キーボード

サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード

サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード

私はAmazonの人気ランキングに入っているキーボードを数々買ってきましたが、やはりランキング上位に入ってくるキーボードは何かしら納得出来る理由がありました。

特に低価格帯のキーボードでは、コンパクトな物や電池の持ちの良い物など、便利で使い勝手もよくコストパフォーマンスに優れたキーボードが上位に入ってきています。

中には1,000円以下のキーボードも存在するので、ぶっちゃけ「安すぎでまともに使用できるか…」と不安がよぎり購入をためらってしまう人もいるでしょう。

しかし、エレコム「tk-ffcm01bk」の用にデザインも良くメインで使用しても価格と機能面を考えれば十分納得できるキーボードも存在します。

コレばっかりは購入しないとわからないですからねぇ。(笑)

そんなわけで今回は、その1,000円以下のキーボードでキーボードランキングの3位に入っているサンワサプライ「skb-l1ubk」を購入したのでレビューしたいと思います。

サンワサプライ「skb-l1ubk」の概要と特長

サンワサプライ「skb-l1ubk」の概要と特長

サンワサプライ「skb-l1ubk」の特長はとにかく価格が安くコスパが非常にいいの一言!

Amazonでも現状600円台で購入できるので、1,000以下の低価格帯キーボードでも圧倒的に安いです。

キー配列も日本語109キーに加えて機能キーが3つとお得感があり、レトロチックでコンパクトなデザインです。

また、矢印のキーを使いやすい用にキー位置を若干下側にしている設計などよく考えられて作られています。

更にテンキーに加え「ブラウザ、メール、消音キー」3つの機能キーのを備え、Nintendo Switch/PlayStation4などのプラットフォームにも対応しているため多目的の利用ができるキーボードとして利用可能です。

サンワサプライ「skb-l1ubk」のスペック

サンワサプライ「skb-l1ubk」のスペック
サンワサプライ「skb-l1ubk」
テンキー 有り
キースイッチ メンブレン
インターフェイス USB Type-A
キー配列 日本語109キー+3キー
押下圧 65±5g
キーピッチ 19mm
キーストローク 2.4±.0.1mm
角度調節機能 二段階
Winキーロック 不明
高さ・幅・奥行き 27mm×443mm×141mm
重量 約520g
対応OS Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
Nintendo Switch/PlayStation4

詳しくは後述する打鍵感の部分で書きますが押下圧が65!?と思うぐらい軽いのでメーカー毎で統一した基準の押下圧を載せて欲しいものです。

結構数値と感触が違うことが多いですからね。

サンワサプライ「skb-l1ubk」のデザイン

それでは、サンワサプライ「skb-l1ubk」の開封も交えてデザインを見ていきましょう。

緑を基調とした「外箱」

サンワサプライ「skb-l1ubk」のデザイン 「外箱」

外箱は中身のキーボードがわかりやすくプリントされた緑を基調としたデザインになっています。

コンパクトさと機能キーが全面に押し出された外箱ですね。

600円台にも関わらず意外とちゃんとしてるのでエレコム「tk-ffcm01bk」のダンボール丸出しより遥かにマシです!

保護用のビニールに包まれた白い「本体」

サンワサプライ「skb-l1ubk」のデザイン 「本体」

開封すると白い本体が保護用のビニールに包まれていて傷などはなく、本体が入っている内箱の端が横に倒せるので取り出す時もスムーズに取り出せて楽でした。

ハードウェア環境チェックが一緒になっている説明書が入った「同梱物」

サンワサプライ「skb-l1ubk」のデザイン 「同梱物」

同梱物は本体と説明書のみです。

説明書の最後のページにハードウェア環境チェックなるものがあるのですが、これは故障や動作不良を起こした際のキーボードの状況を記載するページですね。

どうやら不具合があった際、問題点を絞るのに役立ち迅速な対応をしてくれるそうです。

そのため、説明書と保証書付きの外箱は大切に保管しましょう!

若干下側になった出っ張ったSHIFTと矢印のキーが確認できる「サイド部分」

スタンドが付いており二段階に角度の調整ができますが、スタンドを立てて使用した方が断然打ちやすいです。

サイドから見ると若干ですが、SHIFTと矢印のキーが下側に出っ張っているのが確認できます。

特にShiftキーは若干大きめに作られているので非常に押しやすいです。

滑り止めのゴム部分も白で統一された「裏面」

サンワサプライ「skb-l1ubk」のデザイン 「裏側」

サンワサプライ「skb-l1ubk」には排水機能が付いているので裏側では排水用の穴が確認できます。

全体的に白で統一されており、滑り止めの部分も白いゴムを使用しているのは低価格帯とはいえこだわりを感じます。

サンワサプライ「skb-l1ubk」の打鍵感と打鍵音

サンワサプライ「skb-l1ubk」はソフトで軽い感じの打鍵感です。

ちなみにロジクール「K270」が押下圧60gとなっていますが、ぶっちゃけ比較にならないぐらいに軽いです。

ロジクールを基準にすると45~50gぐらいの押下圧に感じます。

体感的な部分でもう少し詳しく離すとキーの戻りが比較的遅いので打った感覚が弱いためより押下圧が低く感じる要因となってる気がします。

ただ、軽い打鍵感は私と非常に相性がよく、比較的長時間のタイピングをしても疲れにくいです。

逆に高速タイピングはキーの戻りが遅い分若干相性悪いかなと!

比較的好感触なキーボードではありますが、唯一の欠点がホームポジション用の突起部分。

突起の感触がかなり弱いのでホームポジションベースでタイピングする場合ちょっと慣れるまで大変かも。

打鍵音は、キーストロークが2.4±.0.1mmと短いため「カチャカチャ」音も比較的少なくキーボード内で音が響くのも押さえられている印象をうけます。

ホームボジションの突起部分こそ気になりますが、キートップも若干のシリンドリカル構造になっていてタイプミス防止に一役買っており、軽いタッチでタイプ音も一般的なメンブレンキーボードよりも小さいので非常にバランスの取れたキーボードですね。

サンワサプライ「skb-l1ubk」のメリット

サンワサプライ「skb-l1ubk」のメリットは以下の3つです。

レトロチックでコンパクトなデザイン

サンワサプライ「skb-l1ubk」は昔ながらのメンブレンキーボードをイメージしつつもコンパクトなデザインにしています。

コンパクトにしているといってもキーサイズはそのままでキートップもシリンドリカル構造にしているので、筐体を小さくすることでキーサイズも小さくなりタイプ時の打ちづらくなる問題がありません。

また、サイズを小さくするだけでなくSHIFTキーを大きくしたり、矢印キーを下側にもってくることで使用者が使いやすい用に配慮された構造になっています。

便利な3つの機能キー

低価格帯のキーボードには余計な機能を省いているのが大半なのですが、サンワサプライ「skb-l1ubk」には「ブラウザ、メール、消音キー」の3つの機能キーが本体右上に付けられてるのです。

特に消音キーはとっさに使えるので使い勝手が非常に良いです。

私はユーチューブなどで音楽を聞きながら作業をしているので急に電話などで音楽を消したい時に唸ります。(笑)

機能キー自体も本体右上に付けられているので押しミスも起こりづらくなっているのもよく考えられていますね。

圧倒的に価格が安い

1,000以下のキーボードの中でも600円台と圧倒的に価格が安いです。

コンパクトで機能キーが付き、ゲーム用としても使用できて600円台で購入出来るのは正直驚きです。

タイピングも一般的なメンブレンキーボードよりも軽く音も小さく申し分ないので、正直良い意味で価格と性能が見合ってないと思います。

サンワサプライ「skb-l1ubk」のデメリット

サンワサプライ「skb-l1ubk」のデメリットは以下の1つです。

ホームポジションの突起が分かりづらい

ホームポジションを確認するための突起部分が非常に分かりづらいです。

ホームポジションの突起はFキーとJキーに付いているのですが、実際に触ってみても気持ち感じる程度なのでタイプピング時に瞬間的に指をおいた場合は更に分かりづらくなります。

そのため、Enterキーで変換を確定したあとにホームポジションに戻るスタイルの人は慣れるまでちょっと大変かも…。

サンワサプライ「skb-l1ubk」がおすすめの人

サンワサプライ「skb-l1ubk」はゲーム用キーボードの購入を迷っている人や、軽いタイピングで音も小さいメンブレンキーボードを探している人におすすめです。

価格も600円台と非常に安く機能キーも3つ付いている事を考えると普段使いでにお試しで購入しても十分に満足できるキーボードです。

逆にサンワサプライ「skb-l1ubk」は、タイピングにホームポジションの突起を重視する人やキー入力時にクリック感を求める人にはあまりおすすめできません。

とはいえ、考えられたレトロチックなコンパクトなデザインに加えて3つの機能キー、そして軽いタイピングなど非常にバランスが取れたキーボードで価格も600円台と異常にコスパに優れ購入後の満足度が高いキーボードです。

サンワサプライ「skb-l1ubk」のまとめ

非常に良く出来たサンワサプライ「skb-l1ubk」は、Amazonでは現在600円台で出されているのですが、タイミングが良ければAmazonセールで500円台で購入できる時もあります。

百聞は一見にしかずなので気になった人な一度購入してみると価格と良い意味で割りに合ってないのが実感できると思います。

そのうち1コインでキーボードが購入できる日がもしかすると来るのかもしれませんね!