モバイルバッテリー

Anker「PowerCore 20100」レビュー!!20100mAhでもコンパクトなモバイルバッテリー!!

Anker「PowerCore 20100」レビュー!!20100mAhでもコンパクトなモバイルバッテリー!!

先月、Amazonのプライム会員向けの特別セールのプライム
デーで気になっていた商品をまとめて購入しました。(笑)

その内の1つがAnker「PowerCore 20100」です!

もともと、海外に行く際には20,000mAh以上の大容量のモバイルバッテリーを持っていると便利だなと以前から思っていたので購入するいい機会でした。

そんなわけで今回は、20100mAhの大容量モバイルバッテリーAnker「PowerCore 20100」をレビューします。

Anker「PowerCore 20100」の概要と特長

Anker「PowerCore 20100」の概要と特徴

Anker「PowerCore 20100」の特長といったら20100mAhの大容量ですね!
出力端子も2ポート備え付けられているので、2台のデバイスを同時に充電することも可能です。

ちなみに出力端子も1ポートが2.4Aとなっており、2ポート合計の最大出力が4.8Aと高出力。

そして、PowerIQによるデバイスに合わせての急速充電も2台同時にできるのでハードに使用する人にも頼もしいモバイルバッテリーです!

電圧は最大5Vで2ポート合計最大24Wの出力が可能になっています。

Anker「PowerCore 20100」のスペック

Anker「PowerCore 20100」のスペック

それでは、Anker「PowerCore 20100」のスペック表を見てみましょう。

Anker「PowerCore 20100」のスペック
バッテリー容量 20,100mAh
出力 1ポート 5V=2.4A 最大5V=4.8A[PowerIQ]
入力 5V=2A
入出力対応規格 PowerIQ(Anker独自規格)
インターフェイス USB/TypeA×2 Micro USB×1
サイズ[縦×横×奥行き] 約166mmx 58mmx 22mm
重量 356g
カラー ブラック
同梱物 Micro USB×1 バッテリー用ポーチ×1
取扱説明書 18ヶ月保証カード

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」と比べると外見のデザインは殆ど一緒なのですが、やはり20,100mAhと大容量なので縦の大きさではかなりの違いがわかります。

ですが、Anker「PowerCore 20100」は横の長さはAnker「PowerCore Speed 10000 QC」と変わらないので手で持った時の持ちやすさはそのままといった感じです。

Anker「PowerCore 20100」のデザイン

次は、Anker「PowerCore 20100」の開封からデザインまで見ていきます。

Ankerお馴染みのシンプルな「外箱」

Anker「PowerCore 20100」のデザイン 外箱

もう私には見慣れたお馴染みの箱です。(笑)

Anker「PowerCore II 10000」の気合の入った外箱も好きですが、こちらのタイプの外箱もシンプルなので意外と良く思えてきました。

箱自体も硬いので中身を傷つける心配もないので安心です。

開封時に楽な「外箱」

Anker「PowerCore 20100」の開封

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」の時と同様にテープなどで止めていないので比較的簡単に開封する事ができます。

バッテリー用ポーチが入っている「付属品」

Anker「PowerCore 20100」のバッテリー用ポーチが入っている「付属品」

同梱物は、本体、Micro USBケーブル、バッテリー用ポーチ、取扱説明書、18ヶ月保証カードが入っています※(注文番号が保証書の代わりとなっています)。

バッテリー用ポーチが入っているので、モバイルバッテリー専用のポーチがない人でも安心ですね!

安定して握れる「本体」

Anker「PowerCore 20100」のデザイン 安定して握れる本体

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」と外見は殆ど一緒になっています。

やはり縦の大きさは変わってしまいますが、握った時の感触は安定して握れるので重さを省けばAnker「PowerCore Speed 10000 QC」と殆ど一緒です。

出力端子が2ポートの上部

Anker「PowerCore 20100」のデザイン 上部

接続端子部分です、特長であるUSB/TypeAのインターフェイスがちゃんと2ポートあるので同時出力が可能です。

定格ワット時の記載もしている「下部」

Anker「PowerCore 20100」のデザイン 下部

PSEマークもしっかり記載されていて、20,100mAh/72,36Whと定格ワット時が記載されているので飛行機の国内線も国際線も機内へ問題なくの持ち込み可能で安心です。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」とcheero「Power Plus 5」の比較

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」とcheero「Power Plus 5」の比較

10,000mAhのAnker「PowerCore Speed 10000 QC」と並べてみるとAnker「PowerCore 20100」は20,100mAhでもコンパクトなのがわかります。

やはりcheero「Power Plus 5」のアルミボディと比べてしまうと質感はかないませんね。(笑)

あといくら容量を考えると小型といってもデカイ!

若干近い「接続端子」

Anker「PowerCore 20100」のデザイン 接続端子

上記の写真は2ポートをUSB/TypeAを同時に出力端子につないだ状態になります。

出力端子部分は若干近すぎる気がしましたが実用上、取り外ししにくいとかもなく快適に利用できます。

疑惑の「重量確認」

Anker「PowerCore 20100」のデザイン 重量確認

「うーむ…今回も若干おデブか…」公式との重量のずれはもはやAnkerあるあるですね…。
公式では約356gと記載されていましたが3g重いという…

まーいつものことなんでなんでぶっちゃけ許容範囲です。

Anker「PowerCore 20100」の使い方と電圧電流チェック

Anker「PowerCore 20100」の使い方の紹介や電圧と電流のチェックをしていきます。

Anker「PowerCore 20100」の使い方

使い方は、いたってシンプルです。

入力端子がMicro USB、出力端子はUSB/TypeAが2ポートと分かれています。

出力端子の部分にPowerIQのマークが表記されているので2ポートどちらに挿しても急速充電ができるのも一目でわかるようになっています。

また、PowerIQが出力先のデバイスを判断して最適化してくれるので何も気にせず充電できて本当に楽です。

Anker「PowerCore 20100」の電圧と電流チェック

Anker「PowerCore 20100」の電圧と電流チェック

今回も恒例の「USB電流電圧テスター」で電圧と電流を確認してみました。

上記画像は、出力先のデバイスにスマートフォンのXiaomi Mi 8 Lite(バッテリー容量 3350mAh)をバッテリー残量52%で計測したところです。

結果ですが、電圧[5.14V]、電流[1.84A]で急速充電していることがわかります。

「PowerIQ 2.0」と比べるとやや出力が劣っています。
とはいえ、10W近く出力があるのでスマートフォンでは十分です。

Anker「PowerCore 20100」がおすすめの人

Anker「PowerCore 20100」のおすすめの人は、複数のデバイスを持っている人や旅行など遠出の際になかなか電源の確保できない人にはかなり心強い味方になります!

20,100mAhは大容量ですが、Anker「PowerCore 20100」は20,000クラスではとてもコンパクトとなっていて10,000mAhのAnker「PowerCore Speed 10000 QC」と比べても2倍の大きさになっていなません。

そのうえ、10,000mAhのAnker「PowerCore Speed 10000 QC」と横幅は全く変わっていないので握った時も非常に持ちやすいです。

また、出力端子が2ポートあるので2つのデバイスを最高2.4Aの高出力で充電できるので旅行など遠出の時も家族や友達も同時に充電できるのも強みです。

上記の理由で値段もAnker「PowerCore Speed 10000 QC」約1,000円しか変わらないので10,000mAh以上のモバイルバッテリーの購入を考える人にはおすすめです。

ですが、20,100mAhは大容量といった特性上、充電するのに時間がかかってしまうので充電に時間がかかるのが嫌な人や10,000mAhで事足りる人にはおすすめできません。

とはいえ、20,100mAhクラスではトップクラスのコストパフォーマンスです!

Anker「PowerCore 20100」のレビューまとめ

旅行の際などに持っていけるモバイルバッテリーが私は欲しかったので、結果的には購入して大満足です。

20,100mAhは大容量ですが非常に持ちやすくコンパクト、付属の専用ポーチにケーブルも入れれるので鞄に入れても邪魔にならない!

そして、出力端子も2ポートあるので2デバイス同時充電…20,000mAhクラスの大容量のモバイルバッテリーの購入を考えている人にはかなりおすすめです。

モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!【2019】
モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめランキング7選!!【2019】今回はモバイルバッテリーを選ぶ際のチェックポイントを徹底的に解説していきます。...