キーボード

エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード

エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード

格安で快適なタイピングができるキーボードを求めて、数々のキーボードを購入してきました。

購入したキーボードの中でもバッファロー「bskbu15bk」は、1,000円を切るキーボードでも十分にタイピングが出来るコスパの良いキーボードでした。

そして、1,000円を切るキーボードの使用感を他にも知りたくなった私は、早速Amazonの売れ筋ランキング4位のエレコム「tk-ffcm01bk」を新たに購入。

ということで今回は、Amazonの売れ筋ランキング4位のキーボード、エレコム「tk-ffcm01bk」をレビューしていきます!

エレコム「tk-ffcm01bk」の概要と特長

エレコム「tk-ffcm01bk」の概要と特長

エレコム「tk-ffcm01bk」の特長は、スクエア型の存在感のあるコンパクトな本体と、なんといっても1,000円を切るコストパフォーマンスの良さです!

飲み物などの液体をこぼした時の対策として排水機能も備えているので、こぼしたりする不安のある人に安心の設計となっています。

また、バッファローの「bskbu15bk」でも思いましたが、1,000円を切るキーボードとは思えない仕上がりですね。

エレコム「tk-ffcm01bk」のスペック

エレコム「tk-ffcm01bk」のスペック
エレコム「tk-ffcm01bk」
テンキー 有り
キースイッチ メンブレン
インターフェイス USB Type-A
キー配列 日本語109キー
押下圧 不明
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.8mm
角度調節機能 2段階
Winキーロック 不明
高さ・幅・奥行き 23.7mm×435mm×128mm
重量 約563g
対応OS Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

テンキーを備えたフルピッチのキーボードなので一般的な利用では十分なスペックとなっています。

押下圧は公式サイトで記載されていませんでしたが、私がタイピングした感じでは押下圧が60gのロジクールの「K270」に近い重さなのでやや重めの打鍵感となっています。

外見もしっかりとしているので本当に1,000円とは思えないです…。

エレコム「tk-ffcm01bk」のデザイン

ここからは、エレコム「tk-ffcm01bk」の開封も交えてデザインも見ていきましょう!

1,000円と言われても納得の「外箱」

エレコム「tk-ffcm01bk」のデザイン 「外箱」

外箱はダンボールにプリントされたシールを貼った質素な感じです。

外箱は1,000円未満と言われても驚きませんね。(笑)

同梱物がなく簡単に取り出せる「本体」

エレコム「tk-ffcm01bk」のデザイン 「本体」

本体以外の同梱物がないので箱から取り出す時も簡単に本体が取り出せました。

本体は綺麗にビニール袋に包まれていて傷や汚れなどは一切なしです。

箱のシールにプリントされている「保証書」

エレコム「tk-ffcm01bk」のデザイン 「保証書」

同梱物が一切ないので気をつけるのは本体を取り出すときに箱の内側に仕舞われている有線のケーブルくらいですね。

保証書は箱のシールにプリントされているのでなくさないように保存して起きましょう!

箱が邪魔に感じる人は保証書の部分のシールを切り取ったり、綺麗に剥がすなどして保管するのも良いと思います。

しっかり感のあるスクエア型の「サイド部分」

サイドは左側写真のスタンドを建てる前の状態を見てわかるように枠がスクエア型でしっかりしています。

スタンドを建てない状態でも高さがあるので使用することもできますが、スタンドを立てて使用した方が傾斜ができて打ちやすいのでスタンドを建てて使用することをおすすめします。

排水機能を搭載した「裏側」

排水機能を搭載した「裏側」

エレコム「tk-ffcm01bk」には防水機能こそありませんが、排水機能が搭載されています。

裏側はには飲み物などの液体をこぼした時の排水用の穴がついており、流された液体が排水用の穴を通ってすぐに排出されるので拭き取る際も多少楽になるので結構便利な機能だと思います。

キーボードに誤って液体をこぼしてしまったなんて人もいると思いますが、そんな人にはありがたい機能です!

エレコム「tk-ffcm01bk」の打鍵感と打鍵音

エレコム「tk-ffcm01bk」の打ち心地は、スペック的な押下圧が不明ながら60gのロジクールの「K270」に近い重さで「ポコッポコッ」といったスイッチ感があります。

キーの戻りは「K270」より遅いので指に対する疲れはそれほどありません。

また、キーピッチが19mm、キーストロークが2.8mm、そしてキートップがシリンドリカル構造でホームポジションの突起もしっかりしているのでタイピング時に打ちミスが起こりづらく安定感があります。

打鍵音は本体の構造がスクエア型になっている影響なのかカチャカチャ音が中で響いている感じがします。

音が気になる人や軽めの打鍵感が好みの人には重すぎるのでおすすめはできません。

エレコム「tk-ffcm01bk」のメリット

エレコム「tk-ffcm01bk」のメリットは以下の4つになります。

スクエア型でコンパクト

スクエア型にすることで本体に無駄がなくコンパクトになっています。

狭い机などでPCを使用している人にはキーボードをコンパクトにすることで、他の目的で机を使用する時の場所の確保する手助けにもなります。

また、見た目もスクエア型でスッキリしているので見た目のデザインもシンプルで格好いいです。

液体もすぐに流れ出る排水機能

キーボードに液体を流してしまった時も瞬時に排水用の穴から流れ出るのでキーボード内に液体が溜まってしまう事が起きづらくなっています。

中の残った液体を拭き取る際も楽になるので、結構良い機能だと思います。

指で感じ取りやすいホームポジション

タイピング時にホームポジションの突起を確認する人には、わかりやすく突起があるのでなかなか打ちやすいと思います。

価格がそこそこするキーボードでもホームポジションの突起があるのかわからない出来の物も結構ある中、エレコム「tk-ffcm01bk」のホームポジションの突起はしっかりと感じ取ることができます。

キートップのシリンドリカルとホームポジションのしっかりとした突起が合わさることでタイプミスはかなり軽減されます。

1,000円とは思えないコストパフォーマンス

エレコム「tk-ffcm01bk」はテンキーを備えたキーボードとして、スクエア型のコンパクトなデザイン、排水機能やミスタッチの起こりにくい打鍵感と日常で使うには十分な性能を持ちながら1,000円以下で購入出来てしまうのは正直驚きです。

メリットだけを見てもコストパフォーマンスを感じる事ができるキーボードになっています。

エレコム「tk-ffcm01bk」のデメリット

エレコム「tk-ffcm01bk」のデメリットは以下の2つになります。

スタンドを立てずに使用すると「SHIFTキー」が打ちずらい

スタンドを立てずにタイピングした場合、「SHIFTキー」が本体の枠にあたって打ちづらくなってしまいます。

スタンドを立てて使用することで傾斜ができ多少は解消されますが、キーボードのスタンドを普段使用しないでタイピングする人は結構打ちづらく感じてしまいます。

スクエア型でコンパクトにした代償なんでしょうかね…。

打鍵感が重いのでやや疲れやすい

私は普段メカニカルキーボードを使っていて底打ちしない打ち方で軽めのタイピングをしているため長時間のタイピングをするには打鍵感が重いので疲れてしまいました。

キートップのシリンドリカルとホームポジションのしっかりとした突起といったメリットがあるだけにこの打鍵感の重さは非常に残念です…。

ただ、キーの戻りはロジクールの「K270」に比べると弱いので疲れと言う部分は多少マシです。

エレコム「tk-ffcm01bk」がおすすめの人

エレコム「tk-ffcm01bk」は、サブ用のキーボードの購入に悩んでいてお試しで購入しようと考えている人や、コンパクトなキーボードを探している人におすすめです。

一般的なテンキーを備えたキーボードとしても申し分なく使用でき、スクエア型のデザインを見てもけして1,000円未満のキーボードといった印象を受けません。

逆にエレコム「tk-ffcm01bk」がおすすめできない人は、打鍵感が重めが苦手な人や長時間のタイピングする場合は疲れが出やすいのでおすすめできません。

キートップのシリンドリカルとホームポジションのしっかりとした突起のおかげでタイプミスが起こりにくくなっているので打鍵感が重いのが悔やまれます…。

とはいえ、キーボードとして使用するのに押さえるポイントはしっかりと押さえ、更に排水機能も加えて1,000円未満の価格で圧倒的なコストパフォーマンスがあるのでお試しで購入するのもありでしょう!

エレコム「tk-ffcm01bk」のまとめ

エレコム「tk-ffcm01bk」は1,000円未満とは思えない出来のキーボードでした…。

価格的にお試しで購入するのもいいですし、メインで使用しても価格と機能面を考えれば十分納得できるキーボードだと思います。

私が改めて感じたのは、世の中には安くても良い製品が確かにあるってことですね。

これからもそんな製品を引き続き探して見ようと思います。

キーボードの自分に合った選び方と用途別おすすめランキング6選!!
キーボードの自分に合った選び方と用途別おすすめランキング6選!!キーボードは用途に合わせて様々な種類の製品があるので、自分にあった製品を選ぶのが難しい側面も… ということで、今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...