モバイルバッテリー

Anker 「PowerCore Speed 10000 QC」レビュー!Quick Charge3.0を採用した10,000mAhのモバイルバッテリー

「Anker Power Core Speed 10000 QC」レビュー!Quick Charge3.0はやっぱり早い!!

先日、Anker「PowerCore II 10000」を購入しなかなか満足出来たので、更に価格が安くQuick Charge3.0に対応したAnker「PowerCore Speed 10000 QC」を購入しました。

容量はAnker「PowerCore II 10000」と同じ10000mAhで急速充電のQuick Charge3.0に対応にも関わらず3,000円未満という中々コスパの高い代物。

そんなわけで今回は、PowerIQとQuick Charge3.0が備わったAnker「PowerCore Speed 10000 QC」をレビューします。

Anker「Power CoreSpeed 10000 QC」の概要と特長

Anker Power CoreSpeed 10000 QC の概要と特徴

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」の1番の特長はPowerIQとQuick Charge3.0の両方が搭載されているの所です。

ちなみに、Quick Charge3.0はQualcommが開発したスマートフォンやタブレットが急速充電できちゃう規格です。

80%までの充電をする場合に、出力が低い充電器と比べると約4倍の充電速度で充電できるのでQuick Charge3.0があるのとないのではだいぶ差が出るのでQuick Charge3.0対応しているスマートフォンを持っている場合すごく便利です。

また、デザインもシンプルかつ小柄なので持ち運びでも邪魔になりませんし、なにより驚きなのが同じ10000mAhでAnker「PowerCore II 10000」よりも安い所ですね!

Anker「 PowerCore II 10000」レビュー!!18W出力に対応した安定の1台!
Anker「PowerCore II 10000」レビュー!!18W出力に対応した10,000mAhモバイルバッテリー結論からいうとPowerIQ 2.0による最適な充電と10,000mAhとは思えない軽さと小ささが合わさってモバイル用のバッテリーとしては、最高の1台になりました。 それでは、2周間ほど使ったのでレビューしていきます!...

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」のスペック

Anker Power CoreSpeed 10000 QC のスペックそれでは、Anker「PowerCore Speed 10000 QC」のスペック表を見ていきましょう。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」
バッテリー容量 10,000mAh
入力 5V=2A
出力 5~3V=3A、8~10V=2.4A、10~12V=2A
[Quick Charge3.0]
入出力対応規格 PowerIQ (Anker独自規格)
VoltageBoost(Anker独自規格)
Quick Charge3.0 (Qualcomm)
インターフェイス USB/TypeA×1 Micro USB×1
サイズ[縦×横×奥行き] 約100mmx 63mmx 22mm
重量 198g
カラー Black/WHITE
同梱物 Micro USB×1 バッテリー用ポーチ×1
取扱説明書 18ヶ月保証カード

「PowerCore II 10000」と比べると少し縦長になった点と重量も少し増えています。

また、PowerIQとVoltageBoostに加えQuick Charge3.0が搭載されたことによって最大24Wの出力を出すことが出来るので、いろんなUSB機に幅広い急速充電も可能になっていますね。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」のデザイン

次は、Anker「Power CoreSpeed 10000 QC」の開封からデザインまで見ていきます。

白と青をベースとした「外箱」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC 白と青をベースとした外箱

外箱自体はしっかりと硬く頑丈なのですが、Anker「PowerCore II 10000」の気合の入った外箱と比べると見劣りしてしまいますね…。

しっかりと梱包されている「本体」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC しっかりと梱包されている本体

外箱にはテープで止めてある場所がなかったので比較的簡単に開封する事ができました。

統一感のある「本体と付属品」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC 統一感のある本体と付属品

同梱物は、本体、Micro USBケーブル、バッテリー用ポーチ、取扱説明書、18ヶ月保証カードが入っています※(注文番号が保証書の代わりとなっています)。

全て黒なので統一感がありますね。

THEシンプルな「本体デザイン」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC THEシンプルな本体デザイン

Anker「PowerCore II 10000」には質感が劣りますが、シンプルで握りやすくなっています。

電池残量も4段階で確認でき、表示ランプは濃い目の青で点灯するので見た目は勿論視認性もかなり良いです。

Quick Charge3.0の刻印がある「出力端子」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC Quick Charge3.0の刻印がある出力端子

USBの差込口の近くにQuick Charge3.0のマークがはいっています。

Quick Charge3.0が使えるのと使えないのでは、利便性に差が出るので結構重要です。

PSEマークもしっかり入った丸みのある「下部」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC PSEマークもしっかり入った丸みのある下部

Ankerなので当たり前ですが、PSEやQuick Charge3.0の記載もちゃんと入っていますね。

PowerCore II 10000とPower Plus 3の「比較」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC PowerCore II 10000とPower Plus 3の比較

見た目はAnker「PowerCore Speed 10000 QC」の方がAnker「PowerCore II 10000」より気持ち大きく感じます。

Cheeroの「Power Plus 3」はだいぶ大きいです。(笑)

出力端子につないだ状態

Anker Power CoreSpeed 10000 QC 出力端子につないだ状態

Quick Charge3.0でUSB/TypeAの出力端子につないだ状態です。

出力端子が一つと少ないのでAnker「PowerCore II 10000」同様かなり小型。

少しおデブな「重量」

Anker Power CoreSpeed 10000 QC 少しおデブな重量

公式では約198gと記載されていたのですが…、私のAnker「Power CoreSpeed 10000 QC」ちゃんは少しおデブのようです…ぬぐぐ…。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」の入出力端子と使い方

Anker「Power CoreSpeed 10000 QC」使い方の紹介や電圧と電流のチェックをしていきます。

使い方

Anker 「Power CoreSpeed 10000 QC」の使い方はシンプルです。

Anker「PowerCore II 10000」と同様に入力端子がMicroUSB、出力端子がUSB/TypeAと分かれています。

Quick Charge3.0に対応していないデバイスでもPowerIQが出力先のデバイスを判断して最適化してくれるので楽ちんです。

電圧と電流チェック

Anker Power CoreSpeed 10000 QC 電圧と電流チェック

今回も「USB電流電圧テスター」で電圧と電流を確認してみました。

上記画像は、Anker「PowerCore II 10000」をレビューした時と同様に出力先のデバイスにスマートフォンのXiaomi Mi 8 Lite(バッテリー容量 3350mAh)をバッテリー残量73%で計測したところです。

Anker 「Power CoreSpeed 10000 QC」は電圧[6.64V]、電流[2.24A]となりQuick Charge3.0に恥じない出力でしょう!

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」3つのメリット

Anker 「Power CoreSpeed 10000 QC」のメリットは3つです。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」のメリット

①本体が小さく邪魔にならない
②「Quick Charge3.0」よる急速充電
③「Quick Charge3.0」と「PowerIQ」によって簡単に幅広く充電できる

まずは本体が小さく邪魔にならないですね。

持ち運びにも便利ですが、ゲームの時など「スマートフォンを使いながら充電したい」といった時コンセントをつないだ場合だと行動が限られてしまうので、コンパクトに持ち運び出来るのは良いです。

「Quick Charge3.0」よる高速充電も魅力ですが、未対応のデバイスでも「PowerIQ」のお蔭で通常よりも効率よく充電できます。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」2つのデメリット

Anker「Power CoreSpeed 10000 QC」のデメリットは2つです。

「Anker Power CoreSpeed 10000 QC」のデメリット

①折角「Quick Charge3.0」対応なのにUSB/TypeC対応じゃない
②デザインと質感がもう少し欲しい

「Quick Charge3.0」対応しているのにUSB/TypeC対応じゃないのがちょっと残念です、最近の「Quick Charge3.0」対応スマートフォンは殆どUSB/TypeCなのでその場合は、変換コネクタが必要になります。

正直Anker「PowerCore II 10000」のストライプペッシュのデザインが滑りにくく、質感も良かったのでAnker 「Power CoreSpeed 10000 QC」も個人的には同様のデザインにして欲しかったです…。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」がおすすめの人

Anker 「Power CoreSpeed 10000 QC」は、「Quick Charge3.0」に対応したデバイスを持っている人におすすめです。

というのもAnker「PowerCore II 10000」で対応している「PowerIQ2.0」と実質的に同等の性能でありながら10%上安く購入する事が可能なコスパモデルだからです。

また、「Quick Charge3.0」に対応していないモデルとの価格差が100円ほどなので明らかにお得ですよね。

Anker「PowerCore Speed 10000 QC」のレビューまとめ

結果的には、いい買い物をして満足しました。(笑)

10000mAhと大容量で「Quick Charge3.0」と「PowerIQ」の二段構えで簡単に幅広く充電出来て、値段も3000円前後とおすすめのバッテリーです。

モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!【2019】
モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめランキング7選!!【2019】今回はモバイルバッテリーを選ぶ際のチェックポイントを徹底的に解説していきます。...