キーボード

エレコム「TK-FCP097BK」レビュー!!キートップ下に鉄板を内蔵した極薄コンパクトなパンタグラフキーボード

エレコム「TK-FCP097BK」レビュー!!キートップ下に鉄板を内蔵した極薄コンパクトなパンタグラフキーボード

キーボードにはメンブレン、パンタグラフ、メカニカル、静電容量無接点方式など主に4種類あり、一般的にはメンブレンが多いと思いますが、人それぞれ好みの種類があると思います。

私は現在Havitの薄型青軸メカニカルキーボード「HV KB395L JP」を使用しているのですが、元々は薄くて見た目も良いのでパンタグラフキーボードを好んで使用していました。

ということで、低価格帯のパンタグラフのキーボードを探してみたところ、スマホやタブレット用はちらほら見かけるのですが、テンキー付きのフルキーボードとなると意外と見つからないんですよね…。

しかし、先日たまたまエレコムからテンキー付きのパンタグラフキーボードが出ているのを見つけたのですぐに購入しました。

そんなわけで今回は、エレコムの薄型パンタグラフキーボード「TK-FCP097BK」の打鍵感や使い勝手をレビューしていきます。

エレコム「TK-FCP097BK」の概要と特長

エレコム「TK-FCP097BK」の概要と特長

エレコム「TK-FCP097BK」はとにかく薄くて高剛性!

サイズもコンパクトなので剛性感が低そうですが、キートップ下に鉄板を内蔵しているので強くタイピングした時でもたわむ心配もありません。

角度調整こそないですがデフォルトで傾いているので角度調整は必要なく、パンタグラフ方式でデザインもシンプル、かつ12種類のマルチファンクションキーとテンキー付きでPC用として申し分ない機能性です。

エレコム「TK-FCP097BK」のスペック

エレコム「TK-FCP097BK」のスペック
エレコム「TK-FCP097BK」
テンキー 有り
キースイッチ パンタグラフ
インターフェイス USB Type-A
キー配列 日本語104
押下圧 不明
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.0mm
角度調節機能 無し
Winキーロック 不明
高さ・幅・奥行き 21.2mm×367.1mm×127.5mm
重量 約508g※ケーブル含む
対応OS Windows 10/8.1/8/7/XP
/macOS HighSierra(10.13)

押下圧の記載が公式でなかったのが残念ですが、キーストロークが2.0mmと非常に短いです。

薄くてコンパクトな外見とは異なりケーブルを含んで約508gとやや重く感じますが、キートップ下に鉄板が仕込んであるのを考えると仕方ない気がします。

この鉄板のおかげで薄型メンブレンでも強めに底打ちしても剛性感の強い仕上がりになっているって感じですね。

エレコム「TK-FCP097BK」のデザイン

お次は、エレコム「TK-FCP097BK」のデザインの開封も交えてデザインを見ていきましょう!

小さくコンパクトな「外箱」

エレコム「TK-FCP097BK」のデザイン 小さくコンパクトな「外箱」

一般的なキーボードの外箱より一回り小さくコンパクトな外箱になっています。

白を基調としていて外箱の正面に「超薄型」って主張してますね。(笑)

取り出しやすい「本体」

エレコム「TK-FCP097BK」のデザイン 取り出しやすい「本体」

開封すると中身は写真のような感じです。

ビニールに保護されており、本体がすぐに取り出せる状態になっています。

無駄の一切ない「同梱物」

エレコム「TK-FCP097BK」のデザイン 無駄の一切ない「同梱物」

同梱物は本体と説明書だけと中身はすっきりしています。

保証書がないので少し探したのですが、どうやら購入が証明できるレシートか納品書のどちらかと説明書があれば問題ないようです。

外箱が保証書のタイプは保管が面倒くさいので、私的には好印象。

薄さが実感できる「サイド部分」

上の写真を見てわかると思いますが、サイドから確認すると本体がかなり薄いの事が確認できます。

角度はデフォルトで傾いており、角度調整がなくても打ちづらいといった感じはしませんでした。

排水用の穴がない「裏面」

エレコム「TK-FCP097BK」のデザイン 排水用の穴がない「裏面」

裏側の写真です。

排水用の穴がないので飲み物をこぼさないように注意が必要ですね。

見た目はシンプルでペッタンコな感じですが、滑り止め用のゴムが6つありしっかりと本体を支えてくれます。

エレコム「TK-FCP097BK」の打鍵感と打鍵音

 

エレコム「TK-FCP097BK」は高速タイピングに適したキーボードです。

キーストロークが2.0mmとパンタグラフらしく短く、押下圧も感覚的に軽めなことに加えてキーの返りも比較的速いのでタイピングが速い人には相性が非常にいいです。

また、キートップ下に鉄板が入っていることで強めに底打ちしてもたわまず安定感があるのでタイピングが強い人でも心地よくタイピングできると思います。

また、ホームポジション用の「Fキー」と「Jキー」の突起部分はしっかりと感じ取ることが出来るのですが、一部のキーが小さくなっている点やキートップがシリンドリカルになっていないので、慣れるまではタイプミスが出やすいのが難点です。

打鍵音に関してはかなりの静音で、ワンクッションあるような「タンタンタン」といった感じの打鍵音になっています。

そのため、かなり強めにタイピングしてもうるさくなることがないので場所を選ばず利用できるでしょう。

デスクへの響きに関しても本体裏に滑り止め用のゴムが6つあるおかげか振動も分散されかなり静かにタイピングできます。

また、動画で撮影機材の影響で高音が結構響いていますが、実際はかなり静音で高音が響くことはありません。

エレコム「TK-FCP097BK」のメリット

エレコム「TK-FCP097BK」のメリットは以下の3つです。

コンパクトで薄型

エレコム「TK-FCP097BK」一番の魅力と言ってもいいのがコンパクトで薄型な点!

ただ単純にコンパクトで薄型なだけではなく、薄くする事で起きるタイピング時の本体のたわみを鉄板を入れることで一切感じさせません。

キーピッチも2.0mmと浅く軽やかにタイピングできキーの戻りも速いです。

また、「BackSpaceキー」も大きいので高速タイピングをする人には非常に相性が良いでしょう。

パンタグラフでテンキーが付いている

最近は低価格のパンタグラフキーボードはスマホやタブレット用の物が多く、PC用でテンキー付きが意外と見つからないんです…。

Amazonでも1,500円前後で売られているので、パンタグラフキーボードが好きな人はお試しで買う事も可能な価格帯です。

Windows OSとMac OSに最適化したモードがある

Windows OSだけでなくMac OSにも最適化させるモードがあるのも嬉しいポイントですね。

といのも、OSによってキーボードの配置が微妙に違い、Windows OS用のキーボードでMac OSを使用しようとすると、キー配置違うのでキーの場所によっては違う入力になってしまいストレスの原因になることも…。

しかし、このモード切り替える事でキー配列のストレスを解消してくれます。

ちなみに、切替方法は簡単でWindows=「Fnキー」+「Qキー」Mac=「Fnキー」+「Wキー」で切り替え可能です。

切り替えるとキーボード本体の右上の「Scroll」のランプがWindows=1回点滅、Mac=2回点滅します。

エレコム「TK-FCP097BK」のデメリット

エレコム「TK-FCP097BK」のデメリットは以下の1つです。

一部のキーが小さくなっている

非常に残念なのが一部のキーが小さくなることでタイプミスや打ちづらさを感じます。

特に本体をコンパクトするために犠牲になってしまった「カギ括弧キー」や「ーキー」や「矢印キー」を頻繁に使用する人には慣れるまではちょっと大変かもそれません…。

また、十字キーの配置も「Enterキー」下部に置かれているためフルサイズのキーボードからの移行だと若干利便性にかけてしまう部分もあります。

エレコム「TK-FCP097BK」がおすすめの人

エレコム「TK-FCP097BK」は、パンタグラフのコンパクトで薄型なキーボードを探している人や高速タイピングをする人におすすめです。

公式も「超薄型」と言うだけに本当にコンパクトで薄いです。

強くタイピングした時でもキーボード本体がたわむことなく安定していますし、キーストロークが2.0mmと短く軽めの押下圧なので長時間のタイピングにも向いています。

また、打鍵音も静音なので強めのタイピングする人でも周りに迷惑かけずに利用できるので割と万能なキーボードと言えるでしょう。

しかし、コンパクトにする為に一部のキーが小さくなっているので「カギ括弧キー」や「ーキー」や「矢印キー」を頻繁に使用する人には慣れるまで時間がかってしまうので、ストレス耐性が低い人にはおすすめできません。

とはいえパンタグラフでテンキー付き、コンパクト、薄型、低価格と魅力は十分です。

PC用でパンタグラフキーボードを探している人にはお試しでも購入でも十分おすすめ出来るキーボードです。

エレコム「TK-FCP097BK」レビューのまとめ

普段はメカニカルやメンブレンを良く使用しているせいか、今回のパンタグラフのエレコム「TK-FCP097BK」は凄く薄く感じましたね…。

鉄板が入っているおかげでタイピングも安定し、また重量感もあるのでとても低価格帯のパンタグラフキーボードとは思えない出来でした。

今後はモバイル用だけでなくPC用の低価格パンタグラフもドンドン出してくれると個人的には嬉しいです。

キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!
キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!今回は、メカニカルでは珍しい薄型青軸メカニカルキーボード「HV KB395L JP」をがっつりレビューしていきます!...
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード今回はバッファロー「bskbu105bk」を「bskbu15bk」との比較を交えてレビューしていきます!...
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード格安で快適なタイピングができるキーボードを求めて、数々のキーボードを購入してきました。 購入したキーボードの中でもバッファロー「b...
バッファローの「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!
バッファロー「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!バッファローの「bskbu15bk」は、1,000円を切る価格に帯の商品でありながら高速タイピングも可能で、かなり快適に利用できます。...