モバイルバッテリー

Anker「PowerCore II 10000」レビュー!!18W出力に対応した10,000mAhモバイルバッテリー

Anker「 PowerCore II 10000」レビュー!!18W出力に対応した安定の1台!

現在、Cherroの「Power Plus 2」を在宅用、「Power Plus 3」を外出用に使っていますが、どちらのモバイルバッテリーも使い始めて2年以上使っちゃってます…。

そのため、劣化が半端なく「Power Plus 2」が10,000mAh、 「Power Plus 3」が13,400mAhもあるのにも関わらず3,000mAhのバッテリーを搭載したAndroidスマートフォンだと1回しか充電できません。

そこで、以前からもの凄い気になっていたモバイルバッテリー界の王であるAnkerの「 PowerCore II 10000」を購入しました!

結論からいうと「PowerIQ2.0」による最適な充電と10,000mAhとは思えない軽さと小ささが合わさってモバイル用のバッテリーとしては、最高の1台になりました。

というわけで、今回はAnker「 PowerCore II 10000」を2周間ほど使ったのでレビューしていきます!

Anker「PowerCore II 10000」の概要と特長

Anker PowerCore II 10000の概要と特徴

Anker「 PowerCore II 10000」は、名前の通り10,000mAhの容量を持つ大容量モバイルバッテリーです。

「PowerIQ2.0」に対応してたり、旧モデルのAnker 「 PowerCore 10000」とは異なった質感を実現したストライプメッシュ加工を採用しています。

そのため、サラサラとした質感や手に馴染みやすいデザインです。

また、円形の残量マークと相まって旧モデルに比べると見た目もよく、良い意味で差を感じることができます。

スペック面では「PowerIQ2.0」を採用することにより、モバイルバッテリーへの充電が最短で4時間(Quick Charge対応の充電器で充電した場合)、入出力が各々最大18Wと旧モデル比で1.8倍へ進化したりと大幅な成長を遂げています。

Anker「PowerCore II 10000」のスペック

Anker PowerCore II 10000のスペック

それでは、気になるAnker「 PowerCore II 10000」のスペックを見ていきましょう!

Anker「 PowerCore II 10000」のスペック表
バッテリー容量 10,000mAh
入力 5V=2A[Quick Charge] 9V=2A[PowerIQ 2.0]
出力 5V=3A、9V=2A、12V=1.5A[PowerIQ 2.0出力]
入出力対応規格 PowerIQ 2.0(Anker独自規格)
インターフェイス USB/TypeA×1 Micro USB×1
サイズ[縦×横×奥行き] 96mmx 62mmx 22mm
重量 195g
カラー WHITE/Black
同梱物 Micro USB×1 バッテリー用ポーチ×1
取扱説明書 18ヶ月保証カード

10,000mAhの容量を持つモバイルバッテリーで、200g切ってますのでかなり持ち運びには便利です。

Cherroの「Power Plus 2」では、300g近くあったので同じ容量で100gほど軽くなりました。

また、スペック面での大きな進化は、「PowerIQ2.0」に対応することで入出力容量が大幅にアップしていますね。

モバイルバッテリー本体への充電は勿論、スマートフォンやタブレットへの充電が急速充電と同等の速さになるのは、地味に便利なポイントです。

ちなみに、「PowerIQ2.0」は、ざっくりいうと「Quick charge3.0」を内包したAnker独自の充電用の規格でデバイスに応じて最適な充電出力で充電できる機能です。

急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格を徹底解説していきます!...

Anker「PowerCore II 10000」のデザイン

次は、Anker「 PowerCore II 10000」の開封からデザインまで一気に見ていきましょう!

洗練されたデザインに進化した「外箱」

Anker PowerCore II 10000 洗練されたデザインに進化した外箱

外箱は、値段の割に質感が高く白を貴重にAnkerのイメージカラーの青をアクセントカラーに持ってきたシンプルなデザインです。

また、印刷ではなく凹凸で表現した絵も入っており中々気合が入ってますね!

ブルーのアクセントカラーが入った「内箱」

Anker PowerCore II 10000 内箱にはAnkerのアクセントカラー

こちらは、開封直後の写真です。

モバイルバッテリー本体は、ノングレアな袋に入っています。

ポーチもしっかり付いた「本体と付属品」

Anker PowerCore II 10000 本体と付属品にはポーチも有り

同梱物は、真ん中のモバイルバッテリー本体の他に、Micro USB×1、バッテリー用ポーチ×1、取扱説明書、18ヶ月保証カードが入っています。

持ち運びにケーブルも一緒に収納しておけるのでポーチ付きは地味に有り難い!

ストライプメッシュ加工がカッコいい「本体」

Anker PowerCore II 10000 ストライプメッシュ加工がカッコいい本体

上記の写真は、Anker 「 PowerCore II 10000」を正面から撮った写真です。

ストライプメッシュ加工がアクセントになっていますね!

さわり心地もさらさらしてて気持ちいいので良い進化です。

最小限に抑えられた「入出力端子」

Anker PowerCore II 10000 入出力端子

接続端子部分です。
スペック通りUSB/TypeAとMicro USBのインターフェイスがあります。

端子は少ないですが、小型とのトレードオフって感じでしょう。

2台以上同時充電されたい方は避けた方が良いですね。

PSEマークが刻印された「下部」

Anker PowerCore II 10000PSE マークが刻印された下部

下部の写真です。

下部も丸みを帯びており、文字はきちんと[PSE]マークが入っています。

Power Plus 2や3との「比較」

Anker PowerCore II 10000のデザイン Power Plus 2や3との比較

真ん中のAnker 「 PowerCore II 10000」の小ささが、Cheeroの「Power Plus 2」や「Power Plus 3」と比べると際立ちます。

特に同容量の「Power Plus 2」と比べると高さも幅も大幅に小さくなっていることがわかりますね!

USB/TypeA端子の「接続状態」

Anker PowerCore II 10000 接続状態

上記は、最大18WのUSB/TypeAの出力端子につないだ写真です。

バッテリー残量の表示が明るさ的にも場所的にもかなりみやすく段階も多いので助かりますね。

公称値より軽い「重量」

Anker PowerCore II 10000 公称値より軽い重量

あれ?公式では195gでしたが、公称値より軽い190gと表示されています。

公称値より重ければ問題ですが、軽い分には問題ありませんね!

Anker「PowerCore II 10000」の入出力端子と使い方

使い方の紹介と電圧と電流のチェックをしていきます!

使い方

Anker「 PowerCore II 10000」の使い方は、超簡単です。
入力端子がMicroUSB、出力端子がUSB/TypeAと分かれているので使い分けるだけです。

特に出力に関しては、「PowerIQ2.0」が出力先のデバイスに応じて勝手に最適化してくれるのでスマホやタブレットの利用では、何も気にする必要がありません。

本体の充電を速く行いたい時は、「Quick Charge」に対応した充電器を使う必要がある点だけ覚えておきましょう!

電圧と電流チェック

Anker PowerCore II 10000の電圧と電流チェック

安心安全と言われるAnker製品なので、調べる必要もないかもしれませんが念の為、「USB電流電圧テスター」で電圧と電流を確認しました。

上記画像は、出力先のデバイスにスマートフォンのXiaomi Mi 8 Lite(バッテリー容量 3350mAh)をバッテリー残量73%で計測したところです。

結果としては、電圧[6.55V]、電流[2.24A]で約15Wの電力で急速充電していることがわかります。
[PowerIQ 2.0]さすがです!

また、[PowerIQ 2.0]は、「QuickCharge3.0」と互換性があるので地味に急速充電できるスマホが多いのが利点でしょう!

急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格を徹底解説していきます!...

Anker「PowerCore II 10000」の3つのメリット

Anker「 PowerCore II 10000」のメリットは、以下の点です。

Anker PowerCore II 10000の3つのメリット

①小型軽量で持ち運びに最適
②ストライプメッシュ加工でサラサラとした質感
③[PowerIQ 2.0]による分かりやすく安定した出力

Anker「 PowerCore II 10000」は、小さく軽いです。
そして、デザインもシンプルかつストライプメッシュ加工で手触りもよく作られています。

モバイルバッテリーの場合、本体を持つことも多いので質感への拘りは非常に嬉しいです。

「PowerIQ2.0」による進化で高出力にも対応しユーザーに電圧や電流などを意識させずに使えるのも大きなポイントです。

Anker「PowerCore II 10000」の2つのデメリット

Anker「 PowerCore II 10000」のデメリットは2つです!

Anker PowerCore II 10000の2つのデメリット

①USB/TypeC対応ではないので充電時に切り替えが必要
②どんなに加工がよくてもプラスチック

正直、デメリットと感じる箇所はほとんどないのですが、最も実用上で問題だったのがUSB/TypeCに対応してないことです。

私の場合、身の回りのUSBの充電ケーブルが、USB/TypeCばかりなので充電にMicro/USBへの切り替えが生じてしまいます。

以前に使っていた、Cheeroの「Power Plus 2」や「Power Plus 3」も当然USB/TypeCには対応してないので、最初は意識してなかったですがよくよく考えると少し不便でした。

また、ストライプメッシュ加工でサラサラとした質感で、見た目も触り心地も良いのですが、やはりアルミなどの金属系のものと比べてしまうと質感は劣ってしまう点もマイナスになってしまいますね。

Anker「PowerCore II 10000」がおすすめの人

Anker「 PowerCore II 10000」は、短時間で充電できる急速充電が必要な人や大容量のモバイルバッテリーが必要な人におすすめです。

特に[PowerIQ 2.0]による急速充電は、急速充電の規格など詳しくなくてもモバイルバッテリー側で最適化してくれるので万人にむけておすすめできるポイントでしょう!

また、小型軽量で持ち運びに優れているので、カバンに入れっぱなしでも殆ど邪魔になりませんね!

逆に、おすすめできない人は複数台のデバイスの同時充電を前提にしている人でしょう。

物理的に出力端子が1つしかないのでこの部分は諦めるしかありません。

とはいえ、同時充電を除けば万人におすすめできる性能とサイズをもったモバイルバッテリーですので非常におすすめです。

Anker「PowerCore II 10000」レビューのまとめ

Anker「PowerCore II 10000」は、以前使っていたモバイルバッテリーが古かったこともあり大幅に性能が向上しています。

そのせいも有り、ここ最近では最も満足したガジェットになりました。

私の用に、数年前に購入したモバイルバッテリーから乗り換える場合あらゆる面で進化しているので、かなり満足した買い物となる可能性が高く非常におすすめです!

モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!【2019】
モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!今回はモバイルバッテリーを選ぶ際のチェックポイントを徹底的に解説していきます。...
モバイルバッテリー大容量タイプの性能を徹底比較!!
モバイルバッテリー大容量タイプの性能を徹底比較!!そんなわけで、今回はモバイルバッテリーの大容量タイプに分類される激戦区「10,000mAh」クラストと「20,000mAh」に分けて徹底的に比較していきます。...
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格を徹底解説していきます!...