キーボード

ロジクール「K270」レビュー!!Unifyingレシーバ対応バランス型キーボード!!

ロジクールの「k270」レビュー!!Unifyingレシーバ対応のスグレモノ!

格安で快適なタイピングができるキーボードを求めて新たに6代目のキーボードを購入しまいました。

今回、購入したのはAmazonキーボード売れ筋ランキング1位のロジクール「k270」です。

現在、私の中で不動の1位となっているキーボードは、HAVITのメカニカルキーボード「HV KB395L JP」

Amazonで最も売れているキーボードなのでかなり期待を持ちつつロジクール「k270」の使用感をレビューしていきます。

ロジクール「k270」の概要と特長

ロジクール k270の概要と特長ロジクール「k270」はかなりコストパフォーマンスの良いキーボードとなっています。

Unifyingレシーバ対応、テンキー付き、電池持ちの良さ、便利な8つのホットキー、そして耐水設計でコレだけの機能があるのに2000円台と低価格です。

Amazonキーボード売れ筋ランキング1位になるのもわかりますね!

また、もともとUnifyingレシーバー対応のマウスなどを持っている人は新たにレシーバーを差し込まなくてもロジクール「k270」の電源をいれればコントロールが可能です。

その他にも電源ボタンが表面の分かりやすい位置に配置してあるため細かいUX面での気配りもポイントです。

ロジクール「k270」のスペック

ロジクール k270のスペック
ロジクール「k270」
テンキー 有り
キースイッチ メンブレン
インターフェイス Unifyingレシーバー
キー配列 日本語108キー
押下圧 60g
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.2mm
角度調節機能 8℃
Winキーロック 有り
高さ・幅・奥行き 18mm×450mm×155mm
重量 470g(電池含む)
対応OS Windows 10/8/7/Chrome OS

やはりロジクールといば、Unifyingレシバーが特徴的です。

Unifyingがあると一つのレシーバーで対応機器を最大6台まで同時接続できるだけでなく安定性も高いしUSBポートが無駄にならないのでので非常に使い勝手が良いです。

また、テンキー付きでキーピッチも19mmと一般的なフルキーボード仕様となっています。

ロジクール「k270」のデザイン

それでは、ロジクール「k270」の開封も交えてデザインを見ていきましょう!

3年間の長期保証と記入されている「外箱」

ロジクール k270のデザイン 3年間の長期保証と記入されている「外箱」

ロジクール「mk235」の時と同じ色の外箱ですね、印刷だけ変えて基本となる外箱の素材は一緒です。

ロジクール マウスキーボードセット「mk235」レビュー!!予想外の打ちやすさ!
ロジクール マウスキーボードセット「mk235」レビュー!!予想外の打ちやすさ!結論からいうと値段の割に、使い勝手がよく文章の入力には非常に適していることが、判明しました!...

こちらは左下には3年間の長期保証としっかりと記入されていますね!

ただ安いキーボードなので外箱のクオリティーやデザインは低め。

スムーズに箱から取り出せる「本体」

ロジクール k270のデザイン スムーズに箱から取り出せる「本体」

こちらが開封時の写真になります。

本体が透明な袋に入っており、簡単に取り出し可能です。

たまに外箱から取り出しにくキーボードもあるので非常に扱いやすい!

箱と別の「保証書」と「同梱物」

ロジクール k270のデザイン 箱と別の「保証書」と「同梱物」

同梱物は本体、Unifyingレシーバー、簡単な説明書、保証書が入っていました。

電池も同梱されているのですが、どうやら電池は最初から本体にセットされている状態で本体裏の黄色いラベルを引っ張ると電池が使える様になります。

最近よくある外箱に保証書がプリントされているタイプではないので、個人的には外箱すぐに捨てれるのが良いです。

外箱が保証書のものは、本当に最悪ですよ…

薄く感じる「サイド部分」

ロジクール k270のデザイン 薄く感じる「サイド部分」

メンブレンは横から見えると太めの物がおおいですが、ロジクール「k270」は結構薄く感じます。

実際は、特別薄いわけではないのですが、MacBook AirやiMacなどのデザインと同じ用にサイドに向かって薄くしていく形状を取ることで視覚的に薄く感じさせていますね。

若干中央にくぼんでいる「キースイッチ」

ロジクール k270のデザイン 若干中央にくぼんでいる「キースイッチ」

少し上から見るとキートップが若干のシリンドリカルリカル構造になっています。

ロジクール k270のデザイン 若干中央にくぼんでいるキースイッチ2こちらは、アップの画像です。
若干中央にくぼんでいるのがわかると思います。

シリンドリカル構造だと指の置かれている位置が感覚的によく分かるので実用上でのメリットは大きいと思います。

ロジクール「k270」の打鍵感と打鍵音

ロジクール 「k270」の実際の打ち心地は、見た目以上にキーストロークもあり指にしっかり重さの残る打鍵感ですね。

そして、キートップも若干、シリンドリカル構造になっているので打ちミス防止にもなりました。

しかし、打鍵感に関して更に言うとスペック的にも押下圧が60gと重めで、普段軽めのキーボードを使っている人にはかなり重く感じるでしょう。

実際私がメインで使っているHAVITのメカニカルキーボード「HV KB395L JP」に比べると数字以上に重く感じました。

ちなみに「HV KB395L JP」は押下圧55g程ですが、ロープロファイルの青軸という部分も影響してか「20gぐらい違うのでは?」と思うぐらいのロジクール 「k270」の打鍵感は重いです。

そのため、軽めの打鍵感が好きな人は避けたほうが無難ですね。

打鍵音は、一般的なメンブレンが「スコーンスコーン」ならロジクール 「k270」は「トスっトスっ」とワンクッションあるように音が抑えられている印象です。

音量は一般的なメンブレンキーボードに比べると若干抑えられています。

ロジクール「k270」のメリット

ロジクール 「k270」のメリットのメリットは以下の5つになります。

Unifyingレシーバー対応

Unifyingレシーバー対応しているので、USBの差込口を節約出来るのは大きいですね。

対応しているマウスとキーボードを1つのレシーバーで接続出来ますし、用途に合わせてキーボードを変える人にも便利です。

特にゲームをする人はおすすめです!
普段使う用のキーボードとゲーム用のキーボードそしてマウスも1つのレシバーで接続できるので他のUSBを別な用途に使えます。

また、余ったUnifyingレシーバーは本体裏に収納できるので置き場所に困ったり紛失等のリスクも減らすことが可能です。

視覚的に分かりやすい位置の電源ボタン

電源ボタンは、裏面ではなく表面の右上とわかりやすい位置にあるので電源を切り忘れの防止になります。

無線ってついつい電源を切り忘れてしまう時ってありますからね。

2年間の長い電池持ち

電池持ちが単電池2本で2年と、かなりの間電池を交換する必要がないの通常利用ではほぼ充電を意識しなくて済みます。

しかも、省電力に振りすぎて接続の安定性が低いということもないので非常にパフォーマンスは高い!

また、購入の際に電池も付いてくるのも地味に嬉しいポイントです。(笑)

便利な8つのホットキー

ロジクール k270のメリット ロジクール k270のメリット

ホットキーって設定や慣れるまでの障壁がありますが、使いこなすと非常に利便性が高いです。

ロジクール 「k270」は、コントロールも設定なしで以下の操作が利用可能なので幾分障壁は低くなっています。

左からボタンの主な機能

・音楽の再生と一時停止
・音のミュート
・音量を小さくする
・音量を大きくする
・インターネットブラウザの立ち上げ
・eメールアプリの立ち上げ
・PCのスリープ
・電卓アプリの立ち上げ

中でも良かったのが、電卓アプリの立ち上げボタンとPCのスリープボタンです。
ちょっとした計算をする時はスマホより早く出来ますし、特にスリープは使う人にはかなり便利です。

飲み物を零しても安心の耐水設計

耐水設計にもなっているので飲み物をこぼしてしまっても、ある程度なら安心できます。

実際、飲み物をこぼししまうことは少ないと思いますが、お子さんがいる家庭や缶ジュースをデスク周りにおいて作業する人にはメリットが大きいです。

ロジクール「k270」のデメリット

ロジクール 「k270」のメリットのデメリットは以下の3つになります。

ホームポジションの確認がしにくい

ロジクール k270のデメリット ロジクール k270のデメリット[J]キーと[F]キーにホームポジションの確認用の出っ張りがどのキーボードにもあるのですが、ロジクール「k270」では出っ張りがちょっとなめらか過ぎて分かりにくいです。

キートップ自体はシリンドリカルになっていてミスタッチは軽減されますが、タイピングにホームポジション確認しながら打つ人にはなれるまで時間がかかるかもしれません。

キースイッチが重すぎて疲れる

キーストロークは、一般的なメンブレンと殆ど変わらずですが、押下圧が60gなので普段軽めのキーボードを利用している人はタイピングが重くなってしまうので長時間の利用では疲れがでる可能性が高いです。

私も1時間以上連続で使うと若干指に疲れがでたので、長時間の利用を前提として購入するのはおすすめできません。

ロジクール「k270」がおすすめの人

ロジクール 「k270」は、メカニカルキーボードの黒軸などの押下圧が重いキーボードが好きな人やかなり強めに底打ちする人などにおすすめです。

シリンドリカル構造と深いキーストロークもあるので、タイピングもしっかりと打てて打った感がしっかり残ります。

また、Unifyingレシーバーを対応しているのでマウスとキーボード両方を1つのUSBを端子で済ませられます。

逆にロジクール 「k270」は、文章を打つなど長時間タイピングする人にはあまりおすすすめできません…。

押下圧が60gと重めなのでどーしても長時間タイピングすると疲れが出やすくなってしまいます。

とはいえ、耐水性や電池持ちに加えて便利な8つのホットキーも付いて価格が2000円台なので特に拘りがなければメインはもちろんサブで使うキーボードとしても購入を検討する価値は十分にあるでしょう!

ロジクール「k270」レビューのまとめ

ロジクール 「k270」は、蓋を開けてみると、しっかりとした打鍵感はあり、電池持ちも良く、便利な8つのホッキーが付き、耐水設計、そしてUnifyingレシーバー対応で低価格、打鍵感の重さに目を潰れば高い次元でまとまっているキーボードだなと感じます。

Amazonのランキングで1位になっているのも頷けます(笑)

そのため、キーボードを買うのに何を買うのか迷っている人や、メインのキーボードの他にサブとして新しいキーオードの購入を考えている人にも間違いなくおすすめです。

キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!
キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!今回は、メカニカルでは珍しい薄型青軸メカニカルキーボード「HV KB395L JP」をがっつりレビューしていきます!...
エレコム「TK-FCP097BK」レビュー!!キートップ下に鉄板を内蔵した極薄コンパクトなパンタグラフキーボード
エレコム「TK-FCP097BK」レビュー!!キートップ下に鉄板を内蔵した極薄コンパクトなパンタグラフキーボードエレコムの薄型パンタグラフキーボード「TK-FCP097BK」の打鍵感や使い勝手をレビューしていきます。...
サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード
サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード今回は、その1,000円以下のキーボードでキーボードランキングの3位に入っているサンワサプライ「skb-l1ubk」を購入したのでレビューしたいと思います。...
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード今回はバッファロー「bskbu105bk」を「bskbu15bk」との比較を交えてレビューしていきます!...
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード格安で快適なタイピングができるキーボードを求めて、数々のキーボードを購入してきました。 購入したキーボードの中でもバッファロー「b...
バッファローの「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!
バッファロー「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!バッファローの「bskbu15bk」は、1,000円を切る価格に帯の商品でありながら高速タイピングも可能で、かなり快適に利用できます。...