イヤホン

SoundPEATS「TrueFree 2」レビュー!!激安と音質を両立したイヤホン

SoundPEATS「TrueFree 2」レビュー!!激安と音質を両立したイヤホン

圧倒的安さと音質で数百万台の販売実績を誇る、SOUNDPEATSの「Truefree」と「Truefree+」。

人気のシリーズではあるものの、充電インターフェイスがmicroUSBだったり、防水非対応だったり2020年後半ではスペック的に厳しい側面も…。

そんな、「Truefree+」の欠点を大きく改善した新モデルがSoundPEATS「TrueFree 2」です。

価格は変わらず、上記の欠点を克服していて期待大。

ということで、今回は激安で音質の評判が良いSoundPEATS「TrueFree 2」をレビューしていきます。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)

SoundPEATS「TrueFree 2」の概要と特長

SoundPEATS「TrueFree 2」の概要と特長

TrueFree 2」は、Bluetoothイヤホン黎明期から、低価格とコスパが優れるSoundPEATSのエントリーモデルの完全ワイヤレスイヤホン。

低価格帯に見合わない、バランスの取れた音質で数百万台販売している「Truefree/Truefree+」のスペック的な弱点を克服し、防水はIPX7で充電インターフェイスもUSB/TypeCにしっかり対応しています。

これらの改善をしながら前モデルの「Truefree+」から価格は据え置きで、3,000円台を維持しているため、コスパは更に高まったモデルといえるでしょう。

  •  バランスの取れた周波数特性
  • IPX7/USB/TypeC対応
  • 3,000円台の低価格のコスパ

SoundPEATS「TrueFree 2」のスペック

SoundPEATS「TrueFree 2」のスペック
商品名 TrueFree 2
連続再生時間 4時間
ケース込再生時間 最大20時間
急速充電 非対応
Bluetooth Bluetooth5.0
コーデック SBC
ドライバ 6mmダイナミックドライバー
タイプ カナル型
左右同時伝送 非対応
音取り込み 非対応
マルチペアリング 対応
マルチポイント接続 非対応
ノイズキャンセリング 非対応
インターフェイス USB/TypeC
防水性能 IPX7
操作 物理ボタン
連携アプリ 非対応
ワイヤレス充電 非対応
ペアリング リレー方式
チップセット Realtek RTL8763VHC
重量 片耳4.7g
その他機能 特になし
販売先 Amazon

最近の5,000円前後のモデルで採用されるケースが多い、左右同時伝送に対応していないところがやや気になりますね。

また、3,000円台のモデルとはいえ、今どきAACに対応していないのも気になるところ。

「TrueFree+」との違い

TrueFree 2 TrueFree+
ドライバー 6mmダイナミックドライバー 不明
連続再生時間 20時間[ケース込み] 35時間[ケース込み]
重量 ケース込47g ケース込54g
コーデック SBC AAC/SBC
防水規格 IPX7 非対応
充電インターフェイス USB/TypeC microUSB
その他 充電インジケーター 特になし

TrueFree 2」を前モデルの「Truefree+」と比べると安心感にも繋がる防水に対応した点と地味に日々の使い勝手に影響する充電インターフェイスがUSB/TypeCに変更された点は

確実に上回っています。

しかし、全てをブラッシュアップしてきたというより、同価格に抑えるためか、コーデックがSBCのみ。

充電インジケーターも採用し細かい改善をしているだけにこれは残念。

SoundPEATS「TrueFree 2」のデザインチェック

それでは、Sマークが象徴的なSoundPEATS「TrueFree 2」のデザインをチェックしていきましょう!

質感の低さを工夫で補う「外箱」

SoundPEATS「TrueFree 2」の外箱

TrueFree 2」の外箱は内側の黒い箱に、薄めのケースを被せていて安っぽさはありません。

価格を考えれば十分な質感。

SoundPEATS「TrueFree 2」の内箱

逆に内側の黒い箱はダンボール系のため質感は高く有りません。

とはいえ、ダンボールそのままではなく黒に塗装されているので、良い感じで誤魔化しに成功しています。

18ヶ月の無料保証の案内が入った「同梱物」

SoundPEATS「TrueFree 2」の同梱物

TrueFree 2」の同梱物は以下の通り。

  • イヤホン本体×1
  • 充電ケース×1
  • イヤーピース×3
  • イヤースフック×4
  • USB/TypeA-TypeC充電ケーブル×1
  • 多言語取り扱い説明書×1
  • カスタマーケア
  • ロゴの変更通知

同梱されているカスタマーケアには18ヶ月の無料保証とLINE@に登録できるQRコードがあります。

LINE@では新製品やキャンペーン情報なども送られてくるので、SoundPEATSが好きな人は登録しておきましょう!

ロゴマークの好みで印象が変わる「本体」

SoundPEATS「TrueFree 2」のイヤホン

表側はマッドと光沢の間ぐらいでプラスチック感もあるため、質感は高くありません。

しかし、ロゴマークのある物理ボタン部分は、柔らかいようななんとも言えない触り心地で中々上質感があります。

SoundPEATS「TrueFree 2」のイヤホン裏側

イヤーフックが見える耳側は、マッドなプラスチックで見た目通りの質感。

全体的には少し値段は高くなるものの、デザインの似ているAnker「Soundcore Liberty Neo」と比べると完成度は劣っていますね。

厚めでしっかりとした「イヤーピース&イヤーフック」

SoundPEATS「TrueFree 2」のイヤーピース

同梱されるイヤーピースは、厚めでしっかりしているため、耳のサイズと合えばフィットします。

上部が大きく見える「充電ケース」

充電ケースの作りは横向きでやや縦に長く、サイドとの繋がりが曲線になっていないため若干逆三角形に見えます。

マッドなプラスチックで見た目通りの質感。

また、前モデルの「Truefree+」より小型化していてるものの、充電ケースの込の連続再生時間を考えると妥当なサイズです。

やっと対応したUSB/TypeCの「インターフェイス」

SoundPEATS「TrueFree 2」のインターフェイス

充電インターフィスは、USB/TypeCにやっと対応!

私の場合複数の充電器をUSB/TypeCにしてしまっているため、microUSBでは他が良くても買う気が失せてしまいます。

今では、標準的な仕様とはいえ3,000台ということを考えると地味に嬉しいポイント!

インジケーターが内側にある「LEDランプ」

SoundPEATS「TrueFree 2」のLEDランプ

本体も充電ケースもLEDの視認性は良好!

ただし、充電ケースのインジケーターが内側にあるのため、バッテリー残量の確認が割とめんどう。
前モデルの非対応から進化はしているので、どうせなら外側にして欲しいところです。

また、本体のLEDは白と赤で発光し、ペアリング中は交互に点滅します。

サイズの割に軽量な「重量」

イヤホン本体は、実測で片耳約5gと「ノイズキャンセリング」が対応してないモデルでは標準的。

バッテリーケースは小さくないものの38gと比較的軽量に仕上がっています。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)

SoundPEATS「TrueFree 2」の設定と使い方

SoundPEATS「TrueFree 2」の設定と使い方

続いて、SoundPEATS「TrueFree 2」をスマホでペアリングする方法と物理ボタンを使った操作方法を解説していきます。

ペアリング方法

SoundPEATS「TrueFree 2」のペアリング

まずは、Androidスマホとの設定から。

充電ケースから「TrueFree 2」の本体を取り出し、白と赤の点滅のペアリングモードに入っていることを確認したら以下の手順でスマホを操作しましょう。

  1. [設定]
  2. [Bluetooth]
  3. [新しいデバイスとペア設定]を選択
  4. [SOUNDPEATS TrueFree 2]を選択
  5. [ペア設定をする]を選択

接続が完了したら次回からは自動で接続されます。

また、「TWS Plus」のように左右個別でのペアリング表記は出ませんが、どちらも片耳利用可能です。

iPhoneの場合

iPhoneなどのiOSデバイスとのペアリングもAndroid同様、充電ケースからイヤホン本体を取り出したら以下の手順でペアリングしましょう!

  1. 本体[設定]
  2. [Bluetooth]をON
  3. [その他のデバイス]を選択
  4. [SOUNDPEATS TrueFree 2]を選択
  5. [ペア設定をする]を選択

操作方法

TrueFree 2」の音楽や通話の操作は、ロゴマークの部分の物理ボタン。

タッチセンサーほどではないものの、やや癖があり、物理ボタンを指の腹全体で押そうとすると中々認識されないので、指の先でロゴマークの中心の凹みを押すようするとスムーズに操作可能です。

音楽再生関連の操作一覧

音楽を再生 / 一時停止 左右どちらかを1回押す
次の曲へ 右イヤホンを1.5秒間長押し
前の曲へ 左イヤホンを1.5秒間長押し
音量を上げる 右イヤホンを2回押す
音量を下げる 左イヤホンを2回押す

再生 / 一時停止はもちろん、曲戻り/曲送りや音量の調整もイヤホンで操作可能。

また、長押し部分は1.5秒で認識するわけではなく、1.5秒間長押しし、離した瞬間に認識するため、慣れるまで若干違和感はありますが、慣れれば結構使いやすくミスも出ないので便利です。

通話や電源関連の操作一覧

電話に出る 左右どちらかを1回押す
電話を切る 左右どちらかを1回押す
着信を拒否する
着信中に右イヤホンを1.5秒間長押し
保留にする 左右どちらも2秒長押し
音声アシスタント 左右どちらかを3回押す
イヤホンの電源を入れる 左右どちらも2秒長押し
イヤホンの電源を切る 左右どちらも5秒長押し

通話関連も利用頻度に合わせた操作体系になっているため、操作性は上々です。

SoundPEATS「TrueFree 2」の音質と使用感

SoundPEATS「TrueFree 2」の音質と使用感

それでは、SoundPEATS「TrueFree 2」使って感じた音質や使用感をまとめていきます。

総合的には、コーデックに不満はあるものの、価格帯の割にバランスの取れた音質と高い安定感を感じられるため、コスパが高いモデルの1つと言えるでしょう!

高いフィット感と遮音性「装着感」

TrueFree 2」を耳に入れたあと手前に少し回すとイヤーフックが耳にちょうどよく引っかるため、安定度はかなり高め。

また、形状的にもイヤホンの裏側が耳に密着するのでフィット感も高く、イヤーピースの質感と合わせてかなり高い遮音性を味わえます。

今まで最もフィット感の良かった「EarFun Free」に匹敵するレベル。

バランスが良く価格以上の「音質」

TrueFree 2」は、低価格モデルに多い中低音重視で籠りがちな音質とは異なり、低中高のバランスが取れており、クリアで癖がない音質。

5,000円未満のモデルだと珍しい周波数特性なので、音に篭もり感があるのが苦手な人に向いています。

とはいえ、解像感がやや低く、音量を上げると高音がシャリシャリしてくるので、アンプラグドな[ピアノ+ボーカル]などの楽曲とは異常に相性が悪い点は注意が必要です。

周波数特性のバランス自体は悪くないと思うので、ドライバーの性能が低いのかと思いますが、価格を考えれば満足できるレベル。

安心して利用できる「接続速度と安定性」

搭載しているチップセットの「Realtek RTL8763VHC」の性能が良いのか接続速度も安定性も問題なし。

格安モデルだからといって心配する必要はありません。

声が小さくやや籠もる「通話音質」

TrueFree 2」のマイク性能はあまり高くありません。

ノイズはある程度除去してくれる反面、声が小さく騒音が多い屋外ではやや厳しい印象。

屋内では使えるものの、籠りがちで音量も大きくないので、オンライン会議や通話が多い人は避けたほうが良いかも知れません。

やや短い「連続再生時間と充電ケース」

連続再生時間は4時間、ケース込で20時間というのは正直ちょっと短め。

特に連続再生時間は、他社ならANC時でも達成できる時間だし、飛行機などを乗るときなどはちょっと足りない。

実測では50%の音量で約5時間利用できたため、常時利用とかしなければ問題ないもののイヤホン自体の重量もサイズも標準的なので6時間は連続再生時間が欲しいところ。

大幅に進化した「防水性能」

前モデルの「Truefree+」では、非対応だった防水が「TrueFree 2」では最高レベルのIPX7に大幅に進化。

イヤホンの故障の原因が汗などの水分が原因となることが多いため、「TrueFree 2」では安心して使うことができます。

また、水深1メートルまでの水没なら30分まで耐えられるため、雨などはもちろん余裕!

SBCだとやっぱりちょっとずれる「音ズレ」

TrueFree 2」のコーデックは残念ながらSBCオンリー。

YouTubeやプライム・ビデオで視聴するとやや音がズレるのが確認出来るのできます。

動画をイヤホンを使って視聴することが多く、微妙な音ズレが気になってしまう人は避けたほうが良いでしょう。

また、Bluetoothのコーデックについて詳しく知りたい場合は[Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!]をご覧くださいませ!

SoundPEATS「TrueFree 2」がおすすめの人

SoundPEATS「TrueFree 2」がおすすめの人

SoundPEATS「TrueFree 2」は、価格重視で低中音が強調される周波数特性が苦手な人におすすめです。

というのも、4,000円未満のモデルの多くは中低音が強調される音作りがされているため、悪く言えば篭もり感が有り、クリア感を求める場合満足できない可能性が高いためです。

逆にYouTubeなどの動画視聴が主体の場合、コーデックがSBCのみなので、音がやや遅れるのがわかるため避けた方が良いでしょう。

とはいえ、スポーツでも安心できるぐらいフィット感も高く、低中音重視の音質を避ける場合、現実的には5,000円以上の予算が必要なため、3,000円台だと唯一の選択です。

created by Rinker
SoundPEATS(サウンドピーツ)

SoundPEATS「TrueFree 2」レビューのまとめ

SoundPEATS「TrueFree 2」は、格安で有りながらバランスの取れた意外と珍しい完全ワイヤレスイヤホン。

前モデルの「Truefree+」と比べてもハードウェアの欠点が見事になくなっているので、無条件でおすすめしたいところですが、コーデックがSBCのみなのがどうしても気になりますね。

特に「Truefree+」ではAACに対応しているので、新モデル「TrueFree 2」がSBCのみなのは精神的に満足感を得られにくいです。

音質のバランスが悪くないだけにここだけは本当に残念…。

SoundPEATS「TrueAir2」レビュー!!Qualcomm最新チップQCC3040搭載のインナーイヤーイヤホン
SoundPEATS「TrueAir2」レビュー!!Qualcomm最新チップQCC3040搭載のインナーイヤーイヤホンQualcomm最新チップQCC3040を搭載したコスパ抜群のSoundPEATS「TrueAir2」をレビューしていきます。...
Anker「Soundcore Liberty Neo」第2世代レビュー!!フィット感と低音に優れたイヤホン!!
Anker「Soundcore Liberty Neo」第2世代レビュー!!フィット感と低音に優れたイヤホン!!Anker「Soundcore Liberty Neo」第2世代のフィット感や価格の近いAnker「Soundcore Life P2」と比較しながらレビューしていきます。...
「EarFun Free」進化版レビュー!!AACとワイヤレス充電対応したコスパイヤホン!!
「EarFun Free」進化版レビュー!!AACとワイヤレス充電対応したコスパイヤホン!!一度使い出すと手放せなくなる完全ワイヤレスイヤホン。 私は元々、コード付きワイヤレスイヤホン派でした。 しかし!マフラーを付...
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!今回は4,000円台で完全ワイヤレスかつaptX対応のAnker「Soundcore Life P2」をレビューしていきます。...
COUMI「Ice drop TWS-817K」レビュー!!Google Fast Pair対応の格安イヤホン
COUMI「Ice drop TWS-817K」レビュー!!Google Fast Pair対応の格安イヤホンめちゃくちゃ似ている前モデルのCOUMI「Ear Soul TWS-817A」と比較しながら「Ice drop TWS-817K」のレビューをしていきます。...
JPRiDE「TWS-520」第2世代レビュー‼高い質感と音のバランスに優れたイヤホン
JPRiDE「TWS-520」第2世代レビュー!!高い質感と音のバランスに優れたイヤホン今回は第2世代で安定感が期待できるJPRiDE「TWS-520」の音質や使用感についてレビューしていきます。...
TaoTronics「SoundLiberty 53」改善版レビュー!!左右同時伝送のMCSyncに対応したイヤホン
TaoTronics「SoundLiberty 53」改善版レビュー!!左右同時伝送のMCSyncに対応したイヤホン今回は左右同時伝送のMCSyncに対応した第3世代TaoTronics「SoundLiberty 53」に音質や使用感についてレビューしていきます。...