スマホ

iPhoneとAndroidの比較と違いなど使用感を交えて解説

iPhoneとAndroidの比較と違いなど使用感を交えて解説

iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneへOSの変更を伴う機種変更をする時OSの違いから来るUXの変化は気になるものですよね。

特に今まで当たり前に出来ていたことが出来なかったりしたら不満も出るでしょう…。

しかし、iPhoneのiOSやAndroidはそれぞれ「iOS 13」と「Android 10」と世代を重ねるごとにお互いの長所を吸収しているので現在は大きく異なる点は少なくなっています。

とはいえ、設計思想やコンセプトなどが異なるためUI/UXや機能性は異なっています。

そんなわけで今回は、iPhone[iPhone SE]とAndroid[Xiaomi Mi A2]を使ってiPhoneとAndroidでは何が違うのか迷っている方の参考になるように解説していきます。

Contents

iPhoneとAndroidとは?

iPhoneとAndroidとは?

そもそもiPhoneとAndroidとは、どのようなものなのか解説していきます。

iPhoneについて

iPhoneは、皆さんご存知Appleが開発しているデバイスの名称で、OSはiOSとなっています。

また、iOSもハードウェアの機関部品「SoC」もAppleの開発し垂直統合型でスマホを開発しています。

そのため、iOSを搭載しているスマホは、iPhoneシリーズのみとなっており他のメーカからは一切発売されません。

選択肢が少ない分、iPhoneの場合フルバックアップやUI/UXも統一され、サポートも一定の品質で受けることが出来るため初心者にも非常に適しています。

では、初心者だけに適しているかと言うとそんなこともなく、超強力な独自の「SoC」を搭載しているため3Dグラフィックスをゴリゴリに使うゲームなどのハードな使い方にも最適です。

Androidについて

Androidは検索エンジンやYoutubeでお馴染みのGoogleが様々なメーカーに提供するOSです。

また、OEMで発売されるリファレンス機の「Nexus」シリーズや自社開発の「Google Pixel」シリーズなどAndroidを提供する傍ら自らもハードウェアの開発販売もしています。

メーカーへの提供はAndroidだけでなくGoogleの「Gmail」や「Google MAP」などの優れたアプリケーションも同時に提供しているため利便性に優れています。

多くのメーカーに提供されることで、様々なコンセプトや種類のスマホが発売され、ユーザーは多くの選択肢の中から選ぶことが可能です。

また、AndroidはメーカーによってはUI/UXをカスタマイズしているケースも大手メーカーでは多いのでやいち早く新機能を試せる利点もあります。

逆に、選択肢が多すぎることやメーカーによってクオリティーやサポート、価格が異なるためユーザー側がしっかり選ぶ必要があります。

iPhoneとAndroidのビジネスモデルの違い

iPhoneとAndroidのビジネスモデルの違い

iPhoneを提供するAppleとAndroidを提供するGoogleは、同じプラットフォーマーで有りながらビジネスモデルが大きく異なります。

このビジネスモデルの違いがUI/UXや設計思想にも関係してくるため簡単に紹介しておきます。

Appleのビジネスモデル

Appleのビジネスモデルは、主にiPhoneやMacなどのハードウェアデバイスの販売です。

実際に2018年の売上比率でも60%以上がiPhoneで構成されており、MacやiPadを含めると80%近くの売上がハードウェアから成り立っています。

また、近年力を入れているApple MusicやApple Arcadeは、サブスクリプション型のビジネスなのでユーザーと直接契約することで直接売上になっています。

その他にも、アメリカではサブスクリプション型のサービスを中心にApple News+などの提供を行ったりAppleがサブスクリプション型のビジネスモデルに移行しているのが分かります。

Googleのビジネスモデル

Appleとは正反対のようにGoogleはハードウェアデバイスの売上比率は少なく多くは広告収入を中心としたビジネスモデルです。

こういった収益源の違いから、集客されたユーザーが商品となるため、Googleが保有する多くのサービスをユーザーやメーカーに無料で開放し使って貰うことを重要視しています。

また、効果的で適切な広告を打つことや個人に最適化したニュースなどの情報を届けるために一部ユーザーの個人情報を収集しています。(収集されないように対策することはある程度可能)

その他にもユーザーの集客やあらゆる情報を整理し提供するという目的があり、デバイスに囚われないマルチプラットフォームでのサービスの展開をしているので、ユーザーとしてはデバイスに囚われることなくサービスを利用することが可能です。

iPhoneとAndroidのコンセプトの違い

iPhoneとAndroidのコンセプトの違い

前述のビジネスモデル同様AppleのiPhoneとGoogleのAndroidでは[できること]に違いはなくてもコンセプトや設計思想の違いからUI/UXや細かい部分で異なる部分が現在でもあります。

具体的な違いや比較は後述しますが、この項目では双方の生い立ちからコンセプトををみていきます。

割り切ったシンプルな操作性と母艦有りきの「iPhone」

元々iPhoneが登場した時のCPU性能やハードは今と比べると貧弱だったのでレスポンスや使用感を重視するとある程度機能の割り切りが必要でした。

そのため、iPhoneは、WindowsやMacで使えるiTunesを母艦としミュージックを除きシングルタスクで設計された非常にシンプルで割り切られたコンセプトで登場しました。

ファイル管理などもさせない徹底した仕様で、レスポンスやアニメーション、そしてデザインに力を割いていたため出来ることは少ないながら心地よく使える事を重要視していたといえるでしょう。

そこから時代に合わせてAndroidとはお互いに特長を取り入れ大幅に進化遂げいていますが、現在においても出発点の違いからか自由度は低いOSとなっています。

クラウドを重視したパソコンライクな「Android」

対してGoogleのAndroidは、スマホ用のSoCやメモリが貧弱の時から一貫してパソコンライクな仕様と時代を先取りするクラウドを重視したコンセプトで登場。

そのため、一部スマホを除き多くの機種ではiPhoneより操作性が劣っていたりせっかくのマルチタスクももたついたりと正直微妙な状態でした。

しかし、SoCやメモリ、通信環境が4Gなどの高速になるに連れ急速に改善され自由度とクラウド連携を併せ持った非常に使いやすいOSとなっています。

とはいえ、OSをメーカーに提供し裾野を広げるビジネスモデルからUI/UXの統一感やiPhoneのようなフルバックアップは実現できていません。

iPhoneとAndroidで出来ること出来ないことの違い

iPhoneとAndroid共にお互い長所を吸収しあっているので今では殆ど出来ることに違いはありません。

しかし、設計思想やビジネスモデルの違いから下記の一部出来ることや出来ないことに違いが現れています。

iPhoneで出来てAndroidでできないこと

①アプリケーションを含むフルバックアップ

②長期のOSメジャーアップデート[Androidの場合メーカーによる]

③OSによる操作体系の統一感

Androidで出来てiPhoneでできないこと

①SDカードの利用

②ホーム画面やウィジェットなどのカスタマイズ

③ジェスチャーなどのカスタマイズ

④マルチウィンドウ

⑤ピクチャー・イン・ピクチャー

Androidで出来ないことの最もクリティカルなのは、アプリを含めたフルバックアップですね。

正直、iPhoneの母艦を使ったバックアップは無料で簡単にできるうえ、機種変後も同様に通ことが出来るため非常に便利です。

Androidの場合、標準はクラウドのバックアップになるのですが、ファイルやアプリのデータのバックアップ全て自動でとは行かないのでスマホを変えた時にはiPhoneより少し手間がかかります。

逆にiPhoneで出来ないことで最もクリティカルなのは、ピクチャー・イン・ピクチャーでしょう。

ピクチャー・イン・ピクチャーは、表示を小さくしアプリに被せて表示できるので、特にYouTubeで多大な効果を発揮します。

実際YouTubeの視聴者数は増えているので、ピクチャー・イン・ピクチャーを使いYouTubeの視聴をしながらチャットをしたりブラウザをみたりするユーザーも増えてくるでしょう。

その他には、ホーム画面や自由度の違いが上げられますが、この部分は一長一短あるのでどちらのが優れているとは一概にいえません。

iPhoneとAndroidのシェアの比較

ここからはiPhoneとAndroidを実際に比較していきます。

まずは国内と世界に分けてシェアを比較してみます。

殆ど互角の国内市場

NTTドコモ モバイル社会研究所データによると2019年は僅かにAndroidが上回っています。

逆に同データによると2018年はiPhoneが僅かに上回っており、2014年以降毎年シェア自体は拮抗しています。

Androidが複数のメーカーから発売されているのに対して、iOSがAppleのiPhoneからしか提供されていないことを考えると異常にシェアが高いといった見方も出来ますね。

世界市場は圧倒的にAndroid

世界市場ではAndroidが70%を超えるシェアを獲得しています。

別の調査でもiPhoneがAndroidを上回る国は日本やカナダなどの極一部であるのに対して多くの国でAndroidが圧倒しています。

特に発展途上国のアジア圏では、圧倒的にAndroidが強いですね。

比較的高額なiPhoneに対してメーカー数が多く価格的にも幅広いニーズに対応できるAndroidが売れるのも当然といえるでしょう。

iPhoneとAndroidの機能と使い勝手の比較

それでは、iPhoneとAndroidを両方使って感じた具体的な違いを比較していきます。

「アプリの数」のAndroidと「質」のiPhone

アプリの数自体はAndroidの方が明らかに多いです。

特にカスタマイズ関連のアプリなども豊富なので優位性はありますが、質という意味では様々なデバイスへの対応が必要なAndroidに対してiPhoneシリーズのみ対応すれば良いiPhoneの方がほうが上回っている印象があります。

特に古いアプリなどではAndroidの場合デザイン面で質が低いアプリが多いですね。

とはいえ、メジャーなアプリは両方ともしっかり揃っており、更新がされているアプリは質も殆ど差はありません。

また、Androidのアプリストアは[アップデート][インストール済み][ライブラリ][ベータ]とタブになっているおかげで非常に使いやすいです。

[ライブラリ]に関しては過去にインストールしたアプリも別の機種であっても一括でできるので「あのアプリなんだっけ?」とか思った時にも便利です。

「アプリの使用感」はiPhoneが若干優位

アプリの使用感はiPhoneの方が心地よく使える傾向があります。

特にUI/UXがAndroidに比べて統一されている傾向が強いので操作で迷うことがなく利用出来ますね。

具体的には、iPhoneの場合画面下部にTab Barsが置かれている事が多いので片手でも無理なく使うことができます。

対してAndroidは2016年3月のMaterial Designに対応したBottom Navigationが追加されるまでUI設計のガイドライン的にタブがなかったので巨大化したディスプレイではかなり使いづらい部分がありました。

2019年では、差異もかなりなくなったことと、大手のメジャーなアプリはガイドラインとは異なるオリジナルのUIで作られていることも多いので差を感じることは少ないですね。

とはいえ、上記の画像のようにUI/UXが異なるアプリがあるのも事実です。

「セキュリティー」はiPhone優位

セキュリティー面ではiPhoneが優位です。

というのもOSのアップデートがAndroidの場合「Google Pixel」シリーズやAndroid Oneなどの一部メーカー以外期間的にも回数的にも非常に少ないためです。

特に格安のスマホを販売する中堅以下のメーカーではメジャーアップデートをしないことも多々ありセキュリティーでは不安を抱えています…。

また、iPhoneを販売するAppleにApp Storeでは厳密ではないもののアプリの審査もしており、apkなどの野良アプリもインストルール可能なAndroidに比べてリスクを軽減している点も大きいです。

「ブラウザ」の使い勝手はAndroid

ブラウザはiPhoneの場合safari、Androidの場合はChromeがデフォルトになっています。

また、iPhoneの場合Chromeも使うことも出来ますが、Androidでsafariを使うことはできません。

一見iPhoneの方が選択肢が多くて良さそうですが、ブラウザのデフォルト設定がiPhoneの場合safari以外の選択することが出来ないので好きなブラウザをデフォルトに設定できるAndroidの方が使い勝手は上ですね。

「ロック解除」の方法はスマホ次第

ロック解除ですが、Androidスマホはメーカーによって方法や精度も様々なので一概にどちらが優れているかは言えません。

とはいえ、Androidスマホは画面内指紋認証や指紋センサー、虹彩認証など多くの種類の中から選択可能なので優位性があります。

例えば最新のiPhone 11シリーズなどは顔認証のためマスクなどには弱くマスクを常時付けている人には使い勝手が悪くなります。

私も、スギ花粉の時期はマスクを常に付けている状態なので顔認証のみだとロック解除が面倒です…。

「ホーム画面」は自由にできるAndroidの圧勝

多くのAndroidスマホはデフォルトがデスクトップとアプリが別れている2レイヤー構造になっています。

これだけだと1レイヤーしか選択肢のないiPhoneと好みの差にしかなりませんが、Androidの場合ホームアプリを変えることで1レイヤーも含めほぼ自分の理想通りにすることも可能です。

実際、「AndroidスマホをiPhone風ホームにカスタマイズする方法!!」でも紹介した通りiPhoneと同じ用に設定することもできるので選択肢の広いAndroidの方が優れている部分が多いといえるでしょう。

AndroidスマホをiPhone風ホームにカスタマイズする方法!!
AndroidスマホをiPhone風ホームにカスタマイズする方法!!AndroidはiPhoneに比べてカスタマイズ性が非常に高いのでiPhoneの操作性に近づける事が可能です。 そんなわけで、今回はAndroidスマホのホーム画面や操作性をiPhoneに近づける方法やアプリを紹介していきます。...

「設定」はiPhoneの方が分かりやすい

 

OSの設定は、iPhoneの方が目的の場所にたどり着く事が容易です。

勿論、個人差はありますが多くの人がAndroidより分かりやすく感じるのではないでしょうか。

しかし、アプリの通知や権限に設定は、Androidが権限別に一覧で変更まとめて変更可能なのに対して、設定画面にアプリが一覧で表示されるiPhoneではアプリ数が増えれば増えるほど使いにくくなります。

「メール」は互角

メールに関しては多くの場合Gmailがメインになると思うのでどちらでも差はありません。

しかし、Googleのサービスなので連携はAndroidの優れているかと思いきや通知はiPhoneの方がなぜかワンテンポ速いです。

iPhoneのデフォルトのメーラーは正直かなり使いづらいのでiCloud以外で使う必要はないでしょう。

「文字入力」はAndroidの圧勝

文字入力はAndroidの圧勝です。

iPhoneの場合最初から変換ソフトを選び放題のAndroidに対して、他社製の文字入力アプリはiOS8から解禁されました。

しかし、操作性はどーあがいてもAndroidに勝てません。

理由は上記画像で確認できるようにカーソルキーを移動させるバックボタンが使えないためです。

厳密には横画面にすることで使うことが出来るのですがカーソルを移動させるためにわざわざ横にするぐらいならタップやスライドさせた方がマシですし、Androidのカーソルキー移動の戻る操作に慣れてしまうとかなり残念な仕様に感じます。

「ピクチャー・イン・ピクチャー」は今のところAndroidだけ

「ピクチャー・イン・ピクチャー」は今のところAndroidだけ

「ピクチャー・イン・ピクチャー」は、今のところAndroidでしか利用できません。

YouTubeやGoogleマップ、Google Chromeなどで使うことできる「ピクチャー・イン・ピクチャー」は、マルチウィンドウと異なり表示しているアプリに小さくしたアプリを被せる用に表示させる機能です。

特にYouTubeでは効果が高くYouTubeプレミアムに加入している場合、YouTubeをみながら他のアプリを使うことが可能になります。

つまり、今までYouTubeを見ていて何か調べようとしたり、メールやチャットの返信をしようと思ったら一旦止める必要があったものが視聴しながら返信したりブラウザで調べたりすることが出来るんです。

iPhoneでは2019/10現在まだ「ピクチャー・イン・ピクチャー」はできないのでこの部分はAndroidの圧勝といえるでしょう。

「連携」はiPhone優位

iPhoneに限らずOSからハードまでAppleが開発しているだけあってMacやApple Watchの連携はAndroidをは上回ります。

特に複数のAppleデバイスでコンテンツのコピーを共有できる「ユニバーサルクリックボード」やパスワードの入力を省いてインターネット共有できる「Instant Hotspot」、身につけたApple Watchがあれば自動解除される機能など利便性が非常に高いです。

また、完全ワイヤレスイヤホンのAirPodsでは、iPhoneに最適化した「H1チップ」を搭載することで高速接続と高い安定性を実現しています。

このように心地よく使える連携機能ではありますが、比較的高価なAppleデバイスを揃える必要が有り、ソフトウェアなどのサービスもマルチプラットフォームではないので乗り換えにくくなるなどのリスクも存在します。

「バックアップ」はiPhone優位

iPhoneでクラウドでバックアップをする場合iCloudを使うことになりますが、無料で利用できる容量が5GBまでなので現実的にはかなり厳しいです。

最低でも写真や動画などは、Googleフォトを使ってバックアップしそれ以外をiCloudといった使い方にするしか無料で使う方法はありません。

対してAndroidのバックアップは、Gmailと共有で15GBまで無料で利用できるため容量的には3倍の開きがあります。

更にGoogleフォトも標準で利用できるためクラウドの部分だけで考えるとAndroidが優勢です。

しかし、iPhoneの場合、iTunesを使うことで丸ごとバックアップが可能なので新しいiPhoneを購入してもバックアップさえあれば前の機種と同じ状態に復元できるので非常に優れています。

iPhoneとAndroidのスペックやハードウェアの比較

iPhoneとAndroidのスペックやハードウェアの比較

続いてiPhoneとAndroidスマホのスペック面やハードの違いなどを比較していきます。

ただし、Androidスマホの場合は、メーカーや機種により性能やハードウェアの構成がマチマチなので今回は必ずしも一致しない点はご了承くださいませ。

「カメラ」性能はAndroid有利

iPhoneはカメラ性能で毎年トップクラス付近の性能ではあるもののAndroid勢に比べると若干劣ります。

特に2018年に発売されたHuaweiはP20 Pro以降のAndroidスマホのカメラの進化は凄まじく最新のiPhone 11でもトップには立てない状態です。

また、スマホのカメラへの影響力でもデュアルレンズを搭載したiPhone7Plus以降は目立った施策はなく、Google Pixel 3の夜景が綺麗に明るく撮影できるナイトシフトやペリスコープレンズを搭載したP30 Proに話題性でも遅れをとっています。

「SoC」性能はiPhone優位

スマホの基本スペックを決めるSoCの性能はiPhone優位です。

というのも、【2019年最新】スマホのベンチマークスコアを比較【Antutu GeekBench 4】を見て頂けると一目瞭然なんですがCPUの性能がAndroid勢のQualcommやHiSilicon製のSoCに比べると非常に性能が高くシングル性能だと数年差を付けています。

シングル性能が高いSamsungのSoCと比べても半年~1年以上の差がある状態を長年維持しています。

ここまで差が出る要因としては、ARMのアーキテクチャーを基に独自に開発しているためで利益率が高く販売台数も多いAppleならではといえるでしょう。

「SoC」とは?スマホのCPUとの違いやメーカーをざっくり解説!!
「SoC」とは?スマホのCPUとの違いやメーカーをざっくり解説!!今回はCPUやGPUなどが1つにまとめられている馴染みのない言葉「SoC」について解説していきます。...

また、GPUに関してはAppleのAシリーズやQualcommのSnapdragonでは、ややQualcommのSnapdragonの方が優位です。

しかし、プラットフォームの違いからゲームなどの実行性能では、iPhoneが上回ることも多く比較は難しいところです。

「ディスプレイ」はスマホの次第

ディスプレイに関しては、Androidの場合メーカーやスマホにより異なるので単純に比較はできません。

ただし、フラグシップ機に搭載される有機ELであれば多少の差はあってもどのスマホも非常に綺麗に表示できるので気にする必要はないでしょう。

逆に、20,000円前後のAndroidスマホと比べるとiPhoneの方が圧倒的に綺麗と言えますが、価格差も大きいので比較としては適当ではないでしょう。

「メモリ」量はAndroidの圧勝

iPhoneは、現在最新機種の「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro MAX」の全てで4GBのRAMとなっておりハイエンド機種にしては、Androidと比べるとかなり少ないです。

対してAndroidは、ミドルレンジで4GB、ハイエンドでは最低でも6GB以上、最上位のモデルでは12GBと圧倒的に差があります。

メモリ量が多いことのメリットがアプリが落ちないのでアプリの切り替えが高速になる点で、6GB以上のRAMであれば複数のアプリを再起動させずに利用することができるため体感的なレスポンスに大きく影響します。

「充電コネクタ」はAndroidの圧勝

現在モバイルデバイスに搭載されるコネクタは、USB/TypeCが標準的に利用されています。

そのため、Apple独自のLightningコネクタは、非常に使いにくいの一言。

様々な意見はあるとは思いますが、iPadではUSB/TypeCにしているのだから、さっさと変更してほしいのが本音です。

対してAndroidはほぼUSB/TypeCが標準的に使われているので安心できますね。

また、今後は急速充電でも業界標準になりつつある「USB-PD」も含めてUSB/TypeCが完全に統一されてくるので現時点では将来性も含めてAndroidの方が優位でしょう。

急速充電の仕組みと規格をがっつり解説【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格をがっつり解説【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格の解説していきます!...

iPhoneとAndroidの「Apple Pay」と「Google Pay」を比較

iPhoneとAndroidの「Apple Pay」と「Google Pay」を比較

キャッシュレスの中でもQRコードを使った「PayPay」や「LINE Pay」が話題になることも多いですが、利便性は圧倒的に「Apple Pay」や「Google Pay」のNFC(非接触IC)の方が上です。

というのも、かざすだけで決済可能なうえ、一度設定してしまえばチャージを意識することなく利用できるQUICPayやIDが使え、覇権に向け動き出したSuicaが使える点が大きいです。

そんな便利な「Apple Pay」や「Google Pay」を比較していきます。

操作性の「Apple Pay」と対応数の「Google Pay」

Apple Pay Google Pay
Suica
QUICPay
iD
nanaco ×
楽天Edy ×
WAON ×

「Google Pay」の方が使える電子マネーは多いですが、若干使い方に難があります。

Suicaや楽天Edy、QUICPayは、「Google Pay」のアプリで完結できるのに対してnanacoなど電子マネーでは、専用のアプリをインストールしてクレジットカードを登録しチャージするといった統一感が薄くUX的にチグハグした使い勝手です。

その点「Apple Pay」は、基本的にウォレットアプリで全て完結でき引き継ぎなども簡単に行えるので統一感も素晴らしく操作性も優れています。

なぜ、「Google Pay」がこのような仕様になっているかというと非接触ICで標準的に使われる規格がNFCの中でもTypeA/TypeBであり、日本で標準的に使われるFeliCaと異なっているためです。

つまり、海外の標準規格に合わせた「Google Pay」では日本で使えないため、既にAndroidで利用されていた「おサイフケータイ」に相乗りする形で「Google Pay」のサービスが開始されたためといえるでしょう。

iPhoneとAndroidのアクセサリーを比較

ガラスフィルムやケースなどのアクセサリー類の種類は圧倒的にiPhoneが優位ですね。

Amazonでもみても家電量販店などの店舗でみてもこれは明らかでしょう。

理由も明白で多数のメーカーやスマホが混在するAndroidに対してiPhoneは1機種辺りの販売台数が圧倒的に多いのでその分参入していると考えられます。

しかし、モバイルバッテリーや充電器では、「USB-PD」などの業界標準的な急速充電規約や対応するケーブルとして「USB/TypeC」などがあるため状況は一変しAndroidに適した商品が圧倒的に多くなります。

iPhoneとAndroidの価格やサポートと修理を比較

iPhoneとAndroidの価格やサポートと修理を比較

それでは、スマホを購入するに当たって最も障壁になる価格を中心にサポートや修理対応などを比較していきます。

「価格」は圧倒的にAndroid有利

スマホの価格やコスパの視点でみると圧倒的にAndroidの方が有利でしょう。

AndroidではXiaomiなどの恐ろしいぐらいの低価格でハイスペック機種を販売するメーカーからiPhoneと同等の価格で販売するメーカーまで多種多様です。

しかし、同等のスペックでみると殆どの場合Androidスマホの方が安い上、前述した中華勢のXiaomiに至っては半額以下の価格で販売していることも多々あります。

また、ある程度成熟したスマホ市場では正直ハイエンドのスペックが必要ない人も多くミドルレンジで十分な場合も多くなってきています。

そうなるとAndroidのミドルレンジは20,000円程度から選択肢があるためiPhoneが価格やコスパで太刀打ちするのは今後も難しいでしょう。

唯一iPhoneが有利なポイントはリセールバリューで、中古で売却したい場合Androidスマホより購入価格のからの下落率が低い利点があります。

「サポートと修理」は総合的にiPhoneが有利

スマホのサポートを考える場合、キャリアや販売店、メーカー、保証の有無など条件により異なるのでSIMフリーに限って考えるとiPhoneの方がサポートは安心できます。

実際、iPhoneはAppleが全てサポートしているため窓口も分かりやすく質も高いです。

対してAndroidの場合メーカーにもよりますが、中華メーカーなどの格安SIM機をAmazonなどで購入するとサポートが貧弱なことが多いのでこの部分が気になる人はiPhoneの方が良いでしょう。

また、OSのアップデートに関してもiPhoneは数年に渡りアップデートをしてくれる実績がありますが、Androidの場合、毎月のセキュリティーアップデートも考慮すると「Google Pixel」シリーズや「Android One」などの一部スマホしか対応していません。

メジャーアップデートに関しては、大手メーカーの場合2年ほどはアップデートをしくれることも多いですが、キャリアから発売されるAndroidスマホの多くが対応が遅くアップデート期間も短いのが現状です。

ただ、Project Trebleによりシステムと実装の切り離しが行われているため優良メーカーではメジャーアップデートへの対応速度はあがってきています。

「修理」もiPhoneが有利

キャリアで購入し保証に入っている状態を除くと故障したさいの修理もAppleの方が有利といえるでしょう。

Appleの場合、修理に関しても窓口がしっかりしていることに加えて1台辺りの販売台数が多い分専門業者も多いため価格面も踏まえて多くの選択肢が存在いします。

逆にAndroidの場合、機種が多い分専門業者でも部品を扱ってないこともあり修理が難しい場合があります。

また、メーカーに直接依頼を出すと非常に高額になるケースも多いため修理前には、購入も含めて検討した方が良いでしょう。

スマホが故障!?画面割れや壊れたり電源が入らない時の修理と対応方法!!
スマホが故障!?画面割れや壊れたり電源が入らない時の修理と対応方法!!実際スマホの故障を完全に避けることは難しいですが、生活に欠かせなくなったスマホが使えなくなったら困りものです。ということで、今回はスマホが故障してしまった場合の修理の出し方や出す前にすることなどざっくり解説していきます。...

iPhoneとAndroidの其々のメリットとデメリット

iPhoneとAndroidの比較が終わったとでそれぞれのメリット・デメリットをまとめていきます。

iPhoneのメリット

①アップデートとアップデート対応期間
②完全バックアップと復元
③アクセサリーが豊富
④サポートや修理のクオロティーが一律
⑤Appleデバイス間の連携が秀逸
⑥シンプルで統一感のあるUI/UX

iPhoneのデメリット

①Lightning充電コネクタ
②iCloudの容量が少ない
③カスタマイズできる範囲が少ない
④製品価格が高い
⑤SDカードが使えない
⑥乗り換えしづらい

Androidのメリット

①機種の選択肢が豊富
②コスパが高い製品が多い
③最新の機能が取り入れられている
④カスタマイズ性が高い
⑤マルチプラットフォーム
⑥SDカードが使える

Androidのデメリット

①完全バックアップが出来ない
②メーカーによって微妙にUI/UXが異なる
③メーカーによってアップデートが少ない

お互いの長所を吸収しあっているとはいえまだまだ細かい部分では、差がありますね。

特に設計思想の違いからかカスタマイズの自由度に差が出ています。

また、Androidの大きなデメリットのOSのバージョンアップも大手メーカーでは、以前より対応できているので今後更に差は少なくなっていきそうです。

iPhoneとAndroidの比較と違いまとめ

iOS13やAndroid 10まで進化を続けてきた両OSも既に成熟の域に達しており、2010年頃のような大きな違いは殆どなくなっています。

今はできることの違いより、マルチプラットフォームか囲い込みかの2つのビジネスモデルの違いによる差が広がって来ている感じですね。

Appleの場合、Appleデバイスで揃えることでより利便性が増すように作られています。

そのため、サービスもデバイスも汎用性が低く囲い込まれてしまうと抜け出しにくくなるのでApple製品で揃える場合は気をつけましょう。

逆にAndroidの場合はGoogleがマルチプラットフォームでサービスを提供しているので乗り換えなども不便なく利用することが可能です。