イヤホン

Bluetoothのクラスの違いについてざっくり解説!!

Bluetoothのクラスの違いについてざっくり解説!!

以前にBluetoothのバージョンによる違いについて書きましたが、Bluetoothにはバージョンの他にも(class)クラスと言う物が存在します。

このクラスはBluetoothの出力や通信距離によって分けられていて、意外と知らない人もいるのではないでしょうか?

そんなわけで今回は、Bluetoothのクラスの規格毎の違いや異なるクラス同士を使った場合の互換性、そして通信距離を伸ばす方法も交えてざっくり解説していきます!

Bluetoothのクラスとは?

Bluetoothのクラスとは?

Bluetoothのクラスとは、電波の最大出力や到達距離を規定した名称の事です。

これだけだと少し難しい感じがしますが、簡単に説明するとBluetoothの通信出来る距離をクラスと言う規格で分けていると言う事ですね。

そして、クラスはBluetoothの電波が届くギリギリの距離、つまり最大通信距離によって「クラス1」、「クラス2」、「クラス3」の3つの種類に分けられています。

クラスによってそれぞれ最大出力と最大通信距離が異なるので、Bluetoothを使用する距離が気になる人にはBluetooth選びでポイントになってきます。

Bluetoothのクラスの種類による違い

Bluetoothのクラスの種類による違い
クラスの種類 最大出力 通信最大距離
クラス1 100mW 約100m
クラス2 2.5mW 約10m
クラス3 1mW 約1m

分かりやすいように簡単な一覧表にしてみました。

最大と最小では通信できる距離で100倍ほど差があります。

それでは、クラスの種類の説明とBluetoothのクラスで重要なポイントについて触れていきます。

通信距離重視の「クラス1」

最大出力が100mW、通信最大距離が100mと3種類あるクラスで最強。

最近では「クラス1」対応の商品も一部のマウス、イヤフォン、スマホ、と少しずつ増えてきてはいるものの、まだまだ対応製品は少なく多くの場合「クラス2」が採用されて言います。

また、「クラス1」では主にマイクやスピーカーなどの屋外で広い場面で使う商品に使われている事が多いです。

確かに100m以上で使う物ってマイクやスピーカーぐらいしか思い浮かばないんですよね…。

バランスに優れた「クラス2」

最大出力が2.5mW、通信最大距離が10mと3種類あるクラスで一番採用されることが多いクラスです。

また、通信最大距離が10mとスマホにも相性がいいので、殆どのスマホが「クラス2」を採用しているのが多いのも納得です。

その他にも、ヘッドホン、イヤホン、キーボード、マウス、コントローラー、スマートウォッチなど隣接して使う機器に出力と通信距離のバランス的に非常に相性がいいです。

消費電力重視の「クラス3」

最大出力が1mW、通信最大距離が1mと3種類あるクラスで一番最弱。

そして今まで出会った事がない「クラス3」…。

現在のBluetoothでもっとも採用されているのが「クラス2」、少しずつ増えてきたとは言えまだまだ少ない「クラス1」と、この2つのクラスが全体の殆どなので、「クラス3」の商品を探すのが難しいレベルです。

Bluetoothのクラスで重要なのは最大出力

パッと上の表だけ見ると「クラス1」が一番最大通信距離が長く約100m、そして逆に「クラス3」が最大通信距離が一番短く約1m、と最大通信距離に目が行きがちですが、一番注目しないといけないのが最大出力の部分。

「クラス1」だからと言って必ず100mWにしないといけないわけではないので、「クラス1」でも10mWの物もあります。

ぶっちゃけ2.5mW以上で100mW以下の出力の場合は「クラス1」の種類に入ってしまうんです。

更にいうと、Bluetoothは、2.4GHzを使うのでLTEのような免許制ではないとはいえ、電波法で利用法が定められています。

具体的には、小電力データ通信システムの無線局に区分けされ、技適を通すと10mWが法的出させる最大出力のため「クラス1」といえで最高でも最大値の1/10です。

そのため、「クラス1」対応だからといって「100mの距離に対応している!」とは成りませんので勘違いしないようにしましょう。

※上の表にはありませんが、「クラス1」と「クラス2」の中間で最大出力10mW、最小出力0.01mW、最大通信距離が数10mの出力の製品を「クラス1.5」と称する場合もあります。

Bluetoothの違うクラス同士を使う場合

Bluetoothの違うクラス同士を使う場合

先に結論を言うと、Bluetoothの違うクラス同士を使う場合は最大通信距離が短い方に合わせて接続されます。

例えば最大通信距離100mの「クラス1」対応のイヤホンと、最大通信距離10mの「クラス2」対応のスマホを繋げた場合は、「クラス2」の10mの距離までとなってしまいます。

互換性があると言うよりも通信できなくなる距離になったら途切れてしまうといったイメージですね。

スマホは基本的に「クラス2」を採用しているのが殆どなので、気にする必要はないと思いますが、家の中を動き回りながら音楽をイヤホンで聞きたい人はスマホもイヤホンも「クラス1」で統一する事をおすすめします。

そうすればすくなくとも国内では、10mwの出力はだせるので比較的途切れにくくなりますからね。

Bluetoothの通信距離の問題を解決する方法

Bluetoothの通信距離を伸ばす方法

使用しているBluetoothの「クラス2」で最大距離が10mのはずなのに半分の5mくらいで通信が切れてしまうなんて事があると思います。

何とかして通信距離を伸ばしたい…イライラする…。

しかし、特殊な機器を無理矢理使って通信距離を伸ばすのは電波法に引っかかってしまいます…。

とはいえ、正攻法で通信距離を解決する事は可能です!

というわけで、ここからはBluetoothの通信距離の問題を解決する3つの方法を紹介していきます。

①Bluetoothクラス1の製品で統一する

選択肢や実質的なコストは増大しますが、そもそも「クラス1」の製品で統一することで最大10mWの出力による通信の恩恵を受ける事ができます。

PCの場合は「クラス1」のモジュールを付ける事でPCを「クラス1」対応にして通信距離を伸ばす事ができます。

スマホなどの場合は早い段階で「クラス1」を採用しているGalaxyシリーズを筆頭にXperiaシリーズや、ハイエンド機に限られますがAQUOSシリーズなど多くのハイエンドスマホが「クラス1」を採用しているので、接続する側のイヤホンも「クラス1」の物を選ぶ事で「クラス1」の距離の恩恵を得ることで通信距離問題を解決できます。

②Bluetoothに干渉する障害物の排除

Bluetoothの通信の近くに電子レンジなどの電子機器があると鑑賞して距離が短くなってしまう事があります。

電子機器の中にはスマホ、PC、イヤホン、最近ではスマートウォッチなどもあります。

この場合は鑑賞していると思われる電子機器を移動して取り除いて上げる他に、電源を落とす事で解決できます。

特に電子レンジはかなり電波を発するのでBluetoothに限らずWi-Fiにも影響が出ることが多いためできる限り近場では使わないようにしましょう!

③Bluetoothを使用する場所を変える

障害物の中には壁など動かせない場合の物もあります。

しかし、「壁に穴をあける…」なんて事は無理ですよね。

通常の木材の壁なら遮断率は比較的低いですが、マンションに住んでいる場合はコンクリートの壁のケースもあります。

コンクリートは遮断率が高いのでなかなか改善は難しいですが、Bluetoothを使用する場所を変える事で通信距離の問題を解決出来る事もあります。

Bluetoothを遮断する障害部がない場所を選び②の解決方法と組み合わせることでより効果が高まります。

Bluetoothのクラスの確認方法

Bluetoothのクラスの確認方法

Bluetoothのクラスの確認方法は商品のパッケージ裏の記載や企業のホームページで確認する事が出来ます。

両方ともBluetoothの機能の覧に出力と記載してある部分があるので、そこにクラスの種類の記載がされています。

購入する前に事前にBluetoothのクラスの確認する事で通信距離のトラブルを事前に回避しましょう!

また、主にBluetoothの対応バージョンも記載しているのでバージョンも一緒に確認するのをおすすめします。

Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!
Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!Bluetoothのバージョンにスポットをあてて違いについてざっくり解説していきます。...

Bluetoothのクラスの違いについてまとめ

Bluetoothのクラスは最大出力と通信最大距離の2つの要素によって3種類に分かれています。

とはいえ、殆どの場合が「クラス1」か「クラス2」なのでよほど特殊な使い方をしなければ現状通信状況で困ることはないでしょう。

逆にクラス以外で通信状況が良くない場合は周囲の障害物に目を向け改善を図るなどをしたうえで、デバイスを変えることをおすすめします。

特にイヤホンなどでは、音をリアルタイムで楽しむというシビアな環境なデバイスなのでメーカー側のアンテナのノウハウによりかなり安定性に差がでますからね。

Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!
Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!今回は、スマホとワイヤレスイヤホンを選ぶときに超重要なコーデックの特徴や互換性について徹底的に解説していきます。...
TWSとは?完全ワイヤレスイヤホンの伝送方式を徹底解説!!
TWSとは?完全ワイヤレスイヤホンの伝送方式を徹底解説!!今回はTWS(完全ワイヤレスイヤホン)の伝送方式の種類と特徴を徹底解説していきます。...
イヤホンメーカーを一覧で徹底解説!!
完全ワイヤレスイヤホンメーカーを一覧で徹底解説!!膨大なメーカーが参戦し、過渡期で進化の激しい完全ワイヤレスイヤホンを提供する人気メーカーを一覧で紹介していきます。...
Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!
Bluetoothのバージョンによる違いをざっくり解決!!Bluetoothのバージョンにスポットをあてて違いについてざっくり解説していきます。...
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!今回は4,000円台で完全ワイヤレスかつaptX対応のAnker「Soundcore Life P2」をレビューしていきます。...
Anker「Soundcore Liberty Air 2」レビュー!!フラットな音質と使い勝手の良いイヤホン!!
Anker「Soundcore Liberty Air 2」レビュー!!フラットな音質と使い勝手の良いイヤホン!!今回はAnker「Soundcore Liberty Air 2」の音質や使い勝手を中心にガッツリレビューしていきます。...