キーボード

キーボードの掃除方法を簡単編と本格編に分けて徹底解説!!

キーボードの掃除方法を簡単編と本格編に分けて徹底解説!!

前回はキーボードの一部を取り外しただけでしたが、次は全てのキートップを取り外して掃除してみようと思います。

キーボードを外してみると結構ホコリなどの汚れが目立つことも多いので、汚れをみて放置はしたくないですよね。

また、汚れれ方は使い方により千差万別!

そのため、手間をかけてガッツリ掃除しなくてもなんとかなるケースも多いです。

ということで、簡単編と本格編に分けてキーボードの掃除方法を徹底解説していきます。

キーボードの外し方が分からないといった場合、まずは下記の記事をご覧くださいませ。

キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!
キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!今回は、キーボードの分解に必要なアイテム、そして分解から組み立て、そしてキーボードの種類ごとに注意する点なども踏まえて一連の流れを徹底解説します。...

キーボードはなぜ汚れるのか?

そもそもですが、キーボード汚れの原因は何なのでしょうか?

大きく分けると、下記の3つが主な原因になります。

人間から出る汚れ

「キーボードはトイレより汚い」なんて耳にしたことがある人もいると思います。

人間の手からは、汗や脂が出ていますので、当然キーボードにも汗や脂が付着し、そこに菌が増殖します…考えるだけで嫌ですね…。

また、人から出る汚れは汗や脂だけではありません。
人間の頭からでる髪の毛やフケ、くしゃみなどの口から飛んだ唾も汚れの原因になります。

オフィスで使うキーボードは複数の人が触る可能性が高いので、より汚れが溜まりやすくなります。

ホコリなどゴミの汚れ

目には見えないホコリも汚れの原因になります。

少しずつキーボードの溝に溜まっていくので、キートップを外さない限り目視で気づきにくいですね。

衣服の繊維も隙間に入り込むので、繊維にホコリが絡まって大きなゴミの塊になるとキーの反応に影響してしまうこともあります。

お菓子や食べ物の汚れ

パソコンの作業をしながら食事やお菓子を食べる人もいると思います。

食べかすなども隙間に入り込みます。

特に食べかすはそのままにしていると、虫がよってくる可能性もあるので早めに取り除きましょう!

キーボードの掃除の前に汚れの確認

キーボードを掃除する前に必ず汚れの確認をしましょう!

というのも、汚れ方によって使うアイテムも難易度も異なるためです。

具体的には、ホコリぐらいしか汚れがないようであれば、分解せずともエアダスターとアルコールを含むウェットティッシュで十分綺麗になります。

また、キーボードの表面上の汚れは目視出来ますが、キーボードの溝の汚れはキートップを取り外してみないとわかりません。

そのため、キーボードの汚れが気になったらまずはキートップを取り外して確認するのがベスト。

ただし、キーボードの種類によっても取り外し方が違うので注意が必要です。

キーボードの外し方についてはこちらでまとめてあるので参考にしてくださいませ。

キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!
キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!今回は、キーボードの分解に必要なアイテム、そして分解から組み立て、そしてキーボードの種類ごとに注意する点なども踏まえて一連の流れを徹底解説します。...

キーボードの掃除に必要なアイテム

キーボードの掃除をする前に掃除に必要なアイテムを紹介していきます。

汚れによって必要なアイテムは異なりますので、後述する掃除方法にて判断して用意すると良いでしょう!

ホコリを飛ばす「エアーダスター」

キーボードの掃除「簡単編」エアーダスターホコリをふっ飛ばすのに重宝します。

ウェッティーなどを使うときにある程度ホコリを飛ばしておくとスムーズに掃除ができるので必需品ですね。

また、キーボード以外にもパソコンや部屋の掃除なんかでも使えるので余ってしまう可能性は低いでしょう!

殺菌効果のある「ウェットティッシュ」

キーボードの掃除「簡単編」殺菌効果のあるウェットティッシュ

ウェットティッシュは、想像通り拭くために必要です。

ティッシュに比べ繊維がつきにくいので重宝します。

ただし、エタノールの濃度は低いので汚れが酷い場合は、エタノールを買いましょう!

エリエール ウェットティッシュ
エリエール

油汚れや除菌に最適な「エタノール」

キーボードの掃除「簡単編」エタノール

エタノールは油分を落としたり除菌人も役立ちますのでマストで用意しておきましょう。

気分的に消毒できてる感が出るだけでなく汚れも落ちやすいので重宝します。

また、揮発性も高いので水吹きとことなりすぐ乾燥し、拭き跡も残らないのでかなり便利です。

細かい溝に溜まった汚れには「綿棒」

キーボードの掃除「簡単編」綿棒

溝に入ってしまっているゴミやホコリはエアダスターで取り除いた後に、殺菌効果のあるウェットティッシュで表面の汚れを取ります。

キーの溝などの細かい汚れはエタノールと綿棒を使って丁寧に掃除してあげましょう。

キートップを外す「キープラー」

キーボードの掃除に必要なアイテム キープラー

キーボードのキーキャップを外すのに役立ちます!

なくても最悪マイナスドライバーでも対処できるので急ぎの場合は買わないでおきましょう!

こびり付いた汚れには「歯ブラシ」

キーボードの掃除に必要なアイテム キープラー 歯ブラシ

歯ブラシは、キートップを外したあとの溝の掃除に使います。

大した汚れでなければ必要ありませんが、こびり付いた汚れの時には活躍します。

キートップの側面限定ながら効率的な「メラミンスポンジ」

キーボードの掃除に必要なアイテム メラミンスポンジ

皆さんご存知激落ちくん!

キートップのサイド部分の汚れを落とすのに使います。

トップ部分はプリントが剥げる可能性が高いので絶対止めましょう!

ベトベトした汚れには「中性洗剤」

キーボードの掃除に必要なアイテム 中性洗剤

ポテトチップスなど食べた手でキーボードを触ったときに、ついてしますのが油汚れ。

油汚れにはなんだかんだ中性洗剤がもっとも効果的!

基本的に洗剤であればなんでも問題有りません!

キートップをまとめて洗うのに最適な「洗濯ネット」

キーボードの掃除に必要なアイテム 洗濯ネット

キートップは数が多いので洗濯ネットにまとめて入れて洗剤の洗うと効果的です。

108JISキーボードだと100以上キートップが有るため1つずつは現実的では有りません。

キーボードの掃除方法

キーボードの種類や、汚れの状況によって掃除方法大きく変わります。

キーボードの汚れ方の状況がわかったら

そのため今回は「簡単編」と「本格編」に分けて実践します。

ノートパソコンやホコリが中心の軽い汚れの「簡単編」

まずは、軽い汚れの場合や、キーボードが取り外すことが困難なノートパソコンでの簡単な掃除方法です。

それでは、写真も交えて解説していきます!

①電源を落とす

キーボードの掃除方法①電源を落とすまずは、キーボードの電源を落としましょう。
有線の場合はUSBケーブルを抜き、無線の場合は電池を抜くことで安全に作業を進められます。

②エアダスターでホコリを飛ばす

キーボードの掃除方法②エアダスターでホコリを飛ばすエアーダスターでキーボードのゴミやホコリを飛ばします!
結構勢いよくエアーが出るので狭い場所で作業する場合は気をつけましょう。(笑)

③ウェットティッシュで油汚れを落とす

キーボードの掃除方法③ウェットティッシュで油汚れを落とす表面を殺菌効果のあるウェットティッシュで拭いていきます。

これで皮脂などの油汚れも取れる上、殺菌もでき揮発性が高いので拭き跡も残らず綺麗にできるのでおすすめです。

④エタノールと綿棒で細部の汚れを落とす

キーボードの掃除方法④エタノールと綿棒で細部の汚れを落とす最後にエタノールと綿棒を使ってキーボードの細かな場所や溝を丁寧に掃除していきます。

これで簡単編は終了です!

エアーダスターは頻繁に使う事で溝にゴミやホコリが溜まりにくくなるので、気がついたらエアーをかけて上げるといいですね。

ベタベタの油汚れなどのひどい汚れには「本格編」

ベタつきなどの取りづらい汚れがあった場合は本格的に掃除をしましょう!

それでは「本格編」の実際の掃除方法を写真を交えて紹介していきます!

①キーボードの電源を落としキーボードの写真を撮影

まずは、キーボードの電源を落としましょう!掃除中の故障防止のためです!

また、作業前には取り外したキートップを戻す時に間違えないよう、キーボードの写真を必ず撮っておきましょう。

②キープラーを使いキートップを全て外す

キーボードの掃除方法②キープラーを使いキートップを全て外すキープラーを使ってキートップを1つ1つゆっくりと外していきます。

キーボードの掃除方法②キープラーを使いキートップ外す「Enterキー」[Shift]キーや[Enter]キーなどの大きめのキートップには裏に金具がついているので、なくさないように気をつけましょう。
また、金具が引っかかる場合もあるので、その場合は慎重に取り外します。

③大きめのホコリを取り除きエアダスター

キーボードの掃除方法③大きめのホコリを取り除きエアダスター
全てのキートップを取り外しができたら、次は大きめのゴミやホコリなどを歯ブラシで集めてティッシュでまとめて捨てます。

大きいゴミが取れたら、エアーダスターで細かなゴミやホコリを飛ばします。

エアダスターは勢いがあるのでホコリが多い場合は、出来るだけ外で使いましょう!

外でやった方が室内が汚れずに済みます。

④ウェットティッシュと綿棒でキーボードの底を拭く

キーボードの掃除方法④ウェットティッシュと綿棒でキーボードの底を拭くウェットティッシュで綺麗に底を拭き取ったら四隅に残った細かな汚れを歯ブラシとエタノールにつけた綿棒で拭いていきましょう。

⑤キートップサイドをメラミンスポンジ軽くこする

キーボードの掃除方法⑤キートップサイドをメラミンスポンジ軽くこする汚れがひどい場合は、キートップの横の部分をメラニンスポンジで軽く掃除してあげましょう。
力の入れすぎに注意です。

⑥洗濯ネットと中性洗剤を使いキートップを丸洗い

キーボードの掃除方法⑥洗濯ネットと中性洗剤を使いキートップを丸洗いまずは外したキートップ達を洗濯ネットに入れます。

キーボードの掃除方法 中性洗剤でキートップを丸洗い次に洗面器に水と中性洗剤をいれキートップを揉み洗いします。

揉み洗いが終わったら水で流します。

キーボードの掃除方法 キートップを乾燥させるよく水を切って乾燥させます、洗濯ネットを使ってそのまま干すと便利です。(笑)
1日乾燥させるとベストです。

乾燥が終わったら後は元通りにキートップをはめ込むだけです。
念の為キートップ内に水が残ってないか注意しましょうね!

⑦急ぎの場合はタオルで拭いた後綿棒で水気を取る

キーボードの掃除方法⑦急ぎの場合はタオルで拭いた後綿棒で水気を取る

タオルで拭けば表面上の水分はほぼ拭き取れますが、キートップの裏側には水分が残ってしまいます。

そんな時は綿棒を使い手間はかかりますが、1つずつ水分を拭き取りましょう。

キーボードを汚さない為のアイテムやメンテナンス方法

掃除したばっかのキーボードは汚したくないですよね。
とはいえ、日々キーボード使う状況下ではどうしても汚れてしまうものです…。

しかし、キーボードカバーなどのアイテムを付けることで汚れを防ぐことはできます。

更にキーボードのメンテナンスをおこなえばキーボードを綺麗に保つことができ、汚れも溜めにくい状況にする事は可能です。

そこで、キーボードを汚さない為のアイテムとメンテナンス方法を紹介します。

 

ホコリが被らない「キーボードカバー」

1番便利なのがキーボードカバーです、キーボードの上に直接置くだけです。

ゴミや汚れがキーボードカバーが防いでくれるので掃除の手間がかなり省けます。

しかし、サイズが合ってないと意味がないので必ずサイズを確認して購入しましょう!

作業スペースを広げるのにも役立つ「キーボードスライダー」

キーボードスライダー付きのディスクにするか、後付のキーボードスライダーを使うことでホコリを防ぐことができます。

パソコン周りもキーボードが収納できるので、広々と使えます。

後付のキーボードスライダーの場合ですが、ディスクにネジで穴を開ける方式かクランプ方式か確認しましょう。

油汚れ対策には「ポテチトング」

ゲームと言ったら菓子!お菓子と言えばポテチ!!

ポテチトングはお菓子を良く食べる人には手が汚れないのでおすすめです。

綺麗好きには必須アイテムと言えるでしょう!

キーボードの掃除方法まとめ

キートップを外してからホコリが気になり掃除をしたのですが、意外とキーボードって汚れるんですね…。

特にキーボードの隙間にはゴミやホコリなど色んな物が入り込みやすいです。

また、人の触ることの多いキーボードは菌も増殖しやすいので、エアダスターで軽くホコリをふっ飛ばしアルコール入りのウェットティッシュで表面を拭くだけでもこまめにしましょう!

これだけでも相当汚れは減らすことができますからね。

キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!
キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!今回は、キーボードの分解に必要なアイテム、そして分解から組み立て、そしてキーボードの種類ごとに注意する点なども踏まえて一連の流れを徹底解説します。...
キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!
キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...