キーボード

バッファロー「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!

バッファローの「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!

キーボードジプシー状態となり、早くも5台目を購入してしまいました。

現在、最も使いやすのがHAVITのメカニカルキーボード「HV KB395L JP」です。

青軸にしては控えめな音とはいえ、あまり人前では使いにくいので格安で快適なタイピングができるキーボード探しにハマっています。

というわけで、今回はAmazonのランキングにも入っている、薄型メンブレンでバッファローのキーボード「bskbu15bk」を購入しました。

バッファローの「bskbu15bk」は、1,000円を切る価格に帯の商品でありながら高速タイピングも可能で、かなり快適に利用できます。

というこで、バッファロー「bskbu15bk」をレビューしていきます!

バッファロー「bskbu15bk」の概要と特長

バッファロー「bskbu15bk」の概要と特長バッファローの「bskbu15bk」は、薄型のメンブレンかつ、フルピッチの10キー付きのキーボードです。

キーストロークは、2.7mmなっており打鍵感とのバランスが取れていて、1,000円未満で買えるキーボードとは思えない仕上がりとなっています。

色は、BLACKとWHITEの2色展開です。
今回私が購入したのは、BLACKの艶消しタイプですが価格を考えるとデザイン、質感ともに高く満足できる商品です!

バッファロー「bskbu15bk」のスペック

バッファロー「bskbu15bk」のスペック

まずは、スペックから見ていきましょう!
以下、バッファロー「bskbu15bk」のスペック表です!

バッファロー bskbu15bk
テンキー 有り
キースイッチ メンブレン
インターフェイス USB Type-A
キー配列 日本語108キー
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.7mm
角度調節機能 なし
Winキーロック 有り
高さ・幅・奥行き 23mm×419mm×130mm
重量 400g
対応OS Windows PlayStation4 PlayStation3

何気に、PlayStation4やPlayStation3に対応していますね。

しかし、Nキーロールオーバーもないですし、ゲーミング用って感じはしませんね。

バッファロー「bskbu15bk」のデザイン

それでは開封とデザインを見ていきましょう!

昔ながらのよくある「外箱」

バッファロー「bskbb15bk」のデザイン 昔ながらのよくある外箱外箱は正直、めちゃくちゃ質感が低いです…。

基本的に一度開封してしまえば、使うことはないので気にしませんが、この辺は値段の影響からかコストカットが伺えますね。

Anker「ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」とは大違い(笑)

ビニールに梱包された「キーボード」

バッファロー「bskbb15bk」のデザイン ビニールに梱包されたキーボード上記は開封直後の写真です。

普通に、透明な袋に入っていてます。

傷や汚れなどは皆無です。

キーボードと取り扱い説明が入った「同梱物」

バッファロー「bskbb15bk」のデザイン キーボードと取り扱い説明が入った同梱物同梱物は、キーボード本体と本体にくっついているUSBケーブル、そして説明書です。
説明書と保証書が一緒になっているタイプですので、捨てないように注意しましょう!

薄く設計された「側面」

バッファローの「bskbb15bk」のデザイン 薄く設計された側面上部から見ただけだと、パンタグラフタイプのキーボードに見えますが、薄型とはいえ側面からみると多少厚みがあります。

最近は、薄型のメンブレンキーボードも多くでており、遠目ですとパンタグラフと区別がつきにくくタイピングするか、側面から確認しないと区別が付きません…

無駄のないシンプルな「背面」

バッファロー「bskbb15bk」のデザイン 無駄のないシンプルな背面固定方法は、四隅のゴムで固定するスタンダートなタイプですね。
ゴムが小さめなので、安定感に不安が有りましたが、問題なく使用可能です。

1つ残念なポイントは、角度調整機能がない点です。
そのため、殆ど角度がついていないため、上のキーが多少遠く感じてしまいます。
慣れれば問題ないと思いますが、複数のキーボードを使っている場合は、感覚にズレが生じますので注意が必要です。

関係ない話ですが、撮影中にドロイド君をキーボードの上に乗せていたら落ちてしまい触覚が折れてしまいました(笑)

バッファロー「bskbu15bk」の打鍵感と打鍵音

バッファロー「bskbu15bk」の打鍵感は、押下圧の重さから来るクリック感がメンブレンにしては強いタイプです。
とはいえ、キーストロークが短いため軽快にタイピング可能です。

また、押上圧(キーの戻り)も強いので、キーストロークの短さと相まって、高速タイピングがしやすい打鍵感となっています。

しかし、私の感覚的な主観になってしまいますが、キートップがフラットであることやスッテップスカルプチャー構造と角度調整機能がないこともあり、利用直後はミスタッチ増えてしまいました。

薄型なのでスッテップスカルプチャー構造は難しいとは思いますが、キートップに窪みのあるシリンドリカル構造や角度調整機能があると更に上質な打鍵感を得られるように感じます。

逆に、パンタグラフなどに慣れている場合は、このタイプの方が馴染みやすいので好みが分かれる部分かなと。

また、メンブレンでは比較的珍しいアイソレーションタイプなので、最近のアイソレーションタイプのノート型パソコンとの併用ではマッチすると思います。

打鍵音に関しては、現在5つのキーボードのレビューをした中で最も静かにタイピング可能です。

音の質的には、パンタグラフの「ペチッ」とした音とメンブレンの「パスッ」とした音の間ぐらいで個人的には結構好みです。

購入を検討してる方は、上記動画で一度参考にしてみてくださいませ!

バッファロー「bskbu15bk」の4つのメリット

素晴らしいところが、たくさんあるバッファロー「bskbu15bk」の大きなメリットは以下の4点です。

4っつのメリット

①コストパフォーマンスが高い
②シンプルで飽きのこないデザイン
③Play Stationに対応
④高速タイピングしやすい

①コストパフォーマンスが高い

メンブレン方式でありながら、浅めのキーストローク高速タイピングに向いた押下圧と戻りの速さ、そしてシンプルなデザインなど長所がしっかりしつつ格安の1,000円未満ということで非常にコストパフォーマンスが高いです。

一日中タイピングするなどの用途でなければ十分実用的ですので、価格の安さを考えると非常に満足のいく作りになっています!

②シンプルで飽きのこないデザイン

バッファロー「bskbu15bk」のデザインは、非常にシンプルで、私の買ったBLACKモデルはつや消しなので、質感的にも値段の安さを感じさせません。

とはいえ、格安のキーボードですので高級感があるわけではないので購入時は過度な期待はしないようにしましょう。

③Play Stationに対応

「bskbu15bk」は、Play Station3と4に対応しています。

現段階では、試せていないですがビジネス用途系のキーボードにも関わらずCS機に公式対応をしているので幅に広い用途で使用可能です。

④高速タイピングしやすい

高速タイピングには、かなり向いているキーボードです。

感覚的な部分でいうと、キーストロークの短さだけでなく、キーの戻りが早いので高速でタイピングしても余裕でキーが戻っています。

バッファロー「bskbu15bk」の2つのデメリット

使ってみて少し不便を感じたり、満足度できなかった箇所が以下の2点です。

2つのデメリット

①「Delete」キーの位置
②長時間のタイピングではやや疲れやすい

①「Delete」キーの位置

バッファロー「bskbb15bk」の2つのデメリット ①「Delete」キーの位置

「Delete」キーの位置は、上記の写真の通りやや特殊な位置にあります。

多くの108、109キーボードと配置でいうと「bskbu15bk」の「Home」キーの部分に「Insert」キーを配置し、「Insert」キーを配置の部分に「Delete」キーを配置しています。

ところが「bskbu15bk」は、「Home」キーが上部に来ているため、必然的に「Delete」キーが一段下がってしまっています。

私は「Delete」キーの使用頻度が低いのでそこまで不便しませんが、「Delete」キーの使用頻度が高く、他のキーボードと併用して使う場合はミスタッチが頻発する可能性が考えれられます。

②長時間のタイピングではやや疲れやすい

高速でタイピングに適している代償として、長時間のタイピングではやや疲れやすい特性を持っています。

底打ち時のクリック感の強さや戻りの速さがあるため、軽い打鍵感のキーボードと比べると力が必要でその分長時間の利用では疲れます。

私もこの記事を書くのに1時間以上連続でタイピングしましたが、普段メインで使っているメカニカルキーボードの「HV KB395L JP」に比べ疲れてしまいました。

この特性から静電容量無接点方式やメカニカルキーボードの赤軸やピンク軸、銀軸などで底打ちしない撫でるようなタイピングをしている人にはちょっと厳しいように感じます。

バッファロー「bskbu15bk」がおすすめの人

バッファロー「bskbu15bk」は、ノートパソコンを普段から使っている人が併用や乗り換えする場合や高速タイピングを求める人には、非常に親和性が高いキーボードです。

特にノートパソコンとの併用や乗り換えでは、感覚的な違和感を最小限に抑えつつ、より質の高い打鍵感を得られます。

逆に、長時間のタイピングや押下圧の低いメカニカルキーボードや静電容量無接点方式のキーボードを使っている人は向いていません。

特に撫でるようなタイピングをしてい場合、普段しなくていい底打ちでタイピングする必要があるため長時間のタイピングではかなり疲れてしまうでしょう。

とはいえ、価格的にもコストパフォーマンスはかなり高いので、キーボードに拘りがない人にはおすすめです。

バッファロー「bskbu15bk」レビューのまとめ

バッファローの「bskbu15bk」は、格安でありながら特長をしっかり加えた非常にコストパフォーマンスに優れたキーボードです。

逆に、高速タイピングなどの特性に最適化してる分、長時間での利用では疲れがでるなど欠点はありますが、利用用途を把握して購入すれば快適な利用ができる素晴らしいキーボードです。

キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!
キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!メカニカルでは珍しい薄型青軸メカニカルキーボード「HV KB395L JP」をがっつりレビューしていきます!...
サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード
サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード今回は、その1,000円以下のキーボードでキーボードランキングの3位に入っているサンワサプライ「skb-l1ubk」を購入したのでレビューしたいと思います。...
「SEENDAワイヤレスキーボード」レビュー!!スタイリッシュなパンタグラフキーボード「IWG-WJKB01」
「SEENDAワイヤレスキーボード」レビュー!!Appleチックでスタイリッシュなパンタグラフキーボード「IWG-WJKB01」デザインがカッコいいだけでなくワイヤレスで充電式と言うことなし!ということで、今回は格安でスタイリッシュなデザインの「SEENDAワイヤレスキーボード」をレビューしていきます。...
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード今回はバッファロー「bskbu105bk」を「bskbu15bk」との比較を交えてレビューしていきます!...
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード格安で快適なタイピングができるキーボードを求めて、数々のキーボードを購入してきました。 購入したキーボードの中でもバッファロー「b...
エレコム「TK-FCP097BK」レビュー!!キートップ下に鉄板を内蔵した極薄コンパクトなパンタグラフキーボード
エレコム「TK-FCP097BK」レビュー!!キートップ下に鉄板を内蔵した極薄コンパクトなパンタグラフキーボードエレコムの薄型パンタグラフキーボード「TK-FCP097BK」の打鍵感や使い勝手をレビューしていきます。...
ロジクールの「k270」レビュー!!Unifyingレシーバ対応のスグレモノ!
ロジクール「K270」レビュー!!Unifyingレシーバ対応バランス型キーボード!!Amazonキーボード売れ筋ランキング1位のロジクール「k270」はどのような使用感なのかレビューしていきます。...