スマホ

「UMIDIGI F1」レビュー!!ヌルサクスペックのコスパ最強スマホ!!

「UMIDIGI F1」レビュー!!ヌルサクスペックのコスパ最強スマホ!!

「UMIDIGI F1」が2019年3月12日の発売からコスパの高さで一気に話題になりましたよね。

Antutuスコアが140,000ポイント台で20,000円以下で買えるスマホって「UMIDIGI F1」を除くと国内にはほぼ皆無です。

そんなわけで高いコスパを誇る「UMIDIGI F1」は、メインで使っている「Xiaomi Mi A2」やGoogle Pay用の「Xperia XZ」とAntutuやGeekbench 4のスコアが近いので使用感も含め相当気になる存在でした。

そんな時にAmazonでクーポンがついて販売してたので速攻で購入しました。

今回は、「Xiaomi Mi A2」や「Xperia XZ」との比較も交えて「UMIDIGI F1」をレビューしていきます!

Contents

「UMIDIGI F1」の概要と特長

「UMIDIGI F1」の概要と特長

まずは、「UMIDIGI F1」の概要と特長を紹介します!

「UMIDIGI F1」は、Android 9.0を搭載したスマートフォンでカスタマイズも殆どされていないので、Android ONEに近いAndroidです。

メーカーによるカスタマイズがされてない点は、好みが分かれるところですが、私としては評価ポイントです。

また、20,000円を切る価格で有りながらAntutuスコア140,000ポイント叩き出すSoC(Helio P60)を搭載しています。

これだけでも、十分魅力的ではありますが、更に顔認証や5,150mAhの大容量バッテリー、DSDV対応など日々の使用感に大きく関わる部分も抜かりないですね、、

更に、この価格帯ではコスト削減の対象になりやすいUSB端子もUSB-TypeCに対応しており手抜き部分が少なくコスパが非常に高いスマホとなっています。

「UMIDIGI F1」のスペック

「UMIDIGI F1」のスペック

それでは、「UMIDIGI F1」の詳細なスペック部分から見ていきましょう!

基本スペック

デバイス情報
メーカー UMIDIGI
デバイス名 UMIDIGI F1
型番/別名 F1
発売日 2019年1月
発売地域 日本:フリー 海外:SIMフリー
ハードウェア情報
ディスプレイ 6.3インチ 水滴型ノッチ
解像度 2340×1080
画素密度 409ppi
画面占有率 92.70%
バッテリー容量 5,150mAh
充電対応規格 18W充電対応
接続端子 USB Type-C
サイズ 高さ:156.7mm
横幅:74.3mm
厚さ:8.8mm
重量 186g
防水/防塵 非対応
本体カラー Red、Black、Gold
システム情報
OS Android 9
SoC MediaTek Helio P60
CPU A73(2.0GHz)×4 A53(2.0GHz)×4 8コア
GPU Mali G72 MP3 700MHz
Antutu 約135,000
Geekbench 約1,400/5,500
メモリとストレージ
RAM/ROM 4GB LPDDR4X+128GB
外部ストレージカード 最大256GB
カメラ情報
リアカメラ 16MP f/1.7+8MP f/1.7
フロントカメラ 16MP f/2.0
ムービー 最大画素数1080p、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
セキュリティー 指紋センサー
GPS A-GPS, GLONASS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ
近接センサ、ジャイロ、コンパス
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他
価格 RAM:4GB+ROM:128GB[約19,000円]
公式サイト https://www.umidigi.com/
販売サイト Amazon
対応バンド・ネットワーク
Wi-Fi 802.11a / b / g / n /
Bluetooth 4.2
3G 1/2/4/5/6/8/19/34/39/BC0,BC1
4G 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B
docomo対応 メイン+プラチナバンドなど複数バンド対応
Softbank対応 メイン+プラチナバンドなど複数バンド対応
au対応 メイン+プラチナバンドなど複数バンド対応
SIM NanoSIM×2

う~ん。20,000円以下とは思えないスペックですね、、
特にSoCの性能が価格に対して高すぎる。。

「Helio P60」だとちょうど「Snapdragon 660」と同等くらいの性能ですので、Xiaomiのスマホぐらいしかコスパで対抗できるメーカーはないでしょう。

スペック面での欠点を上げれば、ハイエンドクラスのスマホに比べてカメラ性能が落ちるってところぐらししかないですね。

「UMIDIGI F1 Play」との違い

「UMIDIGI F1」と兄弟機種「UMIDIGI F1 Play」との違いは、RAM/ROM容量の違いとカメラ性能です。

具体的には、「UMIDIGI F1」が4GB/128GB+16MPリアカメラ、「UMIDIGI F1 Play」6GB/64GB+48MPリアカメラとなっており、ROMのみ「UMIDIGI F1」が上回っています。

ストレージの量を重視する人は「UMIDIGI F1」、カメラや重いゲームを重視する人RAM容量「UMIDIGI F1 Play」を選ぶと良いでしょう!

私の場合は、性能面ではどちらでも問題ないので、価格が3,000円ほど安かった「UMIDIGI F1」を購入しました。

ちなみにデザインは全く同じなので、見た目上はわかりません。

対応バンド

国内LTEバンド UMIDIGI F1 docomo au Softbank 備考
Band 1
2.1MHz
Band 3
1.8GHz
東名阪限定
Band 8
900MHz
Band 11
1.5GHz
エリアが限定的
Band 18
800MHz
Band 19
800MHz
Band 21
1.5GHz
日本独自の帯域
Band 26
800MHz
Band 28
700MHz
エリアが限定的
Band 41
2.5GHz
WiMAXやAXGP
Band 42
3.5GHz
キャリアアグリゲーション用帯域

国内で使うには対応バンドも重要です。

私のメイン機「Xiaomi Mi A2」では、docomoのプラチナバンドは使えないので、出来れば全キャリアのプラチナバンドに対応しているのが理想です。

それでいくと「UMIDIGI F1」は、LTEのプラチナバンド全てに対応していますね、、
正直これは凄い。

中華製のスマホは、結構Softbankのプラチナバンドにしか対応してないケースが多いので多くのユーザーに適応するでしょう。

ただし、au系の回線の場合は注意が必要です。

というのも、auの3G回線には対応していないので、通話をするためにはLTE回線でVoLTEで接続する必要があるのですが、現状不明なのでau回線で利用する場合は必ず確認してから購入しましょう。

「UMIDIGI F1」のデザインチェック

基本スペックがわかったところで、気になる「UMIDIGI F1」の開封からデザインチェックまで見ていきましょう!

UMIDIGIらしい漆黒の「外箱」

UMIDIGIらしい漆黒の「外箱」

UMIDIGI「Uwatch2」の外箱と同様のデザインで価格以上の高級感があります。

中華メーカーでも人気がでるところは、最近は本体だけではなくパッケージ全体でデザインを意識してる感じがして好感が持てますね!

UMIDIGI「Uwatch 2」レビュー!!コスパ最強のスマートウォッチ!
「UMIDIGI Uwatch 2」レビュー!!コスパ最強のスマートウォッチそれでは、UMIDIGI「Uwatch2」がAmazonから届いて2周間ほど使ったので、どのように進化したのかレビューていきます。...

開封直後に出てくる「thanksカード」

「UMIDIGI F1」開封直後に出てくる「thanksカード」

日本製だとあまりみないthanksカードもしっかり入っています。

厚手の紙で作られており、色も綺麗なので最新のデバイスには全て同梱しているのでしょう。

謎に高級感漂う「説明書の封筒」

「UMIDIGI F1」謎に高級感漂う「説明書の封筒」

高級感を感じたのが、説明書が入った封筒です。

ザラザラとした、厚手の紙に濃い目のグレー配色にゴールドの文字。

パッケージ内で本体も上回り最も高級感が漂っていました。(笑)

封筒内の「SIMピン」と「説明書」

「UMIDIGI F1」封筒内の「SIMピン」と「説明書」

高級感漂う封筒を開けると出てくるのがSIMピンと説明書。

説明書は殆ど英語で、最後の方に日本語で基本的な部分のみ説明が記載されています。

私を含め殆どの人が説明書は読まないでしょうから英語でも問題ないですね。

赤の「USBケーブル」と黒の「充電器」

「UMIDIGI F1」赤の「USBケーブル」と黒の「充電器」

おっと!ここにきてやっと手抜きの部分がでてきました!

充電器のサイズとケースのサイズが合っていません。(笑)

充電器は日本で使えるものなので、おそらく海外製の充電器を日本で販売するように日本製に替えたらサイズが合わなかったのでしょう!

あと、気になるのは赤の充電ケーブル。

これ好みが激しく分かれるでしょっ。

私は使うことがなさそうです。。

「UMIDIGI F1」の同梱物

「UMIDIGI F1」の同梱物

同梱物は、本体、本体ケース、充電器、USBケーブル、SIMピン、取り扱い説明書にthanksカード。

今では、かなり人数は限られるでしょうけど、初めてスマホを購入する人や充電器が欲しい人には付属品としてセットに充電器が付くのはありがたいですね。

質感の高いユニボディと狭額ベゼルの「本体」

「UMIDIGI F1」質感の高いユニボディと狭額ベゼルの「本体」

水滴型ノッチを採用し、92.7%画面占有率の超縦長ディスプレイとプラスチックのユニボディーは思ったより良い感じ。

プラスチックボディーなので質感は全く期待してなかったのもありますが、触り心地がアルマイト処理したアルミを柔らかくした感じでプラチック感がかなり低いですね。

金属ボディーにガラスでサンドイッチするタイプのデザインが近年のトレンドですが、悪くないです。

通知も使える「水滴型ノッチ」

「UMIDIGI F1」通知も使える「水滴型ノッチ」

iPhoneとかの大きめのノッチだと通知が犠牲になってしまいます。

その点、水滴型ノッチだと通知領域も使えてデザイン的にもスマートになるので大満足!

アルミユニボディーに見える「背面」

「UMIDIGI F1」アルミユニボディーに見える「背面」

プラスチックの素材の背面。

見た目は、完全にアルマイト処理されたアルミユニボディーです。

見た目での判別は、アンテナ線の有無でしか見分けが付かない。

安定感に寄与する「厚み」

「UMIDIGI F1」安定感に寄与する「厚み」

5,150mAhの大容量バッテリーを積んでいるので最近の端末と比べると流石に8.8mmと厚みはあります。

しかし、持ち安さと言う意味では逆に安定して持ちやすいです。

メインの「Xiaomi Mi A2」が7.3mmとかなり薄いサイズですが、ケースを付けないとめちゃくちゃ落としそうですからね。(笑)

出べそをほぼ回避した「リアカメラ」

「UMIDIGI F1」出べそをほぼ回避した「リアカメラ」

厚みがあるおかげで、リアカメラが飛び出てしまう出べそ化現象をほぼ回避出来ています。

そのため、机に置いたときも不安定になりません。

激安端末には珍しい「USB-TypeC端子」と「3.5mmイヤホンジャック」

「UMIDIGI F1」激安端末には珍しい「USB-TypeC端子」と「3.5mmイヤホンジャック」

真っ先にコスト削減の対象となるUSB端子に、TypeCを採用してくれているのは非常に有り難いの一言!

充電環境がほとんどTypeCなのでMicroUSB(USB/Micro B)だと付け替えが面倒なんですよねぇ、、

他にも3.5mmイヤホンジャックもついているので、ワイヤレスイヤホンの故障やバッテリー切れなど緊急の時に役に立ちますね!

質感の高い付属の「TPUケース」

「UMIDIGI F1」質感の高い付属の「TPUケース」

「UMIDIGI F1」は、本体用のケースもついてます!

そしてこれがハイクオリティーです。

ハードケースっぽく見えますが、かなり硬めのTPUで背面や側面には加工がしてあります。

本体にバッチリはまる「TPUケース」

「UMIDIGI F1」本体にバッチリはまる「TPUケース」

付属のケースだけあってめちゃくちゃガッチリとハマります。

つけ外しはTPUとは思えないぐらいしにくいですが、つけている時の一体感とクオリティーは付属品のレベルを超えてますね。

DSDVに対応した「SIMスロット」

SIMスロットは、SIMピンで開けるタイプです。

最近は、ほとんどスマホがこのタイプですよね。

デザイン的には文句なしですが、海外で現地のSIMを用意した時など微妙にめんどくさい部分です。

疑惑の「重量」

「UMIDIGI F1」疑惑の「重量」

おっと!

公式の重量より6gオーバーしています。

Ankerにはじまり中華系メーカーの場合、多少の重量のズレはもはや恒例行事です。(笑)

このぐらいの重量があるうちの6gぐらいだと正直体感でわからないので問題ないですが、中華メーカーはなぜこんなに公式値より僅かながら差が出るのか不思議です。

「UMIDIGI F1」のディスプレイ

「UMIDIGI F1」のディスプレイ

「UMIDIGI F1」のディスプレイは、めちゃくちゃ綺麗です。

最近のフラグシップのディスプレイに使われる有機ELと比べるとさすがに劣りますが、LCD(液晶)の中では間違いなく上位の表現力となってます!

手持ちの「Xperia XZ」や「Xiaomi Mi A2」と比べても黒の沈みもしっかりしていて色のバランスも文句なしでした。

「UMIDIGI F1」のカメラ性能

 

評判より綺麗に写真が撮れると思います。

今回、比較した写真では色ムラの色合いに不自然差もなく悪くないです。

ただ、他にも何枚か撮影したところ被写体によっては、色がやや不自然に加工されたりすることもあるのでソフトのチューニングはもう一歩といったところです。

正直、同じ価格帯のXiaomi Mi A2の方が写真に限らずクオリティーは高いです。
Band19に対応していない点や購入のしやすさを考慮しなければXiaomiのコスパの高さにはまだまだ届いていないでしょう。

「UMIDIGI F1」のベンチマークテスト

次は、数値面から「UMIDIGI F1」をみていきましょう!

ベンチマークに使うアプリは定番の「Antutu Benchmark」と「Geekbench 4」です。

【2019年最新】スマホのベンチマークスコアを比較【Antutu GeekBench 4】
【2019年最新】スマホのベンチマークスコアを比較【Antutu GeekBench 4】今回は、スマホのCPU[SoC]性能を計るメジャーベンチマークアプリ【Antutu】と【Geekbench】を使い[SoC]毎に性能を比較しました。...

140,000ポイントを超える「Antutu Benchmark」

Antutu Benchmarkは、140,770ポイントを超えるパフォーマンスを発揮、20,000円以下でこのスコア超えるスマホってXiaomiしか思いつきません。

Xiaomiが国内で正規の販売がないので、実質的に唯一無二の存在感があります。

また、2016年のフラグシップ端末「Xperia XZ」、「Xiaomi Mi A2」のSoCがそれぞれ「Snapdragon 820」「Snapdragon 620」なので総合性能的には、「Helio P60」を含め近いです。

ただ、内訳をみるとCPU性能では、「UMIDIGI F1」や「Xiaomi Mi A2」が高いですが、GPU性能では「Xperia XZ」が倍近くスコアが高いのでゲームでは差が出るでしょう!

Antutu Benchmark
Antutu Benchmark
開発元:Beijing AnTuTu Technology Limited
無料
posted withアプリーチ

マルチコアスコアの高い「Geekbench 4」

「UMIDIGI F1」は、シングルコアスコアで1,476、マルチコアスコアで5,747と比較的マルチコアスコアが伸びやすい傾向があるようです。

また、3年ほど前のフラグシップ機である「Xperia XZ」にシングルコアスコアでは、劣るもののマルチコアスコアでは圧勝しています。

これはコア数の問題で当然の結果ではありますが、ビックコアを使える「Helio P60」を搭載したことで、シングルコアスコアが今までのUMIDIGIとは桁違いに伸びているので大幅に使用感が改善しているのも頷けます。

Geekbench 4
Geekbench 4
開発元:Primate Labs Inc.
無料
posted withアプリーチ

「UMIDIGI F1」と「Xperia XZ」「Xiaomi Mi A2」の使用感比較

「UMIDIGI F1」と「Xperia XZ」「Xiaomi Mi A2」の使用感比較

「UMIDIGI F1」と「Xperia XZ」「Xiaomi Mi A2」を比較するとベンチマーク同様数字と非常に近い使用感を得られます。

ただ、基本はヌルサクで使える3機種ですが、長時間使っていると挙動に差がでてきて「Xperia XZ」が製造プロセスの問題からかやや発熱が多く一度熱くなってしまうとカクカク動作になってしまうことがあります。

対して「UMIDIGI F1」や「Xiaomi Mi A2」では、発熱することも少なくヌルサクで快適に利用することが出来ます。

ただし、3Dグラフィックスを扱うゲームでは「Xperia XZ」が最も快適に動作するのでこの辺りもベンチマークテストの結果通りですね。

「UMIDIGI F1」を1週間使った」使った感想

それでは「UMIDIGI F1」を一週間使って見えてきた感想をまとめます!

スワイプジャスチャーが選択可能

最近のAndroid端末では、ほとんどカスタムされたOSを使っているのでジャスチャーなどは珍しくはなくなってきましたが、「UMIDIGI F1」も当然設定可能です。

Android 9.0から採用されたピルとバックボタンだけの構成に近いジャスチャーも可能で、純正より優れているポイントは、ほぼフルスクリーンにできる点です。

実質的にAndroid 10を先取りしている感じです。

純正とは異なり、ピルなどもなくほぼジェスチャーだけで使えるのでディスプレイを広く使えるためより多くの情報を閲覧可能にしてくれます。

ただ、ちょっと慣れが必要なので最初のうちは苦労するかも…

ヌルサク動作

問題なくヌルサクで動きます。

ブラウザの高速スクロールでも問題なく描写がついてくるのでストレスなく利用出来ますね。

ローエンドモデルとの差はやはりこういうレスポンスなど細かい部分に現れます!

高速の指紋認証と顔認証

指紋認証も顔認証も高速です。

最近のフラグシップでは当たり前ですが、指紋認証は精度が高く触れたら一瞬で起動します。

激安のスマホだと精度悪かったりすることも多いですが、そんなことはありませんでした。

また、顔認証に対応したスマホを使うのが今回初めてでしたが、想像以上に便利です!

ただ、マスクをしていたり角度が悪いと使えないので若干不便な面も有りメインのセキュリティーはどうしても指紋認証になってしまいますね。。

厚みと丸みがあり持ちやすい本体

大容量バッテリーのためか、若干厚みのある本体のおかげでケースなしでも安定感が良く持ちやすいです。

また、プラスティックボディーのおかげで硬さを感じないのも意外と持ち安さに貢献してる気がします。

冬などはアルミボディーだと冷たくなってしまうことがありますが、「UMIDIGI F1」はプラスティックなので裸でも問題なく利用可能です。

GPSの精度が低い

Google Mapを利用して若干不便だったのが、GPSの精度。。

といっても位置がずれるとかそこまで酷いものではありませんが、スマホの向きに対して方向が合わないことがちょくちょく発生します。

原因の特定は出来ませんが、目的地への移動のさいにGoogle Mapしかみないで移動する人や方向音痴な人にはやや不便です。

私も方向音痴の傾向があるので、初めての場所で方向がわからないのは辛い部分があります…

バッテリーの持ちが半端じゃない

5,150mAhの大容量バッテリーを搭載しているだけあってバッテーリ持ちは半端じゃないです!

使い方にも大きく左右されますが、私の場合は2日は使えます。

必然的に充電の回数も減るので、バッテリーの寿命も伸び更にバッテリー容量の割に軽いとメリットが多いです。

国内主要バンドにほぼ対応

「UMIDIGI F1」は、国内のLTEバンドにほぼ対応しています。

中華スマホでは、ドコモのB19と言われるプラチナバンドに対応してないことが多いです。

MVNOを含めドコモの回線を利用する人が一番多いですからSIMの汎用性が高まり利便性が増しますね!

※auでVOLTEが使えるかどうかは未検証なのでau系のSIMを利用したい場合、購入前にご確認することをおすすめします。

USB-PDに対応していない

ちょっと残念だったのは「USB-PD」に対応してないとこ。

「USB-PD」に対応した充電器やバッテリーが急速に普及してきているので対応しておいて欲しかったです。

SoCがMediaTekの「Helio P60」なのでQualcommの「QuickCharge」も使えないため急速充電は充電器側の急速充電機能に頼ることになります。

急速充電の仕組みと規格をがっつり解説【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格をがっつり解説【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格の解説していきます!...

「UMIDIGI F1」がおすすめな人

「UMIDIGI F1」は、安くて快適に利用できるスマホを探している人に最適です。

20,000円を切る価格に必要十分な基本性能、充電端子などのコスト削減対象部分までハイエンドよりの仕様になっているので非常におすすめの1台です。

逆に、3Dグラフィックスゲームを中心に利用する人やカメラ性能を重要視する場合は、ハイエンドモデルではないためおすすめできません。

とはいえ、値段を考えるとゲーム性能も日常利用での快適性も高く、バッテリー容量も多いので余程のヘビーユーザーでなければ満足の行く買い物になると思います。

iPhoneを使っている人でも試しにAndroidスマホが欲しいといった場合にもおすすめ出来ますね!

「UMIDIGI F1」のまとめ

「UMIDIGI F1」は、ミドルレンジスマホながら一般的な利用なら必要十分以上の性能と圧倒的なバッテリー容量で多くの人におすすめできるスマホに仕上がっています。

特に価格面が重要で20,000円を切る価格でここまで性能が高い機種は国内では選択肢がありません。

ハイスペックでなくても快適に使えるようになってきたスマホにおいて最高の選択肢の1つになるかと思います。