キーボード

エレコム「tk-fdm088tbk」レビュー!!打ちごたえバッチリなキーボード

エレコム「tk-fdm088tbk」レビュー!!打ちごたえバッチリなキーボード

「HV KB395L JP」を購入後、自分にあったキーボードに出会えたことで打ちやすさがかなり変わってしまうのを知ってから他のキーボードも欲しくなってしまいました…。

正直メンブレンの「mk235」も良かったのですが、ちょっと気持ちよさが足りませんね。

私には、タイピング時のキーのクリック感も重要なポイントのようです…。

となると、青軸のメカニカルキーボード一択なのですが、高級なキーボードはしょっちゅう買えるわけではありません。

クリック感が有りつつ格安のキーボードという条件で調べると、ピッタリだったのが安くて打ちごたえのあるエレコム 2.4GHzワイヤレスプレミアムメンブレンキーボード「tk-fdm088tbk」

そんなわけで、新たに「tk-fdm088tbk」を購入したので打鍵感を含めてガッツリレビューしていきます!

エレコム「tk-fdm088tbk」の概要と特長

エレコム tk-fdm088tbkの概要と特長

エレコム「tk-fdm088tbk」は、ワイヤレスタイプのフルサイズキーボードで、メンブレンで有りながら高級機によせて作られたキーボードです。

そのため、メカニカルキーボードの特性をメンブレンキーボードで再現を目指した感があります。

具体的には、キートップにシリンドリカル構造やステップスカルプチャーを取り入れる事で比較的にタイピング時にしっかりとした安定感と打鍵感を再現しています。

また、ワイヤレス接続を実現しており、なんと単電池1本で2年半の利用できてしまいます。

キーボードでは単電池2本で2年の物は見かけますが、単電池1本で2年半とは中々の省電力性。

また、ご丁寧に電池残量表示ランプもついているので電池の交換時期も事前にわかるようになっています。

重要な時ほど以外と電池が切れたりするものですから作業中にいきなり電池がなくなるトラブルも防げますね!

ちなみに、専用ドライバなどインストールする必要がないので、接続すればすぐに使えます。

エレコム「tk-fdm088tbk」のスペック

エレコム tk-fdm088tbkのスペック
エレコム 2.4GHzワイヤレスプレミアムメンブレンキーボード「tk-fdm088tbk」
テンキー 有り
キースイッチ メンブレン
インターフェイス USBレシーバー
キー配列 日本語108キー
電波周波数 2.4GHz
電波到達距離 非磁性体(木の机)約10m
磁性体(鉄の机)約3m
キーストローク 4mm
キーピッチ 19mm
耐久性 約1.000万回
Winキーロック 有り
高さ・幅・奥行き 149mm×446mm×44mm
重量 555g(電池含まず)
角度調整 有り
対応OS Windows 10/8.1/8/7/XP

電池持ちが長いことを除くと一般的なメンブレンキーボードとほとんど変わらないスペックになっていますね。

コンセプト的に打鍵感に力を入れたことが伺えます。

エレコム「tk-fdm088tbk」の開封とデザインチェック

それでは、エレコム「tk-fdm088tbk」を開封していきます!

しっかりした「外箱」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン しっかりした「外箱」

外箱は薄いですがしっかりしていました、「メカニカルと同じキートップ設計で抜群の打ち心地」ときちんと記載してます。

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン しっかりした外箱2

こちらの写真は外箱の裏側です。

ステップスカルプチャー構造とシリンドリカル構造の説明と1.000万回高耐久についての記載ですね。

保証書が外箱の裏側についているので保障期間中は忘れずにとっておきましょう。

一つ言えるのは保証書が外箱になっているタイプは外箱を保存したり保証書部分を切り取って保存しなくちゃならないので本当に迷惑。

隙間なく詰められた「梱包」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン 隙間なく詰められた「梱包」

しっかり梱包されているので多少乱雑に扱われても問題なさそうです。

また、中にはキーボード本体とUSBとキーボードだけでなく電池も最初からセットで入っていました。

電池が入っているのは意外とありがたい!

オーソドックスな「本体」と「ワイヤレス接続機」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン オーソドックスな「本体」と「ワイヤレス接続機」

本体を外箱から取り出して電池をセットした状態です。

全体的に表は黒で統一されてます、本体上部の一部分と裏側はグレーだったのでこちらも黒で統一してある方が私的には好みでしたが…残念。

角度を下げても固定される「背面」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン 角度を下げても固定される「背面」

こちらの写真が裏側です。

特に目立ったポイントはありませんが、四隅にしっかりとゴムが備え付けられているので滑る心配はありません。

打鍵感がUPする「ステップスカルプチャー構造」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン 打鍵感がUPする「ステップスカルプチャー構造」

メカニカルキーボードの多くが採用するキートップ構造の1つ目、ステップスカルプチャー構造です。

横から見るとはっきりと確認でき、少し極端ですが真ん中にかけてくぼんでいるのがよくわかりますね。

実際にタイピングもしやすいです。

ミスタイプを抑制する「シリンドリカル構造」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン ミスタイプを抑制する「シリンドリカル構造」

メカニカルと同じキートップ構造の2つ目、シリンドリカル構造です。

キーキャップ上部のくぼみが、結構深めで指をおいた際に安定したフィット感があります。

そして、キーキャップの四隅の角が丸みを帯びていているのも特徴的です。

ステップスカルプチャー構造と合わせてミスタイプはかなり発生しにくくなります。

スペース十分の「テンキー」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン スペース十分の「テンキー」

テンキー部分をアップにした写真です。

19mmのキーピッチとシリンドリカル構造のおかげで、こちらも触った感触は打ちやすいです。

急な電池切れを防ぐ「電池残量ランプ」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン 急な電池切れを防ぐ「電池残量ランプ」

テンキー上部には電池残量表示ランプがついているので、電池マークの部分が点灯すると電池の交換時期です。

視覚的にわかりやすいので便利な機能。

メンブレンでは王道の「キーキャップ」

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン メンブレンでは王道の「キーキャップ」

キーキャップを外してみました。

見た感じキースイッチは標準的なメンブレンです。

エレコム tk-fdm088tbkのデザイン メンブレンでは王道のキーキャップ2

取り外したキーキャップを確認した時の写真です。

キーキャップの取り外しは比較的簡単だったので、掃除する場合は全て取り外してからエアーダスターを使用すれば楽にゴミを取れそうですね。

キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!
キーボードの外し方と分解方法をわかりやすく徹底解説!!今回は、キーボードの分解に必要なアイテム、そして分解から組み立て、そしてキーボードの種類ごとに注意する点なども踏まえて一連の流れを徹底解説します。...
キーボードの掃除方法を簡単編と本格編に分けて徹底解説!!
キーボードの掃除方法を簡単編と本格編に分けて徹底解説!!手間をかけてガッツリ掃除しなくてもなんとかなるケースも多いです。ということで、簡単編と本格編に分けてキーボードの掃除方法を徹底解説していきます。...

エレコム「tk-fdm088tbk」の打鍵感と打鍵音

まずは目玉の打鍵感!

深めのキーストロークなので打ち心地は良いです。

しっかりと打ち込んでいる感触が得られますし、ステップスカルプチャー構造とシリンドリカル構造のおかげでタイプ時の指の位置に迷うことがないですね。

そして、キーピッチが19mmとフィット感も良いのでテンポよくタイピングも続けられます。

本体は意外としっかりしているので、強めのタイピングでも打鍵の時にたわむことはありませんでした。

また、押下圧も重すぎず軽すぎずのため殆どの人が苦手意識なく使えるでしょう。

打鍵音は、普段からパンタグラフなどを使っていて音が控えめの方が好みの人にはおすすめ出来ません。

また、打鍵音に関してはワンクッション抑えてくれているような低音が強い感じはありますが、音量的には一般的なメンブレンと大きな差はありません。

キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!
キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...

エレコム「tk-fdm088tbk」のメリット

エレコム「tk-fdm088tbk」の大きなメリットは、以下の3点になります。

エレコムtk-fdm088tbkのメリット

①ミスタッチがでにくく適度な重さの打鍵感
②長い電池寿命
③コストパフォーマンス

ミスタッチがでにくく適度な重さの打鍵感

先にも書きましたが打鍵感はステップスカルプチャー構造とシリンドリカル構造そして19mmのキーピッチのおかげで非常に打ちやすいです。

キーストロークとキーピッチがフィットしているおかげ指位置が自然に把握でき、ミスタッチが起きにくくテンポよく打てます。

長い電池寿命

電池残量表示ランプもついているので、電池の交換時期も視覚的に事前にわかるようになっているのは良いですね。

キーボードの電池残量は意外と見落としがちになるので、視覚的に判断出来る機能はありがたいです。

電池の寿命も大体単電池2本で2年といった感じなのですが、単電池1本で2年半持ちますので、かなり持ちがいいです。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスが相当良いと思います!

日本語108キーに加えて、打ちごたえや打ちやすさそして長い電池寿命で約2.000円台で購入できるのを考えると標準的なキーボードを探している人にはおすすめです。

エレコム「tk-fdm088tbk」のデメリット

エレコム 「tk-fdm088tbk」のデメリットは以下の2点になります。

エレコムtk-fdm088tbkのデメリット

①無線接続の反応が悪い場合がある
②プレミアム感はない

無線接続の反応が悪い場合がある

USBを刺す場所によっては、距離の問題からかタイピングしても反応が悪い場合もあります。

電波到達距離が非磁性体(木の机)約10mと磁性体(鉄の机)約3mとなっているので、デスクトップ型パソコンの場合はなるべくUSBと近い距離で使用する必要があります。

個人的な予想ですが、もしかすると電池寿命が長いので接続の安定性より省電力にふっているせいかもしれません。

ちなみに、ノートパソコンでUSBレシーバーを指して近距離で利用してみたところ反応が悪いなどの症状はなく快適に利用することができました。

そのため、快適に使うにはスペック上の距離に惑わされず1m未満の距離で使った方が良いでしょう!

プレミアム感はない

商品名がエレコム 2.4GHzワイヤレスプレミアムメンブレンキーボード「tk-fdm088tbk」となっているので高級なキーボードを連想してしまいますよね。

しかし、質感的にもプレミアム感は特にありません…。

素材もアルミなどの金属筐体を採用していていないので、高価なメカニカルキーボードを使っている人には打鍵感や質感的もちょっと満足感にかけると思います。

つまり商品名と実際の質感に乖離があります。

わかった上で購入しましょう!

エレコム「tk-fdm088tbk」がおすすめの人

エレコム「tk-fdm088tbk」は、価格の割に打鍵感も良いので、長いキーストロークが好きでしっかりした打鍵感を求める人におすすめです。

特に、黒軸などのメカニカルキーボードが欲しいけど高くて替えない場合など、代替品になりえます。

逆に、パンタグラフなどの短いキーストロークや低いアクチュエーションポイントが好みの場合は特性が反対ですので購入は避けましょう。

とはいえ、長いキーストロークとしっかりとした打鍵感はミスタイプが多くて困っている人にはミスタイプの抑制にも繋がるのでおすすめです。

エレコム「tk-fdm088tbk」レビューのまとめ

打ちごたえと価格で探して購入したエレコム 2.4GHzワイヤレスプレミアムメンブレンキーボード「tk-fdm088tbk」は、非常にコストパフォーマンスが良いキーボードだと思います。

標準的な機能も抑えつつもステップスカルプチャー構造とシリンドリカル構造を採用しており、 キー配列も日本語108キーなのでタイピングするには何の問題もありません。

単電池1本で2年半と比較的電池寿命も長いので、標準的なキーボードを探している人には選択肢の一つに入れてもいいと思えるようなキーボードです。

キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!
キーボードの選び方と用途別おすすめ10選!!今回はキーボードを選ぶために必要な情報や選び方と用途別のおすすめキーボードまとめて紹介していきます。...
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!
Havitメカニカルキーボード「HV KB395L JP」レビュー!!薄型青軸は超絶使いやすい!メカニカルでは珍しい薄型青軸メカニカルキーボード「HV KB395L JP」をがっつりレビューしていきます!...
サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード
サンワサプライ「skb-l1ubk」レビュー!!レトロチックで軽いタイピングが可能なキーボード今回は、その1,000円以下のキーボードでキーボードランキングの3位に入っているサンワサプライ「skb-l1ubk」を購入したのでレビューしたいと思います。...
ロジクールの「k270」レビュー!!Unifyingレシーバ対応のスグレモノ!
ロジクール「K270」レビュー!!Unifyingレシーバ対応バランス型キーボード!!Amazonキーボード売れ筋ランキング1位のロジクール「k270」はどのような使用感なのかレビューしていきます。...
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード
エレコム「tk-ffcm01bk」レビュー!! スクエア型の存在感のあるキーボード格安で快適なタイピングができるキーボードを求めて、数々のキーボードを購入してきました。 購入したキーボードの中でもバッファロー「b...
ロジクール マウスキーボードセット「mk235」レビュー!!予想外の打ちやすさ!
ロジクール マウスキーボードセット「mk235」レビュー!!予想外の打ちやすさ!結論からいうと値段の割に、使い勝手がよく文章の入力には非常に適していることが、判明しました!...
バッファローの「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!
バッファロー「bskbu15bk」レビュー!!静かで使い勝手の良い格安キーボード!バッファローの「bskbu15bk」は、1,000円を切る価格に帯の商品でありながら高速タイピングも可能で、かなり快適に利用できます。...
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード
バッファロー「bskbu105bk」レビュー!!安いがガタガタ揺れるキーボード今回はバッファロー「bskbu105bk」を「bskbu15bk」との比較を交えてレビューしていきます!...