モバイルバッテリー

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」レビュー!!持ち運びに便利なUSB TypeCケーブル内蔵型モバイルバッテリー

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」レビュー!!持ち運びに便利なケーブル内蔵型モバイルバッテリー

最近はUSB TypeC対応の製品も以前に比べて増えており、最新のスマホも殆どがUSB TypeC対応になっています。

人によってはスマホの充電用のケーブルをMicro USBとUSB TypeCの両方を持ち歩いている人もいるでしょう。

しかし、「モバイルバッテリーは持ってきたけど肝心のケーブルを忘れた…」なんて経験あると思います。

また、モバイルバッテリーに加えて各ケーブル2本、又はコネクタ変換器など合わせると持ち物は結構な数になるので持ち歩くのに不便です。

ケーブルを内蔵したモバイルバッテリーもありますが、聞いた事もないような怪しいメーカーやレビューもあり、中々購入するに至りませんでした。

ところが最近、Ankerから初のUSB TypeCケーブルを内蔵した急速充電対応のモバイルバッテリーが販売されていたので早速購入。

そんなわけで今回は、持ち運びに便利なUSB TypeCケーブル内蔵型モバイルバッテリーAnker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」のレビューをしていきます。

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の概要と特長

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の概要と特長

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の最大の特長はモバイルバッテリー本体に内蔵されている約6cmのUSB TypeCケーブル。

USB TypeC対応のスマホを使用している人は充電だけを目的とすれば、Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」だけ持ち歩けば後は一切必要なしです。

その他にも、モバイルバッテリー本体の充電にはUSB-PD対応のケーブルが必要になりますが、入出力ともにUSB-PD対応しているのでモバイルバッテリー本体も急速充電によってスピーディーな充電が可能になっています。

表面はストライプメッシュ加工となっており、見た目のデザインも良くスマホを上に載せても邪魔になりにくく、まさに持ち運びに特化した仕上がりになっています。

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」のスペック

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」のスペック
Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」のスペック
バッテリー容量 10,000mAh
出力 USB TypeC:5V=3A/9V=2A[最大18w]
入力 USB TypeC:5V=3A/9V=2A
入出力対応規格 USB-PD
インターフェイス USB/TypeC×1
サイズ
[縦×横×奥行き]
145mmx 66.5mmx 15mm
重量 約218g
カラー ブラック
同梱物 取扱説明書 保証カード

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」のバッテリー容量は10,000mAhなのでスマホを1~2回充電するにも、持ち運ぶにしても申し分ない容量です。

また、USB-PD対応となっており、出力が最大18wでの給電が可能なのでスマホやタブレットを急速充電する事が可能です。

ケーブルを持ち歩く必要なくスマホ以外にタブレットも充電出来るのは結構便利です。

急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格を徹底解説していきます!...

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」のデザインチェック

それでは、持ち運びに特化したAnker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」のデザインをみていきます!

Ankerお馴染みのカラーの「外箱」

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の開封とデザインチェック「外箱」

Ankerお馴染みの白と青を貴重としたシンプルな外箱です。

シンプルなだけでなく白の部分には凸凹としたイラストが入っており安っぽさを感じさせません。

付属が一切ない「同梱物」

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の開封とデザインチェック「同梱物」

同梱物は「取扱説明書、保証カード、モバイルバッテリー本体」だけ、ケーブルが本体に内蔵されているので付属品は一切なしです。

他のモバイルバッテリーの外箱よりもコンパクトになっていますが、モバイルバッテリー本体を取り出すのも内箱に引っ掛ける部分があり、スライドする事でスムーズに取り出すことが可能でした。

メッシュストライプに加工された「本体上部」

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の開封とデザインチェック「本体」

モバイルバッテリー本体上部はメッシュストライプ加工されて質感は高め!

本体の形やデザインを見るとモバイルバッテリーの上にスマホを載せる前提で作られている印象を受けますね。

また、モバイルバッテリの残量はLEDインジケーターによって4段階で残量を知らせてくれるので視認性も高く確認しやすいです。

触っただけでも感じ取れるUSB TypeCの「接続端子」

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の開封とデザインチェック「接続端子」

USB TypeC接続端子の部分周りがく凹んでいるので目で確認しなくても手にとってすぐに感じ撮ることが出来る作りになっています。

本体周りもケーブル取り出し口部分と接続端子部分だけが凹んでいるので非常にわかりやすいです。

少し短く感じる「ケーブル」

モバイルバッテリー本体横のボタン付近の凹み部分からケーブルを引っ掛けて引っ張り出すことができます。

写真の様に並べて充電する事もできますが、ケーブルが少し短いのでモバイルバッテリー本体の上に載せてしまえば机のスペース確保も出来きるので上に載せるのがベストです。

また、充電しながらのスマホを使うのにケーブルの長さが最適化されている感じがしますね。

公式よりもだいぶ軽い「重量」

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の開封とデザインチェック「重量」

Anker公式では約218gでしたが、実際に計測してみると199g…、気になって少し調べてみると取扱説明書の方には198gと記載されていました。

Ankerにしては珍しい…。

10,000mAhクラスのモバイルバッテリーでは200g前後が多いので標準的な重さといった感じです。

同じ10,000mAhクラスのcheero 「Power Plus 5」と比べてもケーブル込で6gも軽いので、持ち運びも込で考えるとこの重量でも申し分なし。

cheero「Power Plus 5」レビュー!!アルミボディーとPD対応の10000mAhモバイルバッテリー
cheero「Power Plus 5」レビュー!!アルミボディーとPD対応の10000mAhモバイルバッテリーUSB/TypeCは勿論、「USB-PD」にも対応したcheero「Power Plus 5」を購入しました。 結論としては、現在TOPといえるほどの満足感です。...

スマホとサイズの「比較」

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の開封とデザインチェック「比較」

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」を「Xperia XZ」と「AQUOS R2 Compact」を並べてサイズ感を比較してみました。

スマホと並べてみても違和感がありません。

本体上部が平らになっているので充電しながら重ねて持つのも楽にできるサイズになっているのが確認できます。

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」がおすすめの人

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」がおすすめの人

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」は、USB /TypeC対応のスマホやタブレットを持っている人やモバイルバッテリーのケーブルを持ち歩くのが面倒くさい人におすすめです。

USB-PDに対応しているのでスマホやタブレットを急速充電出来る上に、ケーブルがモバイルバッテリー本体に内蔵される事で持ち運びの際ケーブルの煩わしさからも開放されます。

メッシュストライプに加工されたデザインも格好良く、サイズもスマホと重ねてもかさばりにくいのでAnker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」の上にスマホを載せて充電している状態でもスマホを使用する事ができます。

しかし、USB/TypeC以外のMicro USBやiPhoneなどのLightningケーブルを使用している人には変換コネクタが必要になり、結局持ち物が増えてしまうのでおすすめできません。

とはいえ、10,000mAhの十分な容量に加え、邪魔になるケーブルを本体に内蔵できるなど、持ち運びするモバイルバッテリーとしては非常に最適なモバイルバッテリーです。

Anker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」レビューまとめ

Ankerから初のUSB TypeCケーブルを内蔵した急速充電対応のモバイルバッテリーAnker「PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable」は持ち運びに特化したモバイルバッテリーでした。

ケーブルが不要なので本体の充電さえしていれば、急いでいる時もケーブルを忘れてしまう心配もなく、18wの急速充電も出来て全てにおいてスピーディー。

持ち物が少なくフットワークが軽い人には良い相棒になるモバイルバッテリーですね。

モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!【2019】
モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!今回はモバイルバッテリーを選ぶ際のチェックポイントを徹底的に解説していきます。...
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格を徹底解説していきます!...
cheero「Power Plus 5」レビュー!!アルミボディーとPD対応の10000mAhモバイルバッテリー
cheero「Power Plus 5」レビュー!!アルミボディーとPD対応の10000mAhモバイルバッテリーUSB/TypeCは勿論、「USB-PD」にも対応したcheero「Power Plus 5」を購入しました。 結論としては、現在TOPといえるほどの満足感です。...
cheero「Bloom 10000mAh」レビュー!!出力端子が3ポートもある圧倒的コスパのモバイルバッテリー
cheero「Bloom 10000mAh」レビュー!!出力端子が3ポートもある圧倒的コスパのモバイルバッテリー低価格で複数の端末を充電できる圧倒的なコスパのcheero「Bloom 10000mAh」を早速購入したのでレビューしていきます!...
「Anker Power Core Speed 10000 QC」レビュー!Quick Charge3.0はやっぱり早い!!
Anker 「PowerCore Speed 10000 QC」レビュー!!Quick Charge3.0を採用した10,000mAhのモバイルバッテリー今回は、PowerIQとQuick Charge3.0が備わったAnker「PowerCore Speed 10000 QC」をレビューします。...
Anker「 PowerCore II 10000」レビュー!!18W出力に対応した安定の1台!
Anker「PowerCore II 10000」レビュー!!18W出力に対応した10,000mAhモバイルバッテリー今回はAnker「 PowerCore II 10000」を2周間ほど使ったのでレビューしていきます!...