イヤホン

「EarFun Free」進化版レビュー!!AACとワイヤレス充電対応したコスパイヤホン!!

「EarFun Free」進化版レビュー!!AACとワイヤレス充電対応したコスパイヤホン!!

一度使い出すと手放せなくなる完全ワイヤレスイヤホン。

私は元々、コード付きワイヤレスイヤホン派でした。

しかし!マフラーを付ける時コードが邪魔なため使い始めたらコードレスの干渉のなさやケースがあることで持ち運びが便利になり、今ではガッツリ完全ワイヤレスイヤホンにハマっています。

とはいえ、私が普段使っているAnker「Soundcore Liberty Air 2」はうどんタイプのため、外出時にたまーにコートの襟に触れてしまい取れそうになることも…。

そのため今回はうどんタイプではない、完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free」のフィット感や音質を中心にレビューしていきます!

「EarFun」の最新モデルについては「EarFun Airレビュー!!」を御覧くださいませ。

「EarFun」とは?

「EarFun」とは?

そもそも「EarFun」というメーカーは、2018年設立したオーディオメーカーです。

まだ若い新興メーカーといえど製品開発には音響やデザイナー、音楽の専門家などを入れたチームで開発しており、「iFデザインアワード2020」や「CES 2020 イノベーション・アワード」を受賞するなど期待値の高いメーカーです。

「EarFun Free」進化版の概要と特長

「EarFun Free」進化版の概要と特長

今回レビューする「EarFun Free」は、タイトルにもある通り前モデルが存在する進化版で、ボタン操作の追加や左右どちらでもペアリング可能にするなどの進化を遂げています。

また、4,000円台の低価格モデルにも関わらずコーデックにAAC、防水はIPX7、インターフェイスにはUSB/typeC、更にはワイヤレス充電にも対応。

コストカットされそうで実用面に影響する部分をしっかり対応しているため同クラスではトップクラスにコスパが高いモデルです。

  • ワイヤレス充電対応
  • 驚異的なフィット感
  • SB/typeC対応

「EarFun Free」進化版のスペック

「EarFun Free」進化版のスペック
商品名 EarFun Free[進化版]
連続再生時間 6時間
ケース込再生時間 30時間
急速充電 10分の充電で2時間再生
Bluetooth Bluetooth 5.0(最大15m)
コーデック SBC:AAC
ドライバー 6mm/グラフェンドライバー
音取り込み 非対応
マルチペアリング 対応
マルチポイント接続 非対応
ノイズキャンセリング 非対応
インターフェイス USB/TypeC ワイヤレス充電
防水性能 IPX7
操作 物理ボタン
重量 53g[充電ケース込]
連携アプリ/イコライザ 非対応
ワイヤレス充電 対応
その他機能 音声アシスタントの起動/単体利用
販売先 Amazon

価格帯を考えるとワイヤレス充電に対応している点は競争力的に強力ですね。

コスパが高くて有名なAnker「Soundcore Life P2」でもワイヤレス充電には対応してないので一つ頭抜けているのがわかります。

「EarFun Free」進化版のデザインチェック

うどんタイプではない、完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free」のデザインをしっかりチェックしていきます!

配色センスが高く質感も十分な「外箱」

「EarFun Free」の配色センスが高く質感も十分な「外箱」

「外箱」は白を基調にフラット系のオレンジ配色で非常に見た目が良いです。

箱の殆どの部分はサラサラの質感ですが、商品画像部分はツルツルの質感になっているので写真では分かりにくいですが、光沢もあり見た目はバッチリ!

「EarFun Free」のしっかり梱包された「内箱」

「内箱」もプラスチックケースではなく、真っ黒なスポンジに本体とケースが収納されています。

価格の安さと高い機能性を考えると真っ先にコストカットされそうな部分なのに、魅せ方が完璧!

必要のモノは全部入っている「同梱物」

「EarFun Free」の必要のモノは全部入っている「同梱物」

同梱物は以下の通りです。

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • USB/typeCケーブル
  • イヤーピース×4
  • 取扱い説明書

説明書はP8から日本語の記載もあるので、初めて完全ワイヤレスイヤホンを使う人でも安心できます。

丸くサラサラした「本体」

「EarFun Free」の丸くサラサラした「本体」

イヤホン本体は、かなり球体型なので好みが分かれそうなデザイン。

特にうどんタイプのデザインが好きな人は合わない気がしますが、白くサラサラした本体はポップな感じなのでGoogleのPixelシリーズとは相性が良さそうです。

「EarFun Free」のしっかり充電部分がコーティングされた「本体裏側」

イヤホンの裏側には、充電部分があります。

金色で光沢が強いですが、見た感じかなりしっかりコーティングされてそうなので接触不良にはなりにくそうな感じはしますね。

こればかりは使ってみないとわかりませんが…。

質感は悪くないがちょっと精度の低い「充電ケース」

「充電ケース」もイヤホン「本体」と全く同じサラサラ系の質感。

統一感も高いものの加工精度は高くありません。

というのも、ケースを裏側をみると閉じた時の蓋の右側が少し浮いています。

販売価格を考えれば十分だと思いますが、ここまで期待感が高まって頂けにちょっと残念。

本体付属の他に替えが4つの「イヤーピース」

「EarFun Free」の本体付属の他に替えが4っつの「イヤーピース」

「EarFun Free」に付属される「イヤーピース」は種類も数も標準的。

イヤーピースの外側の長さは短く厚でとなっているので、私にはピッタリでした。

極普通の「充電ケーブル」

「EarFun Free」の極普通の「充電ケーブル」

USB/typeCとはいえ、質感は値段なり。

端子の持つ部分はラバー素材でゴム感が強いので滑りにくく、使いやすい反面ちょっと安っぽいです。

残量が分かりやすい「LEDランプ」

充電ケースの充電ランプは輝度も高く4分割で残量がわかるので、見やすくかなり便利。

Anker「Soundcore Life P2」だと残量がわからないので微妙に残量ランプを4分割表示してれるのは実用面でかなり優位です。

「EarFun Free」公式より5g重い「重量」

本体とケース合わせると公式情報より5グラム重い!

実用上なにも問題ないものの5グラムはどこから来たのか。(笑)

「EarFun Free」進化版の設定と使い方

「EarFun Free」進化版の設定と使い方

デザインのチェックが終わったところで設定と使い方をまとめます。

ペアリング方法

スマホとのペアリングは一般的なBluetooth機器となんら変わりないの簡単です。

「EarFun Free」は、「イコライザー」などのアプリもないのでiPhoneとAndroidでざっくりペアリング方法をまとめます。

iPhoneの場合

ケースからイヤホンを取り出し下記の手順で簡単にペアリング可能です。

  1. コントロールセンタ
  2. Bluetoothアイコンを長押し
  3. Bluetooth設定をタップ
  4. その他のデバイスで「EarFun Free」を確認
  5. 「EarFun Free」をタップ

Androidの場合

iPhoneと同様ケースからイヤホンを取り出し下記の手順で簡単にペアリング可能です。

  1. スマホの[設定]を開く
  2. [Bluetooth]を選択
  3. [新しいデバイスとペア設定]を選択
  4. [「EarFun Free」]を選択
  5. [ペア設定をする]を選択

操作方法

「EarFun Free」は進化版になることで、音量調整、通話切り替えなど地味に便利な機能が追加されています。

音楽再生と通話や電源関連とまとめてコマンドを整理ました。

音楽再生関連の操作一覧

音楽を 再生 / 一時停止 左右どちらか1回押す
次の曲へ 右 3回連続で押す
前の曲へ 左 3回連続で押す
音量を上げる 右側のボタンを2回押す
音量を下げる 左側のボタンを2回押す

進化版で地味に便利になったのが音量調整。

コード付きの場合は外出時に何か合ってもすぐ外して首に掛けるということができますが、完全ワイヤレスイヤホンではそうは行かないので、音量を下げることで対応できるのが理想。

とはいえ、2回コマンド入力が必要なのでやや不便さも残ります。

通話や電源関連の操作一覧

電話に出る 右側のボタンを1回押す
電話を切る 右側のボタンを1回押す
電話を切り替える 左右どちらか2回押す
着信を拒否する 右側のボタンを2秒長押し
音声アシスタント 左・右 2秒間長押し
イヤホンの電源を切る 左・右 5秒間長押し
イヤホンのリセット 左・右 8秒間長押し後充電ケース

もっとも利用頻度が高いのが「電話を出る」と「電話を切る」でしょう。

こちらは1回のコマンドで対応できるので覚えておくと便利です。

「EarFun Free」進化版の音質と使用感

「EarFun Free」進化版の音質と使用感

それでは「EarFun Free」進化版の音質や使用感を9のつの項目に分けてレビューしていきます。

「装着感」は完璧!文句なし!

「EarFun Free」進化版で最も良かったのが「装着感」!

人により差は多少出るとは思いますが、耳の上に持ってくるイヤホン本体の形状と少し短めで厚めのイヤーピースが見事にフィットします。

このぐらいフィット感があると走ったりしても落ちる心配がないのでランニングする人にも向いているでしょう。

また、うどんタイプではないので、コートの襟が触れることもなく触れてもおそらく問題ないぐらいしっかり耳にハマります。

「音質」は低音よりのフラット

「音質」は価格を考えれば十分なレベルを確保しています。

音の傾向としては若干低音寄りのフラットで、聞いていて疲れにくく長時間の利用に向いている印象。

ただし、高級なイヤホンと比べてえしまうとやや解像感が低く、高音の伸びが弱いのでクラシックなどとにはあまり向かないでしょう。

とはいえ、癖がないので万人向けの作りに感じます。

「接続速度」は耳に付けたらつながっているレベル

「EarFun Free」進化版の「接続速度」はかなり速い。

充電ケースを開ける、取り出して耳につけるといった段階でほぼ接続完了しています。

また、今の所接続ミスも起きていないので想像以上のクオリティー。

地味に使用感に大きく影響するのでGood。

「接続の安定性」電子レンジ使ってなければほぼ安定

ここ最近は人混みの多い場所や満員電車に乗らないので混雑時の安定性はまだわかりませんが、今の所途切れはないです。

あまりにも途切れないので電子レンジを使っている時にそばに寄ったらさすがに途切れが発生(笑)

しかし、電子レンジを止めれば不安定にな状況から再起動せずとも復活するので不満なし。

「通話音質」は文句なし

聞き取りもマイクも実用上問題なし!

聞き取りはドライバーの良さも有りかなり聞き取りやすく、十分使えるレベルなので電話がかかってきたらそのまま電話に出ることが可能です。

また、屋外での環境でも試したところ、風切り音が若干入るものの快適に利用できます。

台風などの強風時は試していないため、わかりませんが通常の環境であれば普通の環境であれば相手に迷惑がかかることもないでしょう!

「充電ケース」は少し大きめで大容量

「EarFun Free」進化版のケース込みの連続再生時間は、30時間なので実用面でかなり役立ちます。

その分、サイズは少し大きめですが、不便に感じるほどではないです。

とはいえ、形状的には縦型がポケットなどに収まりやすく使いやすいので時期モデルでは形状面で一工夫欲しいところです。

「防水性能」はスポーツでも心配なし

IPX7の防水性能を有しているので汗や雨天時に濡れてしまっても問題なし!

性能的には30分間の水没に耐えられるのでアウトドア好きにも最適な性能です。

また、フィット感が素晴らしいので「防水性能」と相まってランニングなどのスポーツ用途にピッタリでしょう!

「連続再生時間」6時間の連続再生で使えない時間帯がない

「EarFun Free」進化版はケース抜きの連続再生時間が6時間と完全ワイヤレスイヤホンの中では長めの部類。

音の大きさにもよりますが、真ん中より下ぐらいの音量なら実測で5時間ほど使えます。

さすがに5時間以上ぶっ続けで聞くことはないので十分すぎる性能です。

また、10分の充電で2時間再生の急速充電機能がついているので飛行機などの長時間利用でも役に立つのでとても4,000円台とは思えません。

「音ズレ」はiPhone問題ないし、Androidは少しズレる

残念ながらコーデックがSBCとAACのみ対応で、aptX非対応なのでAndroidでは若干遅延がおきます。

意識しなければ違和感なく利用できるレベルですが、リップシンクが気になる人や音ゲーをする人には向かない印象。

逆にiPhoneの場合、AACに最適化してくれているためか、遅延をほぼ感じることなく利用可能です。

「EarFun Free」進化版がおすすめの人

「EarFun Free」進化版がおすすめの人

「EarFun Free」進化版は、音質はそこそこですが、ワイヤレス充電やAACコーデック、USB/typeCなどハードウェアがしっかりしているので、コスパ重視でイヤホンを探しているiPhoneユーザーにおすすめです。

というのも、Androidの場合aptXに対応していないと遅延が気になる場合があるからです。

また、音質的には高級モデルには勝てませんので、音質を重視する場合や、AirPodsなどのうどんタイプのイヤホンが好きな方にはおすすめできません。

とはいえ、同価格帯ではトップレベルのハードウェアを搭載しているので初めて完全ワイヤレスイヤホンを買うなどの入門機としてもベスト商品の一つといえるでしょう!

「EarFun Free」進化版レビューまとめ

「EarFun Free」進化版は、価格帯に見合わないハードウェアの充実度とフィット感が素晴らしい!

特に一度フィット感があったものを使ってしまうと音質と同じぐらい重要な部分だと気づくことができました。

また、通話のマイクには問題あるものの、ワイヤレス充電もついているので、Anker「Soundcore Life P2」も上回る部分も有るので現状トップクラスのコスパイヤホンといえるでしょう!

「EarFun Air」レビュー!!5,000円前後で最高音質のイヤホン
「EarFun Air」レビュー!!5,000円前後で最高音質のイヤホン「EarFun Air」のハード面での進化や大きく改善された音質などを「EarFun Free」との比較を交えながらレビューしていきます。...
「EarFun Air Pro」レビュー!!最大38db低減可能なANCと6マイクのイヤホン
「EarFun Air Pro」レビュー!!最大38db低減可能なANCと6マイクのイヤホン「EarFun Air Pro」のANC性能や使い勝手などレビューしていきます。...
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!今回は4,000円台で完全ワイヤレスかつaptX対応のAnker「Soundcore Life P2」をレビューしていきます。...
Anker「Soundcore Liberty Air 2」レビュー!!フラットな音質と使い勝手の良いイヤホン!!
Anker「Soundcore Liberty Air 2」レビュー!!フラットな音質と使い勝手の良いイヤホン!!今回はAnker「Soundcore Liberty Air 2」の音質や使い勝手を中心にガッツリレビューしていきます。...
Anker「Soundcore Liberty Air 2」と「Soundcore Life P2」の違いを徹底比較!!
Anker「Soundcore Liberty Air 2」と「Soundcore Life P2」の違いを徹底比較!!今回は選択に悩む「Soundcore Liberty Air 2」と「Soundcore Life P2」のスペック面での違いや音質、接続の安定性などの実用面での比較をまとめていきます。...
Anker「Soundcore Liberty Neo」第2世代レビュー!!フィット感と低音に優れたイヤホン!!
Anker「Soundcore Liberty Neo」第2世代レビュー!!フィット感と低音に優れたイヤホン!!Anker「Soundcore Liberty Neo」第2世代のフィット感や価格の近いAnker「Soundcore Life P2」と比較しながらレビューしていきます。...
SoundPEATS「TrueFree 2」レビュー!!激安と音質を両立したイヤホン
SoundPEATS「TrueFree 2」レビュー!!激安と音質を両立したイヤホン激安で音質の評判が良いSoundPEATS「TrueFree 2」をレビューしていきます。...
Anker「SoundBuds Slim 改善版 」レビュー!!圧倒的防水性能で2,000円台の高コスパイヤホン
Anker「SoundBuds Slim」改善版 レビュー!!圧倒的防水性能で2,000円台の高コスパイヤホン今回はAnker「SoundBuds Slim」の改善版を改善前のモデルとなにが変わったのか、Anker「SoundBuds Slim+」とはどこが違うのかを交えてレビューしていきます。...