スマホ

Xiaomiとは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!

Xiaomiとは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!

中華スマホの勢いは、圧倒的なコスパやラインナップの豊富さで日本国内だけでなく世界中でシェアを取るほど勢いがあります。

シェアでみてもアメリカのAppleや韓国のSamsungを除くと、上位は軒並み中国勢になるほどですからね。

また、コスパやラインアップ以外にも近年は新技術の投入やクオリティーも高くなっているところも人気の要因でしょう。

今回は勢いのある中華スマホの中でも、圧倒的なコスパで人気を誇るXiaomi(シャオミ)のスマホのラインナップやシリーズについて解説していきます。

Xiaomiとは?

Xiaomiとは?

Xiaomiは、2010年に中国の北京で設立した会社です。

日本ではスマホのイメージが強いですが、中国ではテレビやオーディアなどのAV機器、掃除機や炊飯器気などの白物家電、更には洋服や雑貨など生活に関わる商品に関しては殆ど開発販売しています。

一見、色々なものに手を出しているため場当たり的にも見えますが、収入格差の激しい中国で良いものを安く届けることを理念にしているため、一貫性が高く中国国内でも人気です。

また、スマホに限らず上記の理念からコストパフォーマンスを重視した製品づくりが特長で殆どのXiaomiの製品は、性能や機能を考えると圧倒的に安い金額で販売しています。

そのため、初期の頃は流通のコストを下げるためネットでの直販のみで販売をしていました。

中国以外では、Samsungからインドでシェア1位を奪い取るほど人気で収入格差がある地域ではコスパを重視した商品づくりが高い評価を受けています。

更に2019年からXiaomi Miシリーズは、今まで以上の高品質化とブランディングを含めた高価格化を目指しています。

「Redmi」とは?

「Redmi」は、Xiaomiのスマホのサブブランドです。

元々はXiaomiブランドのスマホからコスパの高さを受け継ぎつつ、更にコスト重視でローエンド向けを開発&販売していました。

しかし、主戦場の中国では安いもの=品質が低いというイメージが強烈なためXiaomi Miシリーズが受け入れられなくなってきたため、「Redmi」をハイエンドモデルも含めたコスパ重視ブランドとして、2019年に独立したサブブランドに変更。

そのため現在の「Redmi」は、以前の「Mi」シリーズと以上のコスパで有りながらハイエンドシリーズのスマホも発売しています。

「Black Shark」とは?

Black Sharkは、Xiaomiのゲーミングスマホ向けの子会社です。

Black Sharkも当然コスパは恐ろしいほど高く、中国を覗いた競合製品の最低でも半分以下の金額で販売しています。

また、Black Sharkは日本の「TAKUMI JAPAN」が販売代理店として国内で販売していますが、価格は100,000円前後となっており非常に高くなってしまっているので競争力が落ちてしまっています。

とはいえ、スペックを考えるとまだ安い部類には入りますけどね。

Xiaomiのスマホのラインナップ一覧

Xiaomiブランドのスマホは、2019年に「Redmi」をサブブランドに独立させたので非常に分かりやすくなりました。

また、Xiaomiに限らず中華系のメーカーは非常にアグレッシブで様々コンセプトのスマホを発売するため廃盤になってしまうシリーズも多いです。

そのため、今回のラインナップは2020年時点で販売されていないスマホや継続が見込めないシリーズは省いていますのでご了承くださいませ。

フラグシップモデルの「Mi」シリーズ

フラグシップモデルの「Mi」シリーズ

Xiaomi「Mi」シリーズは、Xiaomiの全てのスマホの頂点に立つシリーズでスペックやクオリティーは勿論、最新技術も惜しみなく投入されるフラグシップスマホ。

現在、各メーカーのフラグシップスマホとといえば高額化が進み100,000円を超える価格が当たり前になっていますが、Xiaomi「Mi」シリーズは、競合メーカーに引けを取らないスペックで有りながら60,000円前半で発売するなど圧倒的なコスパを誇っています。

後述する「Redmi」シリーズが低価格ハイスペックの路線を引き継いでいるので、以前に比べ「Mi」シリーズは高額化しているものの、性能比ではまだまだ世界トップのコスパと言っても良いでしょう。

また、2020年最新モデルはSoCにSnapdragon 865を搭載した「Xiomi Mi 10」と「Xiomi Mi 10 Pro」で最も歴史が長く人気のあるシリーズです。

スペック的にも1億画素カメラやクアッドカメラ、高速ストレージのUFS3.0を搭載するなど圧倒的。

また、「Xiomi Mi 10」と「Xiomi Mi 10 Pro」の違いは、カメラ構成と急速充電性能とバッテリー容量。
ちなみに、バッテリー容量のみ「Xiomi Mi 10」が上回ります。

基本は1年に1回の上半期にフルモデルチェンジが行われます。

フラグシップと同一デザインの廉価版「Mi SE」シリーズ

 Xiaomiのスマホのラインナップ「Mi SE」シリーズ

Xiaomi「Mi SE」シリーズは、フラグシップと同一デザインながら更に価格を抑えるためSoCなどのスペックを抑えたモデルになります。

「Mi SE」シリーズの最初のモデルは2018年に登場した「Xiomi Mi 8 SE」で、この当時は「Xiomi Mi 8」とは若干異なったデザインをしており、同じ様な立ち位置に「Xiomi Mi 8 Lite」が存在したため非常に中途半端な立ち位置でした。

しかし、2019年の最新モデルは、SoCにはSnapdragon 712を搭載した「Xiomi Mi 9 SE」です。
従来の「Mi Lite」のポジションも吸収し廉価版のポジションを確立しました。

 

王道のミドルレンジ「Mi X」シリーズ

 Xiaomiのスマホのラインナップ「Mi X」シリーズ

Xiaomi「Mi X」シリーズは、コスパの高いXiaomiの中でもよりコストを重視したシリーズです。

最新モデルは、Snapdragon 660を搭載した「Xiomi Mi 6X」で2018年に発売されて以降フルモデルチェンジが行われていないので廃盤になることが予想されます。

また、デザイン面もトレンドの金属製ボディーにガラスを挟むタイプではなく「iPhone6」などで人気となったアルミユニボディを採用しています。

ノッチがないハイエンド「Mi MiX」シリーズ

Xiaomiのスマホのラインナップ 「Mi MiX」シリーズ

Xiaomi「Mi MiX」シリーズは、「Mi」シリーズと同様ハイエンドモデルで有りながら「Mi」シリーズ以上に対応バンドが多いので国外向けの意味合いが強いスマホとなっています。

最新モデルは、Snapdragon 845を採用した「Xiomi Mi MIX 3」で、スライド式のリアカメラを採用しノッチを完全排除することで、ノッチや水滴型ノッチのある「Mi」シリーズとは差別化が図られています。

カメラに力を注いだ 「CC」シリーズ

 Xiaomiのスマホのラインナップ「CC」シリーズ

Xiaomi「CC」シリーズは、2019年に登場したカメラに力を注いだシリーズです。

その中でも無印の「CC」、廉価版の「CCe」、Meituのアプリを引きついだ「CC9 Meitu Edition」に分けられます。

また、最新モデルのSoCにはSnapdragon 710の「Xiaomi CC9」と「Xiaomi CC9 Meitu Edition」、Snapdragon 665の「Xiaomi CC9e」がそれぞれ搭載されています。

更にカメラに特化したシリーズの中でもSnapdragon 730Gを搭載し更にカメラに特化した「Xiaomi Mi CC9 Pro Premium Edition」は、1億画素のメインカメラを含めた5レンズカメラを搭載し、カメラ画質の指標となっているDxOMARKで「Huawei Mate 30 Pro」と並び2019年11月時点でトップを獲得しています。

販売地域によっては「Xiaomi Mi Note 10」と呼ばれますが同一機種です。

また、2019年12月9日に日本市場に「Xiaomi Mi Note 10」を引っさげて登場!

サブブランドに「Redmi」が独立してから本格的な初のシリーズなので若干コスパが悪くなってはいますが、インパクトのある1億画素とXiaomiお得意のコストパフォーマンスでどこまで売れるか楽しみです。

Android Oneを採用した「Mi A」シリーズ

Xiaomiのスマホのラインナップ「Mi A」シリーズ

Xiaomi「Mi A」シリーズは、OSにAndroid Oneを搭載したミドルレンジのスマホです。

Android Oneは、通常Xiaomiに搭載されるAndroidを改造したMIUIではなくピュアAndroidをOSとして採用!

Googleと強力することで24ヶ月間のOSのアップデートと36ヶ月間のセキュリティーアップデートを保証されています。

ピュアAndroidのため、他のXiaomiのスマホとは使い勝手が良くも悪くも大きく異なり好みが分かれるスマホでしょう。

また、最新端末は「Xiaomi CC9e」がベースとなっている「Xiaomi Mi A3」です。

「Xiaomi Mi A3」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめ
「Xiaomi Mi A3」のスペックや対応バンドとスマホの価格まとめコスパといえばXiaomiと思い浮かぶほど低価格で優れたスマホを世に出し続けているXiaomiですが、OSにAndroidをカスタマイズ...
XiaomiのMIUIとピュアAndroidのUIや機能の違いを徹底解説!!
XiaomiのMIUIとピュアAndroidのUIや機能の違いを徹底解説!!今回はXiaomiのMIUIとピュアAndroidとのUIやデザイン、機能面での違いを徹底解説していきます。...

ハイエンドかつコスパの「Pocophone F」シリーズ

Xiaomiのスマホのラインナップ 「Pocophone F」シリーズ

Xiaomi「Pocophone F」シリーズは、ハイスペックと超低コストを実現した最高レベルのコスパスマホです。

2018年登場した「Xiaomi Pocophone F1」は、ハイエンドSoC、Snapdragon 845を搭載しRAMも6GB~からとハイエンド仕様にも関わらず30,000円台で登場し話題をさらいました。

しかし、2019年には2代目が出ていませんので1機種限りで終わる可能性が高そうです。

Xiaomiのスマホ「Redmi」のラインナップ一覧

それでは、独立ブランドになりクオリティーを上げながら高いコスパを実現する「Redmi」のラインナップを紹介していきます。

低コストとクオリティーを実現した「Redmi」シリーズ

Xiaomiのスマホ「Redmi」のラインナップ 「Redmi」シリーズ

「Redmi」シリーズは、「Redmi」ブランドの主力モデルで世界トップのコスパを実現しているミドルレンジモデルです。

スペックにより無印のモデルとより廉価版の「Redmi A」モデルに分けられます。

また、「Redmi」が独立したサブブランドになる前は、プラスチック素材を多用するコスパというよりコスト重視のモデルがメインでした。

しかし、「Redmi」がサブブランドになってからは、筐体に金属フレームやガラスを多用するようになり質感が急上昇。

更に、最新モデルの「Redmi 7」や「Redmi 7A 」ではSoCも低コスト向けのMediaTekからQualcommのSnapdragonに変更しそれぞれ、Snapdragon 632とSnapdragon 439を搭載しています。

フラグシップキラーの名を持つ「Redmi K」シリーズ

フラグシップキラーの名を持つ「Redmi K」シリーズ

「Redmi K」シリーズは、「Redmi」ブランドの中でも最もハイスペックのモデルです。

「Redmi」シリーズ同様、「Pro」モデルも存在しこちらはXiaomiのフラグシップモデル「Mi」シリーズと同等のスペックを誇ります。

また、「Redmi K20」2019年に登場した新シリーズで発表前からフラグシップキラーの名前の通りの50,000円を余裕で切る価格帯でフラグシップの性能を誇ります。

「Redmi K20」「Redmi K20 Pro」でそれぞれSnapdragon 730とSnapdragon 855で非常に高いスペックを誇ります。

特に「Redmi K20 Pro」はSoCだけでなくカメラも「Xiomi Mi 9」と全く同じSONY製IMX 586を軸にトリプルレンズカメラになっておりDxOMARKの得点を考えると驚愕のコスパを実現しています。

※日本を含む海外では「Xiaomi Mi 9T」や「Xiaomi Mi 9T Pro」と呼ばれています。

更に最新モデル「Redmi K30」と「Redmi K30 Pro」は、それぞれSnapdragon 730GとSnapdragon 865を搭載しカメラも64MPに順当に進化。
価格もそれぞれ25,000円~と47,000円~と性能を考えると異常なコスパを維持しています。

コスト重視のコスパモデル「Redmi Note」シリーズ

コスト重視のコスパモデル「Redmi Note」シリーズ

「Redmi Note」シリーズは、「Redmi」シリーズより高性能なミドルレンジモデルです。

スペックにより標準モデルの無印「Redmi Note」とハイパフォーマンスの「Redmi Note Pro」に分けられています。

「Redmi Note 8」「Redmi Note 8 Pro」ではSnapdragon 660、Helio G90Tがそれぞれ採用されておりミドルレンジの中でも非常にハイスペックな物となっています。

最新モデルの「Redmi Note 9s」は、元々インド向けモデルで「Redmi Note 9 Pro」のグローバルモデルでSnapdragon 720GをSoCに搭載したミドルレンジの中でもGPUが強化されたゲームにも適したモデル。

カメラも48MPを標準にした4眼とハイエンド顔負けの性能で有りながら20,000円台と相変わらずのコスパを実現しています。

また、「Redmi」がサブブランドとして独立した後の最初のスマホで発表時には、急激な質感とスペックの上昇に驚かされました。

価格面もそれほど上がることはなく更にコスパは上昇しています。

Xiaomi「Redmi Note 9S」レビュー!!待ち望んだ圧倒的コスパのスマホ
Xiaomi「Redmi Note 9S」レビュー!!待ち望んだ圧倒的コスパのスマホコスパが高いと言われるXiaomi「Redmi Note 9S」の安いだけでは終わらない、質と性能の高さをしっかりレビューしていきます。...

Xiaomiのスマホの「Black Shark」ラインナップ一覧

Xiaomiのスマホの「Black Shark」ラインナップ

「黒鲨科技」が発売する「Black Shark」は、ゲーミング向けのスマホです。

そのため、Xiaomiや競合のフラグシップスマホと同等の性能に冷却やディスプレイの反応やフレッシュレートを高めたモデルを発売しています。

最新モデルは「Black Shark 2」で、SoCにSnapdragon 855を搭載しディスプレイには2箇所の感圧センサーを搭載し60Hzのリフレッシュレートを実現。

更に価格も50,000円台からと異常なコスパとなっています。

created by Rinker
ブラックシャーク(Black Shark)

Xiaomiのスマホまとめ

Xiaomiはコスパの高い中華系スマホの中でも圧倒的にコスパが高いメーカーです。

公式での日本発売は2019年12月9日からなのでまだ日が浅く「Xiaomi Mi Note 10」1機種のみなのでちょっとさみしい状況。

しかし、中国では矢継ぎ早に新製品を投入してくるのでラインナップが多くわかりにくい欠点がありますが、その分様々なスマホがあるので自分の用途にあったスマホも見つけやすいでしょう!

既に廃盤になったモデルなどもネット上では掲載されていますので注意が必要ですが、どの商品を買ってもクオリティーが高くコスパが良いのでXiaomiはおすすめのメーカーです。

XiaomiのMIUIとピュアAndroidのUIや機能の違いを徹底解説!!
XiaomiのMIUIとピュアAndroidのUIや機能の違いを徹底解説!!今回はXiaomiのMIUIとピュアAndroidとのUIやデザイン、機能面での違いを徹底解説していきます。...
XiaomiのGame Turbo(ゲームターボ)の使い方と効果を徹底解説!!
XiaomiのGame Turbo(ゲームターボ)の使い方と効果を徹底解説!!今回はゲームをする人寄りのユーザビリティを考えて作られているXiaomiのGame Turbo(ゲームターボ)の使い方と効果を解説していきます。...
Xiaomi「Redmi Note 9S」レビュー!!待ち望んだ圧倒的コスパのスマホ
Xiaomi「Redmi Note 9S」レビュー!!待ち望んだ圧倒的コスパのスマホコスパが高いと言われるXiaomi「Redmi Note 9S」の安いだけでは終わらない、質と性能の高さをしっかりレビューしていきます。...
Android Oneとは?カスタムOSとの比較や違いを徹底解説!!
Android Oneとは?カスタムOSとの比較や違いを徹底解説!!Android OneとはどのようなOSなのか?メーカー製のカスタムOSに対してどのような違いがあるのか比較しながら徹底解説していきます。...
【2020年最新】スマホのベンチマークスコアランキング【Antutu GeekBench 5】
スマホのベンチマークランキング【Antutu GeekBench 5】スマホの[SoC]性能を計るメジャーなベンチマークアプリの【Antutu】と【Geekbench 5】の見方や[SoC]毎のスコアをランキング形式でグラフ化しました。...
「UMIDIGI」とは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!
「UMIDIGI」とは?スマホのラインナップとシリーズ一覧!!今回は、SIMフリー機の中でも圧倒的なコスパで人気急上昇中メーカー「UMIDIGI」のスマホのラインナップやシリーズを解説していきます。...