キーボード

バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード

バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード

安価な1,000円を切るコスパの良いキーボードは探せば結構見つかるものです。

前回、Amazonのキーボードの売れ筋ランキング4位のエレコム「tk-ffcm01bk」をレビューしましたが、非常に出来の良いキーボードで驚きました。

流石キーボードの売れ筋ランキングに乗るだけあるとつくづく思いましたよ。(笑)

キーボードの売れ筋ランキングにはまだ1,000円以下で購入できるキーボードがあるので使用感を試すべく今回も購入してきました。

Amazonのキーボードの売れ筋ランキング9位のその名もバッファロー「bskbu105bk」です。

このキーボードは、以前1,000未満で購入したアイソレーションのバッファロー「bskbu15bk」のベーシックバージョンです。

ということで、今回はAmazonのキーボードの売れ筋ランキング9位のバッファロー「bskbu105bk」のレビューをしていきます!

バッファロー「bskbu105bk」の概要と特長

バッファロー「bskbu105bk」の概要と特長

バッファロー「bskbu105bk」は一般的によく見かけるベーシックなタイプのキーボードです。

本体の最下端を曲線としたカーブデザインにすることで手首と親指にかかる負担を軽減する構造になっており、PlayStation4やNintendo Switchなどのゲーム機にも対応しているのでゲーム用としても使用できます。

同じく1,000円以下のバッファロー「bskbu15bk」のシンプルなデザインと比べてしまうと見ため的に劣ってしまいますが、1,000円以下で普段使いやゲーム用としても使用できるキーボードとして見てもお得感があります。

バッファロー「bskbu105bk」のスペック

バッファロー「bskbu105bk」のスペック
バッファロー「bskbu105bk」
テンキー 有り
キースイッチ メンブレン
インターフェイス USB Type-A
キー配列 日本語108キー
押下圧 不明
キーピッチ 19mm
キーストローク 3mm
角度調節機能 二段階
Winキーロック 不明
高さ・幅・奥行き 23mm×441mm×148mm
約520g
対応OS Windows 10/8.1/7/PlayStation4/Nintendo Switch

やはり1,000円以下でPlayStation4やNintendo Switchに対応しているのが特徴的です。

日本語108キー付きでキーピッチが19mmと馴染みのあるメンブレンのフルキーボードなので使い勝手は良いです。

バッファロー「bskbu105bk」のデザイン

それでは、バッファロー「bskbu105bk」の開封も交えてデザインも見ていきましょう!

赤を貴重としたお馴染みの「外箱」

バッファロー「bskbu105bk」のデザイン「外箱」

外箱はバッファロー「bskbu15bk」同様に質感が低いです。

コストカットの影響を伺えるとはいえ、きちんとキーボード本体の写真がプリントされているので外箱からでもキーボードの外観が確認ができるのはいいですね。

エレコム「tk-ffcm01bk」のダンボール丸出しに比べると遥かに良い(笑)

隙間なく埋められた「本体」

バッファロー「bskbu105bk」のデザイン「本体」

上の写真は開封後の状態です。

隙間なく外箱に本体が埋められていましたが、問題なく取り出せました。

説明書と一緒になっている「保証書」

バッファロー「bskbu105bk」のデザイン「保証書」

同梱物は説明書だけなので、開封時に中身の部品が多い場合ごちゃごちゃになって必要な部品をなくしてしまう心配がないのは気持ちが楽ですね。

保証書は説明書の一緒になっていて、使用するときにはハサミなどで切り取ってタイプになっているので大切に保管して起きましょう!

下に向かって細くなる「サイド部分」

スタンドがついているので二段階にわけて使用することができます。

作りもサイドからよく確認するとわかるのですが、タイピング時に打ちやすい用に若干傾斜がつけられているのが確認できます。

排水用の穴と疑惑の滑り止めがある「本体裏」

バッファロー「bskbu105bk」のデザイン「本体裏」

バッファロー「bskbu105bk」には排水機能が付いているので本体裏の穴から液体などをこぼした際に流れ出る構造になっています。

写真では分かりづらいですが滑り止め用のゴムは…、左右の大きさがだいぶ違っていました。

左の滑り用のゴムが大きい為タイピング時にキーボードが「カタカタ」と動き、挙句の果てに左を軸にしてキーボードが簡単に滑ります…。

バッファロー「bskbu105bk」の打鍵感と打鍵音

バッファロー「bskbu105bk」の打鍵感は、バッファロー「bskbu15bk」と比べるとキーの重さも軽くクリック感も薄いのでソフトなタッチでタイピング可能です。

また、本体の構造が傾斜しているとこやキートップにシリンドリカル構造を採用しているため、ミスタイプが少なくタイピングできました。

打鍵音は一般的なメンブレンキーボードより低音が弱く音量も小さく聞こえますが、空を切るような「パスッパスッ」といった音は安っぽく感じてしまいます。

残念なのが動画で見てもわかるように滑り止め用のゴムの部分の高さが左右であっていないため、気をつけてタイピングしているのですが打ち込み時にキーボード本体が「ガタガタ」と動いてしまうのが結構ストレスになりました。

バッファロー「bskbu105bk」のメリット

バッファロー「bskbu105bk」のメリットは以下の3つです。

3つのメリット

①PlayStation4やNintendo Switchに対応している
②傾斜とシリンドリカルによるタイピングが打ちやすい作り
③手首と親指にかかる負担を軽減するカーブデザイン

①PlayStation4やNintendo Switchに対応している

日本語108キー付きでキーピッチが19mmと一般的なメンブレンのフルキーボードなので使い勝手が良いのに加えてPlayStation4やNintendo Switchに対応しているのは大きなメリットです。

一つのキーボードで2つの用途を使うことができるので余計に場所を取らずに済みます。

また、1,000円以下の金額で購入出来るので失敗を恐れず購入可能です(笑)

②傾斜とシリンドリカルによるそこそこの打鍵感

キーの傾斜とキートップがシリンドリカルになっていることで角度による指の位置やキートップのフィット感を増すことで、タイピングがよりしやすく打ちミスを防ぐ作りになっています。

③手首と親指にかかる負担を軽減するカーブデザイン

本体の最下端を曲線としたカーブデザインの構造にすることで手首と親指にかかる負担を軽減してくれます。

実際、どういう事かと言うとスペースキーの下の面積を大きくして台を作ることで、親指の位置を高く保つ事できるので、親指を置く時や動かす際に負担を減らしてくれるんです。

バッファロー「bskbu105bk」のデメリット

バッファロー「bskbu105bk」のデメリットは1つです。

1つのデメリット

①本体がガタガタ揺れる

①本体がガタガタ揺れる

これは私に限ってのことなのかわかりませんが、滑り止め用のゴムの部分の高さが左右であっていないため若干ガタついてしまいタイピングがまともに出来ませんでした。

特にガラスの用に滑りやすい机で使用するとキーボード本体の左下を起点にコンパスの用に簡単にスライドしてしまいます。

キーボード本体に振動を与えないようにタイピングすれば打つことは可能ですが、もともとキーボードは叩いて入力する物なので非常に不便でした。

1,000円未満なので過度は期待はしてないとはいえ、非常に残念です。

バッファロー「bskbu105bk」がおすすめの人

バッファロー「bskbu105bk」がおすすめな人は、安い価格で打ち安さや指や手首の負担を軽減するキーボードを探している人やゲーム用にお試しで購入しようと迷っている人です。

特に1,000円以下の金額で普段使い用キーボードとゲーム用キーボードを1つのキーボードでまかなえてしまうのはポイントが高いです。

逆にバッファロー「bskbu105bk」がおすすめ出来ない人は、私の用に不良品などでストレスを感じる人です。

安く商品を提供できるのは何かしらのコストカットを行っていますが、今回の用にキーボードの打ち込みなどその製品の肝になる部分の不良は結構深刻だと思います。

とはいえ、滑り止め用のゴムの部分以外は非常にコストパフォーマンスが良いのでハズレが来ても冷静に対処できる人にはおすすめです!

バッファロー「bskbu105bk」のまとめ

バッファロー「bskbu15bk」が良かっただけにバッファロー「bskbu105bk」には期待しすぎてしまった感があったのかもしれません…。

ぶっちゃけ高い商品を購入しても不良品はあるわけで、コストにおおじてその確率が減っていく物なんじゃないでしょうか。

バッファローもサポートがしっかりとしているメーカーなので連絡をすればきちんと対応してくれます。

私はいちいち連絡するのが面倒くさいのでしませんがね…。

キーボードの自分に合った選び方と用途別おすすめランキング6選!!
キーボードの自分に合った選び方と用途別おすすめランキング6選!!キーボードは用途に合わせて様々な種類の製品があるので、自分にあった製品を選ぶのが難しい側面も… ということで、今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...