イヤホン

Bluetoothのプロファイルと確認方法についてざっくり解説!!

Bluetoothのプロファイルと確認方法についてざっくり解説!!

過去にBluetoothのバージョンクラスコーディック、について解説しましたが、自分の使用用途にあったBluetoothを探すには、プロファイルという存在も選ぶ上で重要です。

何故かと言うと、プロファイルはBluetoothの機器同士の通信に必ず必要になるからです。

機器同士が同じバージョンでも、プロファイルが同じでないと使用できない…なんて事も。

そんなわけで今回は、Bluetoothの機器同士の通信に重要なプロファイルついて確認方法も踏まえながらざっくり解説します!

Bluetoothのプロファイルとは

Bluetoothのプロファイルとは

Bluetoothをつなぐ各機器の種類ごとに、操作方法や同じ通信方式を可能にする為に標準化した規格の名称がプロファイルです。

文章だとなんだかややこしい感じがしますね…。

簡単に説明すると、「Bluetoothを使う機器同士が対応しているプロファイルを持っていれば通信でき、対応していない場合は通信する事はできません」って事です。

例えばスマホを使ってイヤホンを使用する場合、イヤホン側には[音を聞く]と[音の再生や停止操作が出来る]プロファイルが対応しているとします。

そして、スマホ側は[音を聞く]のプロファイルしか対応していないとします。

この場合、音を聞く事はできますが、音の再生や停止操作はできません。

「折角Bluetoothのイヤホンを購入したのに使えなかった」なんてならないように、対応しているプロファイルを事前に確認しておくことは結構重要になってきます。

また、プロファイルは何年も改訂されないプロファイルあれば積極的に改訂されるプロファイルもあり、細かく分けるとかなりの数があります。

Bluetoothのプロファイルの主な種類

Bluetoothのプロファイルの主な種類

Bluetoothのプロファイルはざっくりわけると5つの種類に分けられます。

ここからは良く使われているプロファイルも踏まえて種類ごとに解説していきます。

音関係のプロファイル

プロファイル名 機能内容
A2DP 音声をレシーバー付きヘッドフォン(またはイヤホン)に伝送する。
HSP/HFPと異なり、ステレオ音声・高音質となる。
GAVDP A2DP、AVRCPなどをサポートするための基本となるプロファイル。
ビデオストリームと音声ストリームを配信するために使用されます。
HSP Bluetooth搭載ヘッドセットと通信する。
モノラル音声の受信だけではなく、マイクで双方向通信する。
HFP 車内やヘッドセットでハンズフリー通話を可能にする。
HSPの機能に加え、通信の発信・着信機能を持つ。
VDP ビデオ配信をする。

音関係のプロファイルは、主に音や音声を送ったり受け取るなどといった内容の物です。

[HSP]の様に単純にヘッドセットから音声を流すだけの物や、[HFP]の様に音声を流すだけでなく、少し進化してハンズフリーにする為に通話の発信機能を加えた物などもあります。

そして、音関係のプロファイルで最も良く使用されているのが[A2DP]です。

特に[A2DP]はイヤホンには必須のプロファイルで、これが無いとステレオで、かつ高音質で音楽が聞けません。

少しややこしいのが、[A2DP]にはコーデックが複数定義されているのでプロファイルが対応していてもコーデックが違うため接続できない場合もあるので注意が必要です。

通信系のプロファイル

プロファイル名 機能内容
LAP Bluetoothを利用して無線LANを構築する。
DUN 携帯電話・PHSを介してインターネットにダイヤルアップ接続する。
PAN 小規模ネットワークを実現する。
ICP 同一ネットワーク内にあるBluetooth搭載携帯電話同士を公衆電話網を介さずに直接、接続させる。

通信系のプロファイルはネットや複数の小規模ネットワークなどにつなぐといった内容の物です。

[DUN]の様にダイヤルアップ接続する物や、[LAP]の様に無線LANの変わりに通信してくれる物など様々。

また、最も利用される機会が多いのが[ICP]で携帯電話網などを経由せず直接接続できる機能のプロファイルです。

具体的には、お店の店員がやイベントなどで利用されるインカムなどに使われています。

データ転送系のプロファイル

プロファイル名 機能内容
OPP 名刺データの交換などを行うためのプロファイル。
SYNC 携帯電話・PHSやPDAと、PCとの間で、スケジュール帳や電話帳のデータ転送を行い、自動的にアップデートする。
BIP 静止画像を転送する。
PBAP 電話帳のデータを転送する。
OBEX データ転送プロファイルの一つで、実装しているとデータ送受信時にOBEX認証パスキーの入力を接続相手に要求する。
GOEP ファイル転送の基礎として機能する。
HCRP プリンタへの出力を無線化する。
HDP 健康管理機器同士を接続する。

データ転送系のプロファイルは、パソコン同士や携帯同士でのデータ転送や送るデータの内容まで細かく分けられています。

[BIP]の様に画像だけを転送する為だけの物から[OBEX]の様に複数の機器でのファイルをやり取りし認証パスを要求できる物まであります。

変わりどころで言うと[HDP]で、主に医療機器や健康機器などで採用されており、少ないですがスマホでも採用している端末もあります。

周辺機器の接続と操作系のプロファイル

プロファイル名 機能内容
SPP Bluetooth機器を仮想シリアルポート化する。
HCRP プリンタへの出力を無線化する。
BPP プリンタへ転送・印刷する。
AVRCP 再生・停止などのAVリモコン機能。
FAX PCからFAXを送信する。
FMP 遠隔からアラームやバイブレーションを鳴動させ、装置の場所を調べる。

周辺機器の接続と操作系のプロファイルは、単にFAXを送信を操作するだけの物や、マウスなどの機器を接続をして操作する物などがあります。

[HCRP]の様にプリンターに印刷するデータ送るだけといった単純な内容のプロファイル多いですが、[FMP]の様に置き忘れた機器の場所を特定するために音やバイブレーションで知らせてくれるといった便利なプロファイルもあります。

認証検索系のプロファイル

プロファイル名 機能内容
SDAP 他のBluetooth機器が提供する機能を調べる。
PXP 接続した2つの機器間の距離をモニタリングする。
DIP デバイスの認識等のために必要なデバイス固有の情報を提供する。
GAP 機器の接続/認証/暗号化を行う。
GATT デバイスが保持しているデータ要素の検索方法や、書き込み・読み出し・プッシュをおこなう

認証検索系のプロファイルは、通信相手の機能の検索や、機器との距離を測定する物があり、中にはBluetooth対応する上で必須になる物があります。

特に重要なプロファイルは[GAP]と「GATT」です。

[GAP]は、接続する機器の暗号化や認証を行うといった物ですが、Bluetoothのバージョン4.0以降のBLEにおける最上位の定義であり、BLE機器はこの[GAP]プロファイルに従って実装されています。

そして「GATT」はデータ層の最上位となる定義で、すべてのBLEデバイスは[GATT]をもとにデータのやり取りをしています。

現在Bluetooth対応するには少なくとも[GAP]と「GATT」の2つが必須のプロファイルです。

また、Bluetoothのバージョンについてはこちらをご覧くださいませ!

Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!
Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!Bluetoothのバージョンにスポットをあてて違いについてざっくり解説していきます。...

イヤホンで使われるBluetoothのプロファイル

イヤホンで使われるBluetoothのプロファイル

Bluetoothの主なプロファイルの種類がわかったところで、ここからはイヤフォンで主に使われる4つのプロファイルについて順に解説していきます。

イヤホンでは必須の「A2DP」

音を流すのに必要なのが[A2DP]。

内容は高音質な音楽をステレオで聞くためのプロファイルなのですが、[A2DP]と密接に関わってくるのがコーディックです。

基本的に主に使われるコーディックは「SBC」、「AAC」、「aptX」の3種類。

[A2DP]に必須になるのが「SBC」なので、基本セットになっていると思って良いでしょう。

しかし、「AAC」や「aptX」は極端に安いワイヤレスイヤホンの場合、対応してないケースが多いので、音質や遅延を気にする場合は確認がマスト。

また、Bluetoothのコーデックについてはこちらをご覧くださいませ!

Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!
Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!今回は、スマホとワイヤレスイヤホンを選ぶときに超重要なコーデックの特徴や互換性について徹底的に解説していきます。...

操作に関係する「AVRCP」

音の再生や停止、巻き戻しや早送りなどの操作に関して必要なプロファイルです。

再生や直接音量などの操作を音楽プレーヤーなどで直接操作する人には必要のない物かもしれません。

スマホでイヤホンを使用している場合は電話が来たときの切り替えも出来るのでやはり便利。

ヘッドセッドに必須のプロファイル「HSP」

ヘッドセットなどの機器でモノラル通話を可能にするためのプロファイル。

通話用のヘッドセットにはまずついています。

モノラル通話用のプロファイルなので必要最低限の機能しかありません。

ヘッドセットの操作に使える「HFP」

HSPの通信機能を備えた上位互換のといった感じです。

HSP機能に加え、通話開始操作や着信機能やハンズフリーなども使用可能になるプロファイル。

通話用のヘッドセットには殆どの場合がHSPと一緒に搭載されていますが、[A2DP]を搭載していない場合は「通話は出来ても音楽が再生できない…」といった問題がおきるので、ヘッドセットで音楽を聞こうと考えている人は必ず確認しましょう!

Bluetoothのプロファイルの確認方法

Bluetoothのプロファイルの確認方法

 

Bluetoothのプロファイルの確認方法は、取り扱い説明書や企業ページでの確認する事ができます。

多くの場合各メーカーの「Bluetoothの仕様」などと表記されているページにバージョンやプロファイルが記載されています。

スマホでイヤホンを使用する場合は、家電量販店などで売られているイヤホンの殆どがBluetoothのバージョン4.0以降のBLE対応なのでプロファイルの確認をする必要性はありません。

しかし、ヘッドセットなどを購入しようとしている人はプロファイルの違いによって音楽が再生されない場合もあるので事前に確認しましょう。

Bluetoothのプロファイルまとめ

Bluetoothはバージョンクラスコーディックに加えプロファイルと結構詳しい人じゃないと分かりにくいし、何を優先に選んだら良いのか一見分からなくなりますよね。

しかし、スマホとワイヤレスイヤホンなどの組み合わせであれば、殆どの場合互換性があるので、音質や遅延を気にする人はコーディックのみ意識して選ぶのがおすすめです。

Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!
Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!Bluetoothのバージョンにスポットをあてて違いについてざっくり解説していきます。...
Bluetoothのクラスの違いについてざっくり解説!!
Bluetoothのクラスの違いについてざっくり解説!!そんなわけで今回は、Bluetoothの違いや異なるクラス同士を使った場合、そして通信距離を伸ばす方法も交えてざっくり解説していきます!...
Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!
Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!今回は、スマホとワイヤレスイヤホンを選ぶときに超重要なコーデックの特徴や互換性について徹底的に解説していきます。...