イヤホン

JPRiDE「TWS-520」第2世代レビュー!!高い質感と音のバランスに優れたイヤホン

JPRiDE「TWS-520」第2世代レビュー‼高い質感と音のバランスに優れたイヤホン

10,000円未満のイヤホンって低音重視のセッティングがされていることが多いです。

実際、私が持っている中で、フラット傾向の強いイヤホンはAnker「Soundcore Liberty Air 2」とSONYの「WI-C310」ぐらいであとは全部低音重視されたセッティングになっています。

もう少し「フラットよりのイヤホンも欲しいなー」と思っていた時に、目についたのがAmazonの売れ筋ランキングで常にTOP3に入っているJPRiDE「TWS-520」。

デザインもシンプルで[ハイブランドの音質を低価格で]ってキャッチが気になり早速購入しました。

ということで、今回は第2世代で安定感が期待できるJPRiDE「TWS-520」の音質や使用感についてレビューしていきます。

JPRiDEの最新モデルのレビューは[JPRiDE「TWS-X」レビュー!!]を御覧くださいませ!

また、JPRiDE製品がAmazonで10%オフになるクーポンコードも付いていたのでご利用くださいませ!

クーポンコード:jpride201912

JPRiDE TWS-520
JPRiDE(ジェイピーライド)

JPRiDE「TWS-520」の概要と特長

JPRiDE「TWS-520」の概要と特長

JPRiDE「TWS-520」は、[ハイブランドの音質を低価格で]のコンセプトを基に開発された完全ワイヤレスイヤホン。

コンセプト通りバランスに優れた音質とイヤホンや充電ケースの筐体も4,000円台とは思えないレベルのクオリティーに仕上がっています。

また、JPRiDEは、ジェイプライドと読んでしまいそうな日本メーカー風のブランド名ですが、正式には(ジェイピー・ライド)。

とはいえ、株式会社エムピートレーディングという日本法人が販売しているので、生産は中国といえど怪しい中華メーカーではありません。

JPRiDE「TWS-520」のスペック

JPRiDE「TWS-520」のスペック
商品名 JPRiDE「TWS-520」
連続再生時間 6.5時間
ケース込再生時間 最大20時間
急速充電 非対応
Bluetooth Bluetooth5.0
コーデック AAC/SBC
ドライバ フルレンジドライバ
左右同時伝送 非対応
音取り込み 非対応
マルチペアリング 対応
マルチポイント接続 非対応
ノイズキャンセリング 非対応
インターフェイス microUSB/TypeB
防水性能 IPX5
操作
タッチセンサー[マルチファンクションボタン]
本体サイズ 40×25×25mm
バッテリーケース 54×48×26
重量 本体4.8g/片側 ケース39g
連携アプリ/イコライザ 非対応
ワイヤレス充電 非対応
その他機能 特になし
販売先 Amazon

連続再生時間は6.5時間と比較的長め。

充電ケースは20時間とやや短めながら軽量かつコンパクトなので持ち運びにはバッチリ。

そしてやっぱり気になるのが、インターフェイスのmicroUSB。

同じ価格帯でもAnker「Soundcore Life P2」や「EarFun Free」は、USB/TypeCを採用しているので早めに改善して欲しい部分です。

JPRiDE TWS-520
JPRiDE(ジェイピーライド)

JPRiDE「TWS-520」のデザインチェック

まずは、JPRiDE「TWS-520」デザインからチェックしていきましょう!

同価格帯では圧倒的な「外箱」

「外箱」

箱のクオリティーは、圧倒的。

分厚く精巧で見た目も良いし、4,000円台の製品でここまで高いクオリティーの箱は、はじめてです。

「内箱」

箱を空けるとJPRiDEのコンセプトと本体がお目見え。

ケースがマグネット式になっているので、コンセプト通りの高級感で、取り出しも容易です。

割引クーポンの入った「同梱物」

「同梱物」

JPRiDE「TWS-520」の同梱物は、[イヤホン本体×1 充電ケース×1 TypeA-microUSBケーブル×1 イヤーピース×5 説明書・操作説明書・ユーザー登録各×1 割引クーポン×1 ブランドカタログ×1]となっています。

付属のQRコードからユーザー登録を行うことで、1年間の正規保証が受けることが可能。

少し手間ですが、万が一を考えるとユーザー登録はしておいた方が良いでしょう!

軽量で強固な筐体の「本体」

「本体」

イヤホン本体は、完全ワイヤレスイヤホンの中でもかなり軽量。

とはいえ、マットで固くしっかりしているため意外と安っぽさは感じません。

デザイン的にはシンプルなうどんタイプで、耳側がやや間延びした形状となっています。

 

「本体裏側」

耳側は、TaoTronics「TaoTronics「SoundLiberty 53 」と同じく、耳の形状に合わすように後方に伸びた形をしています。

うどんタイプは、フィット感が弱いケースが多かったのですが、この形状のイヤホンだとしっかりハマるのでかなり好み。

ロゴ無しの超シンプルな「充電ケース」

「充電ケース」

充電ケースは、写真の通り超シンプルでロゴもありません。

ぱっと見た感じ安っぽいですが、触ると剛性が強くしっかりした作りになっているので満足度は高め。

「開いた充電ケース」

充電ケースの内側は、縦に入れるタイプなので取り出しやすく、精巧に作られているためか、イヤホン本体がピッタリ入ります。

うどんタイプの場合特に縦型のケースと取り出しの相性が良いです。

縦型だと形状的にポケットなどに入れる時の取り回しもGood。

microUSBな「インターフェイス」

「インターフェイス」

充電インターフェイスは、本当に残念。

数年前からiPhoneを除くスマホはほぼUSB/TypeCになっていて、TypeCで統一している場合使い勝手を損なってしまいます。

5種類と豊富な「イヤーピース」

「イヤーピース」

イヤホン本体にデフォルトで付いているイヤーピースを含め全部で5種類。

全体的に厚みのあるしっかりした作りで高さは低めになっています。

輝度のバランスがよく視認性が高い「LEDランプ」

「本体のLEDランプ」

充電中は赤色に点灯し、ペアリング時などは白に点灯します。

点灯位置もタッチセンサーの上側で視認高いですが、Anker「Soundcore Life P2」に近いくらいの輝度で明るめに光るのでちょっと明るすぎな感じも…。

「ケースのLEDランプ」

イヤホン本体に比べると充電ケースは、やや輝度が低め。

ただどの角度でみても視認性は変わらないので、実用上は問題ありません。

コンパクトかつ超軽量の「重量」

イヤホン本体が9gで充電ケースが36gと超軽量。

公式重量より両方とも軽くなっているので、合計で45g。

充電ケース込みで20時間の再生時間のため、バッテリー比でみると軽くはないですが、コンパクトで軽量だとポケットに入れやすく使い勝手が良くなるので軽いは正義!

JPRiDE「TWS-520」の設定と使い方

JPRiDE「TWS-520」の設定と使い方

次は、JPRiDE「TWS-520」のペアリング方法と[マルチファンクションボタン]と言われるタッチセンサーを利用したジェスチャーの使い方を解説していきます。

ペアリング方法

JPRiDE「TWS-520」のペアリング方法

今回はiPhoneを使ったペアリングの実践。

イヤホンをケースから取り出したらペアリングモードになるので、本体の設定→Bluetoothと進みONにしましょう!

次に[その他のデバイス]からJPRiDE「TWS-520」を探しタップしたら完了です。

一度ペアリングしたら簡単に次からはペアリングの必要はありません。

Androidの場合も設定→Bluetoothから同様にペアリング可能です。

操作方法

続いてタッチセンサーの[マルチファンクションボタン]を利用したジェスチャー操作を紹介していきます。

反応は上々なので覚えておくと便利です。

音楽再生関連の操作一覧

音楽を再生 / 一時停止 左右どちらかを2回タッチ
次の曲へ 右イヤホンを2秒ロングタッチ
前の曲へ 左イヤホンを2秒ロングタッチ
音量を上げる 右イヤホンを1回タッチ
音量を下げる 左イヤホンを1回タッチ

音楽関連では音量の上げ下げが付いているので及第点。

対して次の曲や前の曲を戻すのが2秒のロングタッチなので、個人的にはちょっと微妙です。

優先順位は使う人によって異なりますが、音楽配信アプリのレコメンドを利用したミックスなどで聴いていると音量の上げ下げより曲を飛ばす事頻度のが高く、ロングタッチだと少し待たされるのでちょっと残念。

通話や電源関連の操作一覧

電話に出る 左右どちらかを2回タッチ
電話を切る 左右どちらかを2秒ロングタッチ
電話を切り替える 左右どちらかを1回タッチ
電話を切って切り替える 左右どちらかを2回タッチ
着信を拒否する 左右どちらかを2秒ロングタッチ
音声アシスタント
左右どちらかを2回タッチ[何もない状態]
イヤホンの電源を入れる 左右どちらかを3秒ロングタッチ
イヤホンの電源を切る 左右どちらかを5秒ロングタッチ
ペアリングモード 電源ON後3秒ロングタッチ

通常利用頻度の高い部分では、[電話を切る]ぐらいしかロングタッチがないので使い勝手は中々良い!

JPRiDE「TWS-520」の音質と使用感

JPRiDE「TWS-520」の音質と使用感

それでは、JPRiDE「TWS-520」の使った音質や装着感などの感想を9つの項目に分けてレビューしていきます。

ピッタリハマる「装着感」

TaoTronics「SoundLiberty 53」と同様、イヤホンの耳側の形状が後方にやや伸びた楕円になっているためか、トップクラスで耳にフィットします。

私の場合、デフォルトで付いていたイヤーピースだと少し小さかったため1つ大きめのイヤーピースに変更したらバッチリハマりました。

フィット感があると落ちにくくなるので、外で利用するときも落とす心配がなくなり音楽に楽しめます。

やや中低音よりのフラットな「音質」

JPRiDE「TWS-520」の音質は、やや中低音寄りのフラットタイプ。

5,000円未満の完全ワイヤレスイヤホンでは、ある程度バランスが取れたセッティングをされているのでどのジャンルの音楽でも極端に苦手はない印象。

また、どの楽器も過度に強調されることはないため、分疲れにくく長時間の利用するのに向いていると思います。

ただ、ボーカルに重要な中音域の上の方がやや伸びが悪いため、インパクトにかけるので、ロック系の派手さが求められる楽曲にはそれほど向いていません。

もう少し、中音域のもう少し伸び解像感があがるとSONY「WI-C310」や「Soundcore Liberty Air 2」にレベルに近づきそうですが、価格が5,000円未満であることを考えるとある程度満足出来るかなと。

現状トップクラスの「接続速度」

Bluetoothの接続速度は耳に付けてる間に繋がるレベルなどでかなり高速な部類。

そもそも、最近のイヤホンで極端に接続に時間がかかるイヤホンがないのでどうしても誤差になってしまいますが、文句なし!

実用的な「接続の安定性」

家はもちろん、屋外や電車など基本途切れることはありません。

人が密集するような満員電車などの過酷な環境で試したい所ではありますが、今のご時世なかなか難しいので断念。

とはいえ、通常利用では途切れず利用することができます。

仕事でも使える「通話音質」

JPRiDE「TWS-520」のマイク性能はそれなりに使えます。

声が拾えてないなど、音量が足りないってことはありません。

外で利用しても喋り始めると風の音を若干カットしてくれるので、十分仕事でも利用できるレベルで仕上げがっていますね。

コンパクトで軽量な「充電ケース」

充電ケースを含んだ連続再生時間は、20時間とちょっと物足りなさはありますが、縦入れ型でAnker「Soundcore Liberty Air 2」並にコンパクト。

小さく形状的にも横タイプのものより厚みがないので、ポケットに入れるのに適しています。

また、縦型の最大の利点はイヤホンの取り出しやすさ。

横に入れるタイプ比べると指で持つ部分のスペースがあるのでユーザビリティーに優れ使いやすいです。

噴流には耐えられるIPX5の「防水性能」

最近の完全ワイヤレスイヤホンは殆どIPX5以上の防水に対応しているので標準的なレベル。

水没などには耐えられませんが、汗や雨程度の水には耐えられるので実用上は問題ないといえるでしょう!

ただし水没はNGなので過信は禁物!

6.5時間以上再生できる「連続再生時間」

JPRiDE「TWS-520」は、公式では6.5時間以上となっていますが、音量によっては8時間以上利用できます。

私は比較的長時間利用することが多いため、音量は10~30%で聴くことが多いのですが、6.5時間過ぎた段階でも残量が20%以上残っていたのでかなりのロングバッテリー。

このぐらいバッテリー容量があるとバッテリーが劣化しても十分使えるので、長く使えるでしょう!

意識しなければ気にならない「音ズレ」

YouTubeで動画を見る程度ならiPhoneでもAndroidでも「音ズレ」は気にならないですね。

リップシンクを意識してみてると若干ズレは感じますが、AACにしては上出来。

ただ、遅延に関してはaptXに対応しているイヤホンに比べるとどうしても落ちます。

Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!
Bluetoothのコーデックの音質と確認方法を徹底解説!!今回は、スマホとワイヤレスイヤホンを選ぶときに超重要なコーデックの特徴や互換性について徹底的に解説していきます。...

JPRiDE「TWS-520」がおすすめの人

JPRiDE「TWS-520」がおすすめの人

JPRiDE「TWS-520」は、5,000円未満のイヤホンでフラット寄りの音質やフィット感を重視する人におすすめです。

剛性が高くクオリティーも価格以上の出来になっているので、満足度は高いでしょう。

逆に、低音重視や中音から高音が強い、インパクトが有る派手な音質が好きな人は避けた無難です。

とはいえ、イコライザを使えばある程度解決できるので、充電ケースも小型でポケットに入れて使う人にも最適でしょう!

Amazonで使えるJPRiDE10%OFFクーポン

下記のクーポンをAmazonで購入時利用すると10%OFF!!利用する場合はお早めに!!

クーポンコード:jpride201912

JPRiDE TWS-520
JPRiDE(ジェイピーライド)

JPRiDE「TWS-520」レビューのまとめ

JPRiDE「TWS-520」は、小型軽量かつ剛性感の強い筐体に、バランスの良い音質と完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンです。

5,000円未満でゴリゴリの低音重視の音質を避けたい場合、候補の中では筆頭のイヤホンになること間違いなし!

JPRiDE「TWS-X」レビュー!!
JPRiDE「TWS-X」レビュー!!長時間再生とaptXに対応し着実に進化したイヤホン全モデルの「TWS-520」では、大げさに感じられたJPRiDEのキャッチコピー「ハイブランドの音質とクオリティを低価格で。」が、新モデルの「TWS-X」ではどの程度実現できているのかしっかりレビューしていきます。...
Anker「Soundcore Liberty Air 2」レビュー!!フラットな音質と使い勝手の良いイヤホン!!
Anker「Soundcore Liberty Air 2」レビュー!!フラットな音質と使い勝手の良いイヤホン!!今回はAnker「Soundcore Liberty Air 2」の音質や使い勝手を中心にガッツリレビューしていきます。...
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!
Anker「Soundcore Life P2」レビュー!!TWSかつaptX対応で圧倒的コスパなイヤホン!!今回は4,000円台で完全ワイヤレスかつaptX対応のAnker「Soundcore Life P2」をレビューしていきます。...
TaoTronics「SoundLiberty 53」改善版レビュー!!左右同時伝送のMCSyncに対応したイヤホン
TaoTronics「SoundLiberty 53」改善版レビュー!!左右同時伝送のMCSyncに対応したイヤホン今回は左右同時伝送のMCSyncに対応した第3世代TaoTronics「SoundLiberty 53」に音質や使用感についてレビューしていきます。...
「EarFun Free」進化版レビュー!!AACとワイヤレス充電対応したコスパイヤホン!!
「EarFun Free」進化版レビュー!!AACとワイヤレス充電対応したコスパイヤホン!!一度使い出すと手放せなくなる完全ワイヤレスイヤホン。 私は元々、コード付きワイヤレスイヤホン派でした。 しかし!マフラーを付...
「EarFun Air」レビュー!!5,000円前後で最高音質のイヤホン
「EarFun Air」レビュー!!5,000円前後で最高音質のイヤホン「EarFun Air」のハード面での進化や大きく改善された音質などを「EarFun Free」との比較を交えながらレビューしていきます。...