のXiaomiのスマホでは定番のアルミフレームに湾曲したガラスを背面に採用したスタイルで持ちやすさに貢献しそうです。

また、画面内指紋認証を採用したことで背面の指紋センサーが無くなり背面がスッキリし、光の加減で模様が浮かび上がる光沢の処理が美しいです。

「Xiaomi Mi A3」の基本性能

「Xiaomi Mi A3」は、ベースモデルの「Xiaomi CC9e」と同様SoCにはQualcommの「Snapdragon 665」を採用しています。

前モデルのSoC「Snapdragon 660」も実際めちゃくちゃ優秀でほとんどのアプリがヌルサクで動きます。

おまけに発熱も少ないので非常にバランスが良いSoCです。

「Snapdragon 665」は総合的な性能は「Snapdragon 660」とそこまで大きく変わりませんが、14nmプロセスから11nmプロセスに微細化されていることから僅かながら消費電力の低減が期待できます。

RAMも4GBと特別多くはないですが、標準的な容量で足りなくなることは殆どないでしょう。

「Xiaomi Mi A3」のカメラ性能

「Xiaomi Mi A3」のカメラ性能

「Xiaomi Mi A3」は、リアカメラに標準の48MP、超広角8MP、深度カメラとして2MPを搭載したトリプルレンズカメラとなっています。

ハイエンドと比べるとやや物足りない構成ながら、XiaomiはUMIDIGIとは比べ物にならないぐらいAIを使った画作りの作り込みをしていますからカメラの性能も価格以上に期待できます。

前モデルの「Xiaomi Mi A2」も同価格帯のカメラと比べると明らかに綺麗に撮れたので問題ないでしょう。

ただし、望遠レンズのカメラがないので、ズームは全てデジタルズームです。

ズームを多様する使い方をする場合は、期待は禁物です。

また、フロントカメラには32MPの高解像度カメラを採用し、AIに力を入れていれており、フロントカメラでもポートレート撮影が可能なので自撮りする人には最適でしょう。

「Xiaomi Mi A3」の対応バンド

対応バンド

 

国内LTEバンド Xiaomi Mi A3 docomo au Softbank 備考
Band 1
2.1MHz
主力
Band 3
1.8GHz
東名阪限定
Band 8
900MHz
プラチナバンド
Band 11
1.5GHz
局所的
Band 18
800MHz
プラチナバンド
Band 19
800MHz
プラチナバンド
Band 21
1.5GHz
局所的
Band 26
800MHz
Band 28
700MHz
エリアが限定的
Band 41
2.5GHz
WiMAXやAXGP
Band 42
3.5GHz
キャリアアグリゲーション用帯域
3Gバンド Xiaomi Mi A3 docomo au Softbank 備考
Band1
2.1GHz
主力
Band6
800MHz
FOMAプラスエリア
Band8
900MHz
プラチナバンド
Band9
1.7GHz
Band11
1.5GHz
局所的
Band19
800MHz
一部FOMAプラスエリア
BandBC0
800MHz
CDMA2000
CDMA2000
プラチナバンド

「Xiaomi Mi A3」の対応バンドは正直Softbank一択です。

Xiaomiの場合「Xiaomi Mi A3」に限らずdocomoのプラチナバンド、Band19に対応しているスマホが「Xiaomi Mi MiX3」などの一部端末に限られるので諦めましょう。

都心で使う人限定の「docomo」回線

docomo回線で「Xiaomi Mi A3」を使うには2GHz帯のBand1と東名阪限定のBand3しか対応していません。

LTEやFOMAプラスエリアのBand19やBand6には対応してないので地方や山岳部では繋がらない可能性が高くおすすめできません。

同じ様な対応バンド状況の「Xiaomi Mi A2」で使ったところ都内ではほぼ問題は有りませんでしたが、エリアから外れると使えなくなるというのはちょっと微妙ですね。

問題なく利用できる「Softbank」回線

Softbank回線の場合、主力のBand1とプラチナバンドのBand8に対応しているので問題なく利用することが可能です。

実際、同じ様な対応バンド状況の「Xiaomi Mi 8 Lite」をSoftbank回線を使ったLINEモバイルで使っていますが電波状況的に問題は起きていません。

スマホの対応バンドと確認方法を徹底解説!!
スマホの対応バンドと確認方法を徹底解説!!今回はスマホの購入時に迷わないよう、対応バンドの見方や周波数帯の特性などざっくり解説していきます。...

「Xiaomi Mi A3」のベンチマークテスト

「Xiaomi Mi A3」のベンチマークテスト

「Xiaomi Mi A3」に搭載されるQualcomm「Snapdragon 665」はミドルレンジでは比較的上位なSoCです。

前モデルの「Xiaomi Mi A2」のQualcomm「Snapdragon 660」と基本性能は殆ど同じです。

SoC別のスコアをみたい場合は、【2020年最新】スマホのベンチマークスコアを比較【Antutu GeekBench 5】よりご確認くださいませ。

【2020年最新】スマホのベンチマークスコアランキング【Antutu GeekBench 5】
スマホのベンチマークランキング【Antutu GeekBench 5】スマホの[SoC]性能を計るメジャーなベンチマークアプリの【Antutu】と【Geekbench 5】の見方や[SoC]毎のスコアをランキング形式でグラフ化しました。...

「Antutu」総合スコアは170,000ポイント

Antutuスコアで170,000ポイントを「Snapdragon 665」を搭載しているので多くのアプリを快適に利用出来るでしょう。

また、11nmプロセスで作られているSoCなので低消費電力にも期待できます。

「Geekbench 4」はシングル350、マルチ1,350

Cotex-A73をビックコアに使っているので、リトルコアだけのSoCと比べるとシングルコアスコアの数字的にも安心できますね。

「Xiaomi Mi A3」のスペックまとめ

「Xiaomi Mi A3」は、前モデルの「Xiaomi Mi A2」と同様非常にコスパ高くAndroid Oneスマホということで一部の人にはがっつりハマるスマホでしょう。

しかし、有機ELディスプレイの解像度とdocomoのプラチナバンド非対応と欠点が2つあるので十分考慮が必要です。

対応バンドの問題で諦める場合は、ほぼ同等のスペックと価格でドコモのプラチナバンドに対応した「UMIDIGI X」があるのでこちらを検討するのも有りでしょう!

スマホのカメラ性能の比較とおすすめ機種8選【2020年最新】
スマホのカメラ性能の比較とおすすめ機種8選【2020年最新】今回は様々な要素が絡み合ったスマホのカメラの解説と比較をしつつカメラ性能に優れたスマホの紹介をしていきます。...
「UMIDIGI X」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ
「UMIDIGI X」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ話題のスマホ、「UMIDIGI X」のスペックを今回はチェックしていきます。...
Xiaomiとは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!
Xiaomiとは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!今回は勢いのある中華スマホの中でも、圧倒的なコスパで人気を誇るXiaomi(シャオミ)のスマホのラインナップやシリーズについて解説していきます。...
スマホのメーカーを一覧で徹底解説!!
スマホのメーカーを一覧で徹底解説!!日本でスマホを発売しいるメーカーと低価格が人気の中華メーカーを一覧で徹底解説していきます。...
【2020年最新】スマホのベンチマークスコアランキング【Antutu GeekBench 5】
スマホのベンチマークランキング【Antutu GeekBench 5】スマホの[SoC]性能を計るメジャーなベンチマークアプリの【Antutu】と【Geekbench 5】の見方や[SoC]毎のスコアをランキング形式でグラフ化しました。...