スマホ

「UMIDIGI X」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ

「UMIDIGI X」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ

有機ELディスプレイや画面内指紋認証に加えてトリプルレンズカメラを搭載しながら30,000円以下で発売されるとんでもないコスパスマホ「UMIDIGI X」

世界中探しても同等のスペックで30,000円以下で売られているスマホは、Xiaomiの「Xiaomi CC9」か「Xiaomi Mi A3」ぐらいでしょう。

そんな話題のスマホ、「UMIDIGI X」のスペックを今回はチェックしていきます。

「UMIDIGI X」の特徴

「UMIDIGI X」の特徴

「UMIDIGI X」は、ミドルレンジのスマホながらディスプレイに有機EL、画面内指紋認証、トリプルレンズカメラと最新の技術や、ハイエンドで使われる機能を盛り込んだ珍しいスマホです。

30,000円を切る価格帯で、ここまで盛り込んだコスパの高い機種は大変稀で国内では勿論、海外でもXiaomiの「Xiaomi CC9」か「Xiaomi Mi A3」ぐらいしか対抗商品が見当たりません。

特に画面内指紋認証は、昨年から登場した技術で各社のハイエンドフラグシップスマホの一部にしかまだ搭載されてない機能なので、Band19に対応必須の場合には唯一無二の選択肢になるでしょう。

また、カメラも48MP(f値1.79)をメインに超広角の8MP、ポートレートなどのボケ撮影を可能にする5MPのトリプルカメラ構成となっておりハードウェア面ではハイエンドと遜色のない作りになっています。

「UMIDIGI X」のスペックチェック

デバイス情報
メーカー UMIDIGI
デバイス名 UMIDIGI X
型番/別名 X
発売日 2019年8月
発売地域 海外:SIMフリー
ハードウェア情報
ディスプレイ 6.35インチ 水滴型ノッチ
解像度 1548×720
画素密度 268ppi
画面占有率 92.70%
バッテリー容量 4,150mAh
充電対応規格 18W充電対応
接続端子 USB Type-C
サイズ 高さ:158.6mm
横幅:75.6mm
厚さ:8.1mm
重量 202g
防水/防塵 非対応
本体カラー Flame Black、Breathing Crystal
システム情報
OS Android 9
SoC MediaTek Helio P60
CPU A73(2.0GHz)×4 A53(2.0GHz)×4 8コア
GPU Mali G72 MP3 700MHz
Antutu 約135,000
Geekbench 約1,400/5,500
メモリとストレージ
RAM/ROM 4GB+128GB
外部ストレージカード 最大256GB
カメラ情報
リアカメラ 48MP+8MP+5PM f/1.79
フロントカメラ 16MP f/2.0
ムービー 最大画素数1080p、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
セキュリティー 指紋センサー
GPS GPS, GLONASS,GALILEO.BEIDOU
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ
近接センサ、ジャイロ、コンパス
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他
価格 RAM:4GB+ROM:128GB[約27,000円]
公式サイト https://www.umidigi.com/
販売サイト Amazon
対応バンド・ネットワーク
Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac
Bluetooth 4.2
3G 1/2/4/5/6/8/19
4G 1/2/3/4/5/6/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/66/38/40/41
docomo対応 メイン+プラチナバンドなど複数バンド対応
Softbank対応 メイン+プラチナバンドなど複数バンド対応
au対応 メイン+プラチナバンドなど複数バンド対応
SIM NanoSIM×2

「UMIDIGI X」は、「Helio P60」にRAMが4GBと基本性能もミドルレンジとしては十分すぎるほど満たしていますね。

逆にディスプレイが有機ELとはいえHDクラスになってしまっているのが非常に残念…
ちょっと解像度が低いです。

「UMIDIGI X」のデザイン

「UMIDIGI X」のデザイン

「UMIDIGI X」は、水滴型ノッチとアルミフーレム、背面にガラスのトレンドに適応したデザインですね。

画面内指紋認証にすることで、背面の指紋センサーがなくなりガラスの加工と相まってフラットでもの凄い綺麗に見えます。

背面のトリプルレンズカメラも縦に一列綺麗に並んで綺麗に収まっており、ほぼ出べそ感も抑えられているのがGoodポイントです!

「UMIDIGI X」の基本性能

「UMIDIGI X」は、MediaTekの「Helio P60」を搭載しているのでミドルレンジのスマホの中では比較的性能は高いため「ブラウザ、SNS、YouTube」はサクサク利用可能ですね。

また、グラフィックに拘らなければ3Dグラフィックスを扱うゲームも殆ど遊べるでしょう。

そしてRAMは標準的な4GBではありますが、ROMが128GBと大容量なのでSDカードなどを使わずに大量のデータを本体に保存可能です。

バッテリーも4,150mAhと比較的容量が多いのでヘビーな使い方をしなければ1日問題なく利用可能です。

「UMIDIGI X」のカメラ性能

「UMIDIGI X」のカメラ性能

「UMIDIGI X」のリアカメラは、48MPの超高画素をメインカメラに、120度撮影可能な超広角8MPカメラとボケ撮影用の5MP深度カメラを搭載しています。

中華スマホでは48MPの高解像度センサーが使われるケースが多いですが、注目すべきはハードウェアのスペックではなく、実際に撮影した画像の最適化です。

というのも近年のスマホのカメラは、ハードウェア以上に写真の画作りやAIによる補正が写真の綺麗さに大きく影響するため、Google「Pixel 3」を筆頭に画像の最適化に力を注いでおり、今までの「UMIDIGI」のスマホはトップメーカーと比べると最適化ではかなり出遅れていました。

しかし、「UMIDIGI X」では、暗所での撮影や夜景で高価を発揮するスーパーナイトモードや自動で最適なシーンに併せるAIを搭載するので今まで以上に綺麗に写真を取ることが可能でしょう!

また、インカメラも16MPと非常に高画素なので精細感が高い写真を撮れそうです。

と思っていましたが比較画像をみるとトップメーカーにはまだまだ劣っていますね。
カメラ画質は諦めましょう…

「UMIDIGI X」の対応バンド

対応バンド
国内LTEバンド UMIDIGI X docomo au Softbank 備考
Band 1
2.1MHz
主力
Band 3
1.8GHz
東名阪限定
Band 8
900MHz
プラチナバンド
Band 11
1.5GHz
局所的
Band 18
800MHz
プラチナバンド
Band 19
800MHz
プラチナバンド
Band 21
1.5GHz
局所的
Band 26
800MHz
Band 28
700MHz
エリアが限定的
Band 41
2.5GHz
WiMAXやAXGP
Band 42
3.5GHz
キャリアアグリゲーション用帯域
3Gバンド UMIDIGI X docomo au Softbank 備考
Band1
2.1GHz
主力
Band6
800MHz
FOMAプラスエリア
Band8
900MHz
プラチナバンド
Band9
1.7GHz
Band11
1.5GHz
局所的
Band19
800MHz
一部FOMAプラスエリア
BandBC0
800MHz
CDMA2000
CDMA2000
プラチナバンド

対応バンドはバッチリ!

docomoのプラチナバンドにしっかり対応しているため、LTEは勿論、3GのFOMAプラスエリアなども使うことが可能です。

Softbankも同様にプラチナバンドのBand 8に対応しているため電波的には不満なく利用できるでしょう。

auの場合は、プラチナバンドも含め多くのバンドに対応しているものの、auのSIMは特殊なため通話が出来るか不明です…。

auで使いたい場合は、人柱になるか情報が出てくるまで購入は避けましょう!

スマホの対応バンドと確認方法を徹底解説!!
スマホの対応バンドと確認方法を徹底解説!!今回はスマホの購入時に迷わないよう、対応バンドの見方や周波数帯の特性などざっくり解説していきます。...

「UMIDIGI X」のベンチマークテスト

「UMIDIGI X」のベンチマークテスト

「UMIDIGI X」MediaTek「Helio P60」搭載なので、重いゲームでなければ殆どのアプリが快適に利用できる性能でしょう。

【2020年最新】スマホのベンチマークスコアランキング【Antutu GeekBench 5】
スマホのベンチマークランキング【Antutu GeekBench 5】スマホの[SoC]性能を計るメジャーなベンチマークアプリの【Antutu】と【Geekbench 5】の見方や[SoC]毎のスコアをランキング形式でグラフ化しました。...

「Antutu」総合スコアは160,000ポイント

MediaTek「Helio P60」の「Antutu」総合スコアは約135,500ポイントなので「UMIDIGI X」も同じ程度のスコアになると思われます。

「Antutu」で160,000ポイントを超えると殆どの動作で快適に利用可能なのでチャットやブラウザしか使わないという人にもおすすめです。

「Geekbench 5」はシングル300、マルチ1,300

「Geekbench 5」はシングルコアスコアが300、マルチコアスコアが1,300程度を「Helio P60」は平均的に出しているので同じぐらいの数値になりそうです。

ミドルレンジの下位モデルやローエンドモデルと異なりビックコアを搭載する「Helio P60」などのSoCでは、シングルコアの性能が上がりヌルサク的な快適度が上昇するので万人におすすめ出来ますね。

「UMIDIGI X」のスペックまとめ

「UMIDIGI X」は、有機ELディスプレイに画面内指紋認証というフラグシップに搭載される機能を有しながら30,000円を切るという唯一無二のスマホです。

ただ、有機ELディスプレイの解像度がHDクラスと今の時代を考えるとあまりにも低いのが唯一悔やまれるところです。

しかし、国内で販売されるメーカーから同等の価格とスペックで発売される可能性は非常に低いので、画面内指紋認証に興味がある方は勿論、これからスマホの購入を検討している方には候補の1つとして非常におすすめです。

スマホのカメラ性能の比較とおすすめ機種8選【2020年最新】
スマホのカメラ性能の比較とおすすめ機種8選【2020年最新】今回は様々な要素が絡み合ったスマホのカメラの解説と比較をしつつカメラ性能に優れたスマホの紹介をしていきます。...
「UMIDIGI F1」レビュー!!ヌルサクスペックのコスパ最強スマホ!!
「UMIDIGI F1」レビュー!!ヌルサクスペックのコスパ最強スマホ!!今回は、「Xiaomi Mi A2」や「Xperia XZ」との比較も交えて「UMIDIGI F1」をレビューしていきます!...
「UMIDIGI」とは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!
「UMIDIGI」とは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!今回は、SIMフリー機の中でも圧倒的なコスパで人気急上昇中メーカー「UMIDIGI」のスマホのラインナップやシリーズを解説していきます。...
「UMIDIGI S3 Pro」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ
「UMIDIGI S3 Pro」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ今回は、UMIDIGIのスマホで最もスペックが高く、背面にセラミック素材を使うことで高級感を飛躍的に高めフラグシップスマホとなった「UMIDIGI S3 Pro」のスペックをチェックしていきます。...
「UMIDIGI A5 Pro」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ
「UMIDIGI A5 Pro」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ今回は「UMIDIGI A3/A3Pro 」の後継機でディスプレイの解像度もパフォーマンスも大幅に改善した、「UMIDIGI A5 Pro」のスペックをチェックしていきます。...