モバイルバッテリー

cheero「Power Plus 5」レビュー!!アルミボディーとPD対応の10000mAhモバイルバッテリー

cheero「Power Plus 5」レビュー!!アルミボディーとPD対応の10000mAhモバイルバッテリー

現在私は、Anker「PowerCore II 10000」をメインにモバイルバッテリーを使っています。

バランスの取れた、モバイルバッテリーで大変優れているのですが、唯一無視できない問題があるんです…。

それは、入力端子がMicro Bであることです。

職場や自宅でも充電用のケーブルは殆どUSB/TypeCケーブルなので、モバイルバッテリーを充電するさいにMicro B端子だと微妙にめんどうな時がでてきています。

そんなわけで、USB/TypeCは勿論、「USB-PD」にも対応したcheero「Power Plus 5」を購入しました。

結論としては、現在TOPといえるほどの満足感です。

cheero「Power Plus 5」の概要と特長

cheero 「Power Plus 5」の概要と特長

cheero「Power Plus 5」は、バッテリー容量10,000mAhで「USB-PD」の急速充電に対応した数少ないモバイルバッテリーです。

また、cheero「Power Plus 2」以来久しぶりのアルミボディー採用で「Power Plus 3」や「Power Plus 4」と比べ大幅に質感がアップしています。

その他にも従来どおり「Auto-IC」を搭載していたり、バッテリー残量のデジタル表示など細かい改良がされているため、大きな進化を感じ取れる仕上がりとなっていますね。

cheero「Power Plus 5」のスペック

cheero「Power Plus 5」のスペック
cheero「Power Plus 5」のスペック
バッテリー容量 10,000mAh
出力 5V=3A、9V=2A、12V=1.5A[最大入力18W](2ポート合計)
入力 5V=3A、9V=2A、12V=1.5A[最大入力18W]
入出力対応規格 USB-PD Auto-IC[cheero独自]
インターフェイス USB/TypeA×1 USB/TypeC×1
サイズ[縦×横×奥行き] 98mmx 46mmx 24mm
重量 205g
カラー グレー
同梱物 USB-C to USB-Cケーブル×1
取扱説明書 18ヶ月保証カード

cheero「Power Plus 5」は、アルミボディーを採用したためか、同容量のcheero、Ankerのモデルと比べると10gほど重くなっています。

10g程度は体感で感じることは殆ど無いのでアルミボディー採用による質感の上昇は非常に嬉しいとこ!

また、出力は最大で18Wまでなので、同じ「USB-PD」対応のライバルAnker「PowerCore 10000 PD」が最大28Wまで対応していることを考えると少し残念。

しかし、価格面では、Anker「PowerCore 10000 PD」と比べるとcheero「Power Plus 5」の方が約1,000円ほど安いためしっかりと差別化はできていますね。

パソコンやタブレットの充電をしない場合は、18Wで出力できれば十分すぎるので実用面を重視したスペックでしょう。

また、「USB-PD」などの急速充電の規格やUSBについては、下記記事をご覧頂けると幸いです。

急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】
急速充電の仕組みと規格を徹底解説!!【USB-PD Quick Charge】今回は急速充電の仕組みや規格を徹底解説していきます!...

cheero「Power Plus 5」のデザイン

それでは、質感が大幅にアップしたcheero「Power Plus 5」のデザイン面を開封と共にチェックしていきましょう!

コスト削減を意識した「外箱」

Power Plus 5コスト削減を意識した「外箱」

Ankerの外箱と比べると見劣りしますね。
かなりコスト削減してると思われます。

しかし、その分本体につぎ込んでいる感じですね。

シンプルにまとまっている「付属品」

Power Plus 5シンプルにまとまっている「付属品」

開封後の写真です。
同梱物も非常にシンプルにまとまっていて、右側のモバイルバッテリー本体に、USB-C to USB-Cケーブル×1、取扱説明書が入っています。

高級感のあるアルミボディな「本体」

Power Plus 5高級感のあるアルミボディな「本体」

やはり、cheero「Power Plus 5」はアルミボディーになったことで高級感が出ていますね。
プラスチックボディーとは異なります。

正直、実物を見るまでは角ばっているし好きなデザインではなかったのですが、質感と形がちょうどよくマッチしているのでかなり気に入りました。

フラットなボタンがある「側面」

Power Plus 5フラットなボタンがある「側面」

側面の写真です。

上にあるフラットなボタンを押すことでバッテリー残量が表示され充電が開始されます。

同時出力も可能になった「上部」

Power Plus 5同時出力も可能になった「上部」

左側が「USB-PD」に対応したUSB/TypeCの入出力端子。

USB3.1以降は双方向での充電が可能なので、Anker「PowerCore II 10000」と違い右側のUSB/TypeAの出力端子と合わせ同時出力も可能になっています。

本体サイズとトレードオフに成りがちなポート数ですが、サイズが小さいまま同時給電可能になったので旅行の時に使えそう!

PSEマークもオレンジ色でしっかり記載された「下部」

Power Plus 5PSEマークもオレンジ色でしっかり記載された「下部」

PSEマークもオレンジ色でしっかり記載されています。

「PowerCore II 10000」と比較

 

cheero「Power Plus 5」とAnker「PowerCore II 10000」の比較です。

比べると横幅が細い代わりに、暑さと高さがやや上回るといった感じです。

面積自体は、殆ど変わらないですが、手に持った時は横幅が細いcheero「Power Plus 5」の方が持ちやすいです!

デジタル表示に変わった「バッテリー残量」

Power Plus 5デジタル表示に変わった「バッテリー残量」

上記写真は、USB/TypeCで接続したところです。

バッテリー残量は、デジタル表示なので非常に分かりやすい!

視認性もかなり高いので実用性ではランプ点灯式を遥かに上回ります。

品質の高さが伺える「重量」

Power Plus 5品質の高さが伺える「重量」

公式と全く同じ205gです。
Anker製品は、数グラム公式と異なることが多いのですが、さすがは日本製といったところ。

品質の高さが伺えますね!

cheero 「Power Plus 5」の使い方と電圧チェック

cheero 「Power Plus 5」の使い方と電圧チェックをしていきます。

使い方

使い方は、「USB-PD」に対応した左側の入出力可能なUSB/TypeC端子と出力のみに対応したUSB/TypeAの端子の使い分けです。

最近のスマートフォンの殆どが「USB-PD」に対応しているのでメインで使うのは左側のUSB/TypeC端子のみで良いと思います。

本体のデジタル表示を上にした場合ですが、左側のUSB/TypeC端子は入力にも対応しているので、iPhoneをお持ちでなければケーブルのUSB/TypeCに統一なども目指せますね。

また、右側のUSB/TypeAの端子は、同時充電や急速充電が可能な「Auto-IC」にも対応しているのでメインはUSB/TypeC端子を使いつつ2台同時充電をする時使うと良いでしょう!

電圧と電流チェック

Power Plus 5電圧と電流のチェック

「USB電流電圧テスター」で「USB-PD」出力を試したかったのですが、「USB電流電圧テスター」を利用できる変換器がなかったので、USB/TypeAで試しました。

出力さいのデバイスは、Xiaomi Mi A2でバッテリー残量が84%なので、電圧[5.11V]電流[1.83A]はまずまずですね。

[Auto-IC]でもそれなりに速い充電ができるので仮に「USB-PD」に対応していないスマホでも安心でしょう!

cheero 「Power Plus 5」のメリット

cheero 「Power Plus 5」のメリット以下の3つです。

cheero 「Power Plus 5」3つのメリット

①「USB-PD」対応で将来性抜群
②アルミボディーにすることで価格以上の高い質感
③高い汎用性とコストパフォーマンス

このモバイルバッテリーは、今まで購入した中で最も高い次元でバランスが取れています。
価格の面も考えるとスマートフォンの充電がメインで有れば殆どの人にベストな選択肢になると思います。

正直、使っててメリットは思い浮かんでもデメリットがでてきません。

本当に良いモバイルバッテリーだと思います。

cheero 「Power Plus 5」と合わせて使う充電器

cheero 「Power Plus 5」は、「USB-PD」対応ですので充電器を購入する機会があったら「USB-PD」に対応した商品を選びましょう!

小型の充電器を求めるならcheero「USB-C PD Charger 18W」

cheero「USB-C PD Charger 18W」は、非常に小型でありながら「USB-PD」対応で最大18Wの出力で充電可能です。

コンセントにサイズ的な成約がある場合にはおすすめです。

あらゆるデバイスの充電に使うならcheero「USB-C PD Charger 60W」

cheero「USB-C PD Charger 60W」は、名前の通り「USB-PD」での充電が最大60Wまで可能なハイパフォーマンスモデルです。

最大60Wもの出力が可能だと、タブレットは勿論ノートパソコンへも急速充電が可能です。

cheero 「Power Plus 5」レビューのまとめ

cheero 「Power Plus 5」は、非常に高い次元でバランスが取れているため現状ベストでは?と思えるほど完成度が高いです。

得にスマートフォンへの充電がメインの場合超おすすめです!

また、モバイルバッテリーは、プラスティックで加工された製品が多いなかでcheero 「Power Plus 5」はアルミボディー採用で所有欲を満たしてくれるのもポイントです。

モバイルバッテリーといえばAnkerがやはり勢いありますが、日本のcheero製品も負けてないと感じる本当に良い商品でした!

モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!【2019】
モバイルバッテリーの選び方と用途別おすすめ7選!!今回はモバイルバッテリーを選ぶ際のチェックポイントを徹底的に解説していきます。...
モバイルバッテリー大容量タイプの性能を徹底比較!!
モバイルバッテリー大容量タイプの性能を徹底比較!!そんなわけで、今回はモバイルバッテリーの大容量タイプに分類される激戦区「10,000mAh」クラストと「20,000mAh」に分けて徹底的に比較していきます。...
cheero「Bloom 10000mAh」レビュー!!出力端子が3ポートもある圧倒的コスパのモバイルバッテリー
cheero「Bloom 10000mAh」レビュー!!出力端子が3ポートもある圧倒的コスパのモバイルバッテリー低価格で複数の端末を充電できる圧倒的なコスパのcheero「Bloom 10000mAh」を早速購入したのでレビューしていきます!...